子育てのイライラを手放すために

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てのイライラを手放すために

世の子育てママたちは

 

決して子供を怒りたいわけではないのに、気がつくと怒ってばかりだ・・・

 

という人が多くないですか?わたしもそのひとりです(笑)
そして、怒りすぎてしまった自分に自己嫌悪になってしまうのです。

 

そんな時、怒りがどういう仕組みで発生するのかが理解出来れば、怒らない優しいママになれますよ!

 

怒りというのは、自分が困っているということを知らせている感情のひとつだと言われています。

 

まず、自分が怒っている事に気がついた時は「自分は困っているんだ」ということに気が付きましょう。怒りを我慢し続けていると、抑えた怒りが膨らんでコントロール出来なくなって、結局は子供を攻撃してしまうことになります。

 

日常的に怒りを我慢しているママほどキレやすいものなのです。

 

 

子供に怒りを感じて、「わたしは困っているんだ・・・!」という事に気が付いたら、まずどうすればよいか冷静に考えましょう。

 

子供に怒りを感じた時というのは、

子供が自分の思うように動かない、わざと子供に困らせられてる、自分の予定が狂って困ってしまった

ような時です。

 

例えば、急がないといけない時に限って「自分でやる~!」と言って、子供がジュースをこぼした時に激怒したことはありませんか?ただでさえ急いでいる時に、ジュースを片付けないといけないだなんて、想像しただけで怒りを覚えたママも多いかもしれませんね(笑)

 

ママは普段はこぼれても気にしなくても、急いでいる時だからこそ、そういう失敗はしてほしくなかったんですよね~!「できないくせにやろうとするからこんなことになるでしょう!!」と怒鳴りつけたくなる気持ちとてもわかります。

 

一度イラっとしたら、なかなか心に余裕は持てないものですが、まずは「わたしは困っているんだ!」ということを自覚して、お子さんの気持ちに目を向けてみましょう。

 

お母さんが忙しそうだから、自分で出来ることは自分でやろうと思ったのかもしれませんよ?

 

そう考えると、子供はママを怒らせようとしてやったわけではないということが理解出来ると思います。

 

 

それに、子供も幼いながらも、ママから頼られたいとか、役に立ちたいとか、自分で出来るようになりたいと思っているものです。

 

もし、失敗してこぼしてしまったとしても、ブツブツ文句を言いながらママがひとりで片付けるのではなく、子供にも片付けを頼みましょう。子供だって一生懸命片付けを手伝ってくれると思います。

 

まずは、子供にイライラしたときは、自分は困っているんだということを自覚し、いちど深呼吸して気持ちを落ち着けてから、子供の気持ちに心を向ける努力をしてみましょう。

 

もし、冷静になれなくて激怒してしまったときは、落ち着いてからでも「さっきは怒りすぎてごめんね・・・」ときちんと子供に謝ることが大事です。謝ると、子供はちゃんと自分はママに愛されているんだという自己肯定感や安心感で満たされますし、ママもきちんと謝ることで出来なかった自分を振り返ることが出来ます。

 

子育て中はとにかくイライラの連続です。自分のイラッとしてしまう気持ちを冷静に観察し、心を落ち着けて相手の気持ちにも目を向けることで可能をコントロールして少しずつ親子関係を変えていくことが出来ますよ♪

 

 


このエントリーをはてなブックマークに追加