子育てを楽しいと感じる方法は?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てを楽しいと感じる方法は?

せっかくの子育てを楽しく過ごさなければもったいないという気持ちの反面、どうやって楽しんだらいいか分からないという方は多いのではないでしょうか。日々の子育てに追われていると、どうしてもなかなか子育てに楽しさを見いだせずにいたりしますよね。でも子どもの成長は終わってみればあっという間ですし、二度と戻ってくるものではありません。そんな貴重な時間なので、出来れば楽しいと思いながら過ごしたいところです。それでは、子育てを楽しいと思うためにはどうしたらいいのか、一緒にみていきましょう。

 

子育ては楽しいばかりではない

子どもが産まれるまでは、子育てが楽しいと感じながら、充実した日々を送るんだろうなという希望を抱いて、我が子に会える出産の時を待つお母さんはとても多いのではないでしょうか。私もその一人でした。でも実際に子育てが始まると、慢性的な寝不足や慣れない子育てのストレス、自分の時間が取れないなど楽しいことばかりではありません。でも、子育てが辛いと思いながら生活するのはもったいないです。子どもはあっという間に大きくなりますし、今しかない子育ての時間だからこそ、楽しくする方法を見つけてみましょう。

 

子育てを楽しくする方法

(1)一緒に楽しむ
子育てを楽しくする方法としておすすめなのが、子どもと一緒に楽しむことです。子育てだけに言えることではありませんが、なにか物事に取り組む時、イヤイヤやっても時間の流れは遅いですし、楽しくありません。でも、気が進まないことでも楽しむよう心がければ、時間はあっという間に過ぎます。

 

我が家は長女が幼稚園に入園するまで、3人の娘たちを自宅保育していましたが、ほぼ毎日お弁当を作って外に出かけていました。ある時には電車に乗ったり、ある時には自宅の駐車場で簡易テントを張ってキャンプごっこをしたり、最終的には長女たちが簡単なお弁当を作ってお弁当箱に詰めるところまで出来るようになりました。

 

今では子どもたちと一緒につきっきりになって遊ぶことはほとんどなくなりました。でも、ダンスを一緒に踊ったり、卓球をしたり、一緒に楽しめる時間を共有するとなんだか子どもとの距離が近く感じますし、楽しいですよ。ご飯を一緒に作ったり、工作をしたり、一緒に楽しめることを探してみましょう。

 

(2)気持ちを楽に完璧は求めない
子育てに完璧を求めると楽しくありません。子育てを完璧にしなければと思うと、もっとちゃんと子育てをしなければと追い詰められてしまいます。親も人間です。レトルトカレーのご飯の日があってもいいですし、おやつを手作りじゃなくて市販のスナック菓子の日があってもいいんじゃないでしょうか。一緒に昼寝してしまっても、掃除が出来ない日があっても、そんな日があってもいいんです。「たまにはいいか」とか「今日は特別」「何とかなるか」といったゆるい気持ちで子どもと関わると、気持ちに余裕が出来て楽しく過ごすための土台ができますよ!

 

(3)密着してハグ
子育てに限ったことではありませんが、不思議と人のぬくもりを感じると安心します。子どもをギュッと抱きしめてスキンシップを取ると、親子でリラックスすることが出来ますし、特別なことをしなくても、それだけで幸せな気分になれますよ。

 

 

(4)自分の時間にメリハリをもつ
子育て中に自分の時間を持つことが出来ないと嘆く方は、非常に多いのではないでしょうか。でも周りの人のサポートを受けながら、無理にでも自分の時間を作って、メリハリのある生活を送ると子育てを楽しめますよ。ご主人や両親・義両親、ファミリーサポート、一時保育、ベビーシッターなど協力を依頼できる人がいれば頼って、自分の時間を作ってみてください。また、子どもが起きている時間は子どもと関わって、子どもが寝ている間は自分を労わる時間としっかりメリハリをつければ、気持ちをリセット出来て子どもと楽しく関わることが出来るようになりますよ。

 

(5)外に出てみる
もちろんインドア派の人も沢山いると思いますが、家の中で過ごしてばかりではなく、ちょっと外に出てみると、気持ちが明るくなりますよ。私自身はもともとインドア派なのですが、子育てをするようになって気分転換に外に出ることがすごく多くなり、人の目があると子どもに対して優しく出来そうという理由からほぼ毎日外へ行くようになりました。子育ての悩みを打ち明けることが出来る子育て支援センターとも出会えましたし、サークルに参加するきっかけにもなりました。

 

 

人と関わるのはちょっと苦手な私でも、外に出て子育ての話が出来る人と出会えたことで、子育てをちょっと楽しいなと思わせてくれましたよ。もちろんSNSを通じて人とつながるという方法も、子育てを楽しくしてくれるきっかけになるかと思います。ただ、個人情報の流出などトラブルも多いので、子どもの安全を守ることを最優先に利用するようにしましょうね。

 

子育てを楽しむにはまず心のゆとりを

子育てを楽しむためには、自分の心にゆとりがなければなりません。いくら子どものためとはいえ、親である前に人間ですし、自分自身の心が安定していないと「楽しいな」という気持ちになれませんよね。だから、周りの協力を得ながら少しでも自分の時間を作ったりして、心のゆとりを持つことをおすすめします。「子どものために」と自分を犠牲にするような心構えばかりではなく、自分の時間を持てる時には、今は自分の時間を大事にしようという時間もぜひ持ってみてくださいね。

 

まとめ

「子育てを楽しもう」と言葉で言うのは簡単なことですが、実際はそんな楽しむ余裕なんてないという方も多いかと思います。でも、子育ては自分の時間を犠牲にしていると思ってしまうのはもったいないです。せっかく自分の時間を子育てに費やすのであれば、お互いに有意義な時間を過ごさなければ損ですよ。そのためにも、まずは自分の心にゆとりをもつことから始めてみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加