子育てを無理と感じたら…

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てを無理と感じたら…

子どもはすごく可愛いし、子育てが楽しいという気持ちの反面、いつもニコニコしていたいけれどどうしても気持ちが不安定になって、子育てが無理という気持ちになってしまうという方は多いのではないでしょうか。それくらい、子育てに孤独を感じたり、子育ての悩みを抱えている人はたくさんいるということです。この記事では、子育てを無理と感じたらどうしたらいいかについてお話します。少しでも気持ちが和らぐよう、参考にしてみてくださいね!

 

子育てを無理しすぎるとどうなる?

子育てをしながら辛いと感じることがあっても、それはいけないことだと思い無理しすぎてしまうと、心の病気を発症してしまう可能性があります。子どもを可愛いと思う気持ちの反面で、子育てが辛いと感じる気持ちを押し込めて頑張りすぎて無理をすると、子どもと関わるのが怖いと感じたり、気が付くと涙が流れてしまったりと、心が不安定になってしまいますよ。そんなことにならないためにも、子育てが辛いと感じたら無理をしないようにしなければなりません。

 

子育てを無理と感じたら

子育てを無理と感じたら、周りにSOSを出しましょう。普段のニュースでも聞かない日がないくらい、頻繁に報道される子どもの虐待の原因の一つは、子育てを無理と感じながら頑張り続けることにあります。子育ては、一人で頑張らなければならないことではありません。
むしろ、閉鎖的な自宅という空間で、子どもとお母さんだけでこもりっきりで全ての子育てをしなければと追い込まれることの方が、よっぽど問題です。ご主人でも良いですし、周りのお友達や、両親・兄弟、誰でも良いので自分の気持ちを吐き出して聞いてもらいましょう。

 

だれも話が出来る人がいないという時には、子育て支援センターもお勧めですよ。話を聞いて受け止めてくれるだけでなく、適切なアドバイスをもらえます。心療内科に通って話を聞いてもらうというのも一つの方法ですが、自分自身でその必要性に気が付かなければ、なかなか心療内科に通うという気持ちにはなれないかもしれませんね。子育てを無理と感じることは、誰でも起こりうることなので、決していけないことではありませんよ。とにかく、自分の大変だという気持ちを誰かに伝えて助けてもらいましょう。

 

子育てを無理と感じる前に

(1)外に出かける
家の外に出かけると、人と関わる機会も増えます。特に子育て支援センター等、子育てをしている親子が集う場へ足を運ぶと、色んな子育て情報を得られますし、人と話をすることが出来ます。

 

人と関わるのが苦手という人でも、やっぱり家にこもりっきりで子育てをするのは辛いですよ。外の空気を吸うだけで気持ちも晴れてきますし、ぜひ外に出かけてみてくださいね。いざ子育てが無理と追い詰められた時、頼る人を見つけておくのはとても大事なことです。

 

(2)自己犠牲の精神は捨てる
子育ては自己犠牲の精神で行うと辛いです。自分に余裕がなくなり、子育てが辛いと感じながら無理をしてしまいがちです。もちろん、子どものことを第一に考えるのは当たり前のことかもしれません。でも、自分の時間がある時には、自分のことを考えて自分のための時間を過ごすというのは、自分自身の心の安定と心の余裕につながるのでとっても大事なことですよ。

 

(3)完璧は求めない
子育てに完璧を求めると、キリがありませんし、どんどん追い込まれてしまいがちです。「ま、いっか」という気持ちで、子どもとゆったりした時間を過ごすことが出来るといいですね。子どもに対して適当に接するのはよくありませんが、適度に手を抜いて子どもと楽しく過ごすというのが大事なのではないでしょうか。そのために、家事が行き届いていないとか、子どもにあれをしてあげなければ、これをしてあげなければといった強迫観念に駆られた子育ては必要ありません。

 

まとめ

だれもが、子育てを楽しみたいという気持ちを持ちながら子どもと関わっていますが、それでも、子育ては自分の思い通りにならないことだらけで疲れることも沢山あります。「みんな頑張っているんだから自分も上手にやらなければ」という意気込みで毎日頑張りすぎると、心のバランスが壊れてしまって疲れてしまいますよ。ただ無理をしない子育てを心掛けたいところですが、なかなかそうもいきませんよね。
それでも子育てなんてもう無理だなと思ったら、ぜひちゃんと周りにSOSを出せるようにしておきましょう!あなたを助けてくれる人はきっといます。大丈夫ですよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加