子育て中の怒りは、アンガーマネジメントでコントロール!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中の怒りは、アンガーマネジメントでコントロール!

子育て中、子どもに対してカッとなって怒鳴りつけてしまうことに悩まれる方は多いのではないでしょうか。私もそうなのでお気持ちはよく分ります。そんなお悩みは、アンガーマネジメントで解決してみませんか?アンガーマネジメントを知っていると知っていないとでは、大違いですよ!この記事ではアンガーマネジメントについてお話するので、お子さんと良好な関係を築くためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

子育て中は「怒り」の感情が湧きやすい

子育てを楽しく笑顔で過ごしたいと思っている方はとても多いかと思いますが、なかなかそうはいかないことの方が多いのではないでしょうか。つい子どもの言動にカッとなって怒鳴りつけてしまい、後から後悔や罪悪感でいっぱいになり悲しくなってしまったりしますよね。私もまさにそうです。

 

では、どうしてこんなに「怒り」の感情が湧くのでしょうか?もちろん、色んな複雑な原因はあるかと思いますが、原因の一つに自分の理想としている子育てと現実の子育てにギャップが生じたということが挙げられます。早く寝て欲しいのに寝てくれない、今片付けて綺麗になったのにすぐに汚されてしまったなど、自分としてはこうあって欲しいのに、なかなかそうはならない現実が少しずつストレスになり、そのフラストレーションが爆発して「怒り」につながるわけです。

 

怒ること自体は悪いことではない

「怒り」という感情自体は、自分自身を守るための重要な感情なので、「怒る」ということ自体は決して悪いことではありません。でもその怒りを所かまわず子どもにぶつけてしまうというのは、子どもの成長にも良くありませんし、親子の関係も悪くなってしまいます。お母さん自身も罪悪感~自己肯定感が低くなり、余計に精神的に不安定となり怒りを子どもにぶつけてしまったりして悪循環になりやすくなりますよね。だから、怒りを本当に必要な時にぶつけられるよう、コントロールするするスキルが非常に重要となってきます。

 

「アンガーマネジメント」で怒りをコントロール

怒りをコントロールするために、注目を集めている手法が「アンガーマネージメント」という、怒りを予防してコントロールするための心理療法的プログラムです。アンガーマネジメントは子育てに限らず、企業でも円滑な人間関係を築きくために取り入れているところが多くあるんですよ!アンガーマネージメントを身に着けることで、怒りがコントロールされて、カッとなって子どもを怒鳴りつけたり、八つ当たりしたり、威圧的な態度を取ったりすることが少なくなります。

 

アンガーコントロールはどうやるの?

 

(1)イライラしたら6秒から10秒待つ
怒りは衝動的で、怒りのピークは6秒だと一般的に言われています。私も子育て講演会に参加した際に同じことを言われて、6秒間深呼吸をしなさいと言われました。でも私はなんだかそんなに早くピークが過ぎない気がするので、10秒数えながら深呼吸をしていますよ。イラっときたら深呼吸をするでもいいですし、隣の部屋やトイレに駆け込んで6秒~10秒数えてもいいですね。この6秒~10秒待てると、カッとなって怒鳴りつけたりすることは減りました。逆に自分を落ち着けて、子どもに「どうしたの?」と声をかけられるようになりましたよ。

 

(2)子育てで自分の中の「こうするべき」を出来るだけ作らない
子育てをしているうちに、自分の中で「こうするべき」という考えって定着していませんか?自分の中の「こうするべき」は子育ての中では通用しないことの方が多いんです。「こうするべき」とガチガチに決めてしまうと、そうならなかった時の落胆ぶりは大きいですし、イライラが止まらなくなりますよ!子育てでは「こうするべき」ではなく「こうだったらいいけどな」くらいの気持ちで臨みましょう。子育てで100%は自分も子どもも大変なので、求めない方がいいですよ。

 

(3)何に怒っているのか分析する
子育てでイライラしたら、何に怒っているのか自分自身を分析するために、日記に怒った時間や内容について書き留めておくと、自分の怒りの傾向を知ることが出来ますよ!客観的に自分を見つめ直すことで、どんなタイミングに注意すればいいのか、分析することが出来ちゃいます。

 

(4)自分の力でどうにもならないことは諦める
子育ての際、自分の力でどうにもならないことってありますよね?そういったことも、イライラしがちな要因ではありますが、怒るってすごく体力を使うことですし、割り切りましょう。自分でどうにもならないことに対して怒りを向けるのはやめた方が気持ちも楽です!子どももお母さんが何かに対してイライラしていると、その雰囲気を感じ取って、「ママが怒っている」とピリピリした感じになってしまいますし、顔色をうかがったり不安な気持ちになってしまいますよ。自分の力でどうにもならないことはスパッと諦める練習をしましょう。

 

アンガーマネジメントの本や講座もある!

もっと本格的にアンガーマネジメントについて学びたい、子育てに活かしたいという方は、アンガーマネジメントの本が沢山出版されています。企業向けのものもあれば、子育てママさん向けのものも多くあるので、チェックしてみてくださいね!またアンガーマネジメントの講座も開かれていますが、お金がかかったりするので、まずは自治体の無料もしくは安い値段で参加できる講演会はないか探してみるのがおすすめですよ!

 

まとめ

「怒り」は人間にとって重要な感情なので、決してわるいことではありませんし、仕方のないことです。それでも子どもには優しく安心できる存在でありたいと思うのは親として当然のことですよね?怒りを上手にコントロールして、怒りを分散できるようぜひ、アンガーマネジメントを日々の生活の中に取り入れてみてください。また、同時にストレスをこまめに発散させるということも大事です。自分の時間を持ちながら、バランスを取っていきましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加