育児不安、どう乗り切ればいいの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

育児不安、どう乗り切ればいいの?

初めての育児で不安な気持ちをいだく方は多いのではないでしょうか。でもその不安を無視してしまうと、子どもだけでなくお母さん自身を傷つけかねません。この記事では、育児不安をどう乗り切るかについてお話します。育児不安を抱えている方はぜひ参考にしてみてくださいね!

 

育児不安を抱える人はとても多い!

(1)育児と仕事の両立
女性の社会参加が進み、夫婦共働きが主流となりつつある現代ですが、それでも女性が子育ても家事も主体となって行うことがまだまだ多いです。子どもを産むことだけでなく、子どもに対して漠然とした不安を感じる女性はとても多いのは確かですね。「仕事をどうしたらいいのか」「子どもを育てながら両立出来るのか」「夫は助けてくれるのか」といった、様々な不安の中で育児をしなければならないのが現状です。

 

(2)育児で孤立化しやすい
嫁姑の関係といえば、テレビドラマでもあるようにうまくいかず面倒な関係と思われがちですが、悪いことばかりではありません。というのも、一昔前は義両親と同居という三世代家族が主流でした。家族みんなで育児をしていたんです。でも今は核家族化が進み、日中子どもとお母さんが2人きりで過ごす家庭がとても多いです。

 

近所付き合いの希薄さも指摘される中、住まいが実家や義実家から遠いと、育児で相談をしたくても出来る人が周りにいなかったり、家にこもりきりになってしまいます。育児で孤立化してしまうと、気持ちが滅入ってしまい、自分自身を「ダメな母親だ」と卑下したり、育児のストレスから子どもに八つ当たりしやすい環境になってしまいます。

 

(3)初めての育児に自信が持てない・楽しいと思えない
特に育児が初めての場合は、全てが未知の世界です。ずっと気持ちが張っていますし、何が正解なのか分からず赤ちゃんが泣くと自信を無くしてしまうというお母さんも多いのではないでしょうか。私もまさにそんな不安な時がありました。二人目の育児で初めて子育てって楽しいんだなと思えましたよ。

 

育児不安が改善されないとどうなる?

育児不安が改善されないと、精神的に不安定な状況が悪化してしまい、子どもにも危害を及ぼしてしまうかもしれません。

 

(1)心の病気を発症するかもしれない
育児不安が続くと、心の病気を発症してしまうかもしれません。自分はダメな母親だという気持ちや、自分ばかりが育児を頑張っている、子どもの泣き声が怖い・イライラするというネガティブな気持ちばかりが大きくなってしまいます。そうなってくると、うつ病などの心の病気を発症してしまう可能性が高くなりますよ。

 

(2)子どもに危害を及ぼすかもしれない
育児不安を抱え、どんどんストレスが溜まっていくと、子どもを怒鳴りつけたり、叩いたり、子どもに危害を与えかねません。一度手を上げてしまうと、自分では止められなくなってしまう場合もあり、慢性的な虐待につながってしまうかもしれません。

 

育児不安を解消するには?

(1)夫の協力
核家族化が進む中、育児は夫婦協働が基本となります。なかなか旦那さんに育児が不安ということを言いにくいという方もいるかもしれません。でもこれを手伝ってほしいとか、こうして欲しい、助けてほしいということをいつでも伝えられる関係でいるというのは大事なことです。

 

(2)周りに相談
実家や義実家の他に、周りに育児の相談ができるお友達がいる場合は、ぜひ周りに相談をしましょう。周りに育児の相談ができる人がいのといないのでは大きな違いがあります。周りに相談を出来る人がいない場合は、子育て支援センターを利用するのも一つの方法です。私も引っ越し先で知り合いが周りにおらず、孤独を感じていた時、子育て支援センターに助けられました。スタッフの人に話を聞いてもらったり、ママ友が出来てありがたかったですよ。

 

(3)サービスの利用
育児において、ストレスを溜め続けることは、育児不安の原因となります。適度にストレスを発散させるために、自分の時間を作るということはとても大事なことです。ご主人や実家、義実家が近くにあって、子どもをみてもらえれば助かりますが、そういった手助けが期待できない場合は、サービスを利用することも検討しましょう。ファミリーサポートセンターや、ベビーシッター、一時保育を利用してリフレッシュする時間を作るというのもとても重要なことですね。

 

まとめ

育児に対しての不安は、誰しもが持っています。でも「ただの不安」と思って、自分の中で抑え込んでしまうと、自分だけでなく子どもにとっても良くない自体になってしまいかねません。周りに助けを求めながら、育児の不安を少しずつ解消できるような環境を意識して整えていきましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加