子育てのイライラに限界寸前!何かいい解消法を教えて!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てのイライラに限界寸前!何かいい解消法を教えて!

子育てのイライラに限界を感じている方、きっと沢山いらっしゃいますよね~!子どものなかなか泣き止まない泣き声や、何を言っても「嫌!!」と癇癪をおこす時期、こちらの思い通りにいかない時など、「なんで?!」という気持ちと同時に、イライラはもう~止まりません!!

 

私も3人の子どもたちに対して、毎日イライラしています!このイライラ、決して変ではありませんし当たり前のことなのですが、上手に解消しなければお子さんの成長やお母さん自身の健康にもよくありません。お子さんの健やかな成長のためにも、上手に解消する方法をみていきましょう。

 

子育てのイライラ解消法

(1)泣く
私は子育てでイライラしてどうしようもないこの気持ちに押しつぶされそうになった時、よく洗濯物を干しながら泣きました。泣くとすごくスッキリします。「あースッキリした」と、子どもたちのところへ戻れましたよ。

 

(2)深呼吸をする
子育て支援センターの子育て講座に参加した際、イライラした時の対処法として「深呼吸が有効的」と、講師の方から教えてもらいました。ゆっくり10秒数えながら深く呼吸をすると、副交感神経が働いて気持ちを少し落ち着けてくれますよ。

 

 

(3)一人になる空間を確保して距離をとる
なかなかお子さんが小さいと一人になる場所の確保もままなりませんよね~!私はイライラして子どもに危害を加えてしまいそうな時には、トイレに駆け込んでしばらくこもって「大丈夫、大丈夫。無になるんだ、私。」と深呼吸をしてから、子どもたちのところに戻っていましたよ。

 

また、どうしようもなくむしゃくしゃする時には、寝室で枕を布団にこっそりたたきつけて「イライラする―!」と言いながら発散させていました。

 

(4)一人の時間で気持ちをリセット
子育ての手助けを得られにくい環境の場合、一人の時間を作るのはとても難しいことですよね!子どもを寝かしつけた後にと思っても、一緒に寝ちゃったりしませんか?周りにお子さんをちょっと見てくれる人がいなければ、一時保育を利用してリフレッシュタイムを1時間でも2時間でも作ってみてはいかがでしょうか。すごくスッキリしますよ~♪

 

 

(5)外に出かける
家の中にいると、どうしても狭い空間の中で子どもと向き合わなければならないので、お互いに窮屈に感じてイライラもより一層大きくなります。私も3人目が生まれて3人の子どもを自宅保育していた1年が、一番イライラして情緒不安定でした。

 

出来るだけ支援センターへ毎日お弁当を持って出かけたり、公園へ出かけることで、周りの目があるので子どもに対して怒鳴り散らしたりしないようブレーキをかける自分がいましたし、子どもも機嫌よく遊んでくれるので穏やかに過ごせましたよ。

 

(6)人と話をする
子育てのイライラは、人に話をすることでかなり軽減されます。「うんうん」と相槌をうってもらえるだけで十分なんですよね。私も支援センターのスタッフの方にとことん話を聞いてもらって、すっきりさせていましたよ。

 

 

(7)ご主人への遠慮は無くす
私自身働いてくれる主人にはとても感謝をしていましたが、それでも毎日外へ働きに出かけられて、飲み会があって、休日は気分転換に出かけられて、というのがとてもうらやましかったです。ずっとそんな気持ちは閉じ込めていましたが、ある日「私だって外に働きに行きたいし、飲み会にも行きたいし、休日が欲しい」とぶちまけたら、私のことを労ってくれるようになりました。

 

休日もまず子どもと関わってから自分の時間を過ごすようになりましたね。主人が「今日も子育て大変やったね」と言ってくれると、それだけで満たされたので、頑張っていることを認めてほしかったのかもしれません。ご主人に遠慮することはありません。子育ては夫婦で行うものです。

 

 

(8)子どもと一緒の土俵に立たない
子どもの自我やイヤイヤ期にイライラする時、本当に疲れるので無の境地で子どもを傍で見ることに徹しました。一緒の土俵に立って一生懸命向き合おうとするからしんどいんだと思い、一人泣きわめいてめちゃくちゃをする我が子の傍らに座り、じっと見ては「うんうん、嫌だよね。」とうなずく程度にしていました。同じ土俵にたって何とかしようとしていた時よりはかなり気持ちも楽でした。

 

(9)完璧主義を諦める
特に乳幼児の子育て時期は、「こうしなければ」とか「ああしなければ」といった計画に対して一生懸命になれば一生懸命になるほど、思う通りに行かないことに対してイライラが募ります。「今日はダメだな」とか、「もういいや」といった適度な諦めは必要ですよ。完璧主義にならず、ゆるーくお子さんと日々を過ごすのもイライラしないポイントですね。

 

 

子育てのイライラは我慢するとどうなる?

(1)心の病気
子育てのイライラを解消しないままでいると、そのうち“うつ病”などの心の病気を発症しかねません。イライラするなんて私はダメな母親だとか、周りはみんな上手に子育てしていると思い込んでしまうと余計に焦ってしまいますが、完璧な子育てを求めたり、周りと比べることによって自分を追い詰めるようなことは絶対にやめましょうね。

 

 

私も3人目が生まれて自宅に閉じこもって生活をしていたのですが、イライラは日々募り上の子たちに怒鳴る日々が続きました。このままでは手をあげてしまうと思い、「自分はなんてダメな母親なんだろう」と泣きながら支援センターのスタッフに相談したことがあります。私の頑張りを認めてもらえたこと、私の子育てを肯定してもらえてすごく救われました。

 

そこからは沢山気持ちを吐き出して、自分の手は2本しかないので、3人完璧に育児しようなんて無理なことと思ったら、自然に肩の力が抜けました。きっとあの時間を過ごせていなかったら、私は心の病気を発症していたのではないかと今でも思いますね。

 

(2)子どもへの虐待
イライラが続くと、何かの拍子で心の糸が切れて子どもに手をあげてしまったり、言葉の暴力、育児放棄といったことにつながってしまうんですよね。

 

子どもへの虐待は絶対に許されることではありませんが、私自身も加害者になりかねないなと思いながらニュースを見ていた時期があったので、それくらい誰でもやりかねない恐ろしいことです。一度手をあげてしまうと、もう止められず日常的になってしまうということも考えられます。

 

 

また大好きなお母さんから虐待を受けると、お子さんの心の傷は一生残ってしまいます。大事なお子さんに危害を加えないためにも、こまめにイライラ解消できるよう心がけましょうね!

 

まとめ

子育ては人間同士の関わりなので、自分の思うようにならないことでイライラするのは当然です。でも、子どもはお母さんの笑顔が大好きです。家庭の中心にお母さんの笑顔があればお子さんの情緒も安定して、ご主人も安心して外に働きに行くことが出来ますよ!だからため込まないよう、こまめにイライラを解消出来るといいですね。

 

お子さんが大きくなってくれば、出来ることも増えて手がかからなくなり、イライラも自然と減ってきます。ちょっと今はまだ大変な時期ですが、ぼちぼち乗り越えましょうね!


このエントリーをはてなブックマークに追加