子なし夫婦が羨ましい。この気持ちは変?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子なし夫婦が羨ましい。この気持ちは変?

人にはなかなか言えないけれど、「子なし夫婦が羨ましい」という気持ちを持つ自分は、変なんだろうかと悩んでいる方って、実は多いのではないでしょうか。この記事では、「子なし夫婦が羨ましいと思う気持ちが変なのかどうか」についてお話します。

 

「子なし夫婦を羨ましい」と思う自分の気持ちを、人になかなか人に打ち明けることが出来ないので苦しいという方、ぜひ一緒に気持ちを整理していきましょう。

 

子なし夫婦が羨ましいのは変?

子育てをしていると、子なし夫婦のことが羨ましいと思う瞬間って実際あります。もちろん子どもはかけがえのない宝物だし、産んで良かったと思っているけれど、どこかで子なし夫婦の生活が羨ましいって思ってしまうんですよね。だから、その気持ちは全く変ではないのではないでしょうか。子なし夫婦を羨ましいと思うのは、ひとそれぞれ理由がありますが、次の3つが大きな原因ではないでしょうか。

 

(1)子育てが負担になっている
私自身、子育てが自分1人にのしかかり、子どもにかかりっきりで家に閉じこもりがちな時、ふと「自分は子どもの犠牲になっている」と思ったことが何度もあります。主人は仕事が激務で、子育ても家事も自分一人でしなければならない状況でしたが、非常に辛かったです。子どもがいなかったら良かったのに、とまでは思いませんでしたが、もし子どもがいなかったらどんな生活だったのかなと想像することは、実際にありましたよ。

 

(2)自分の時間が持てない
特に子どもが小さいと、自分の時間が持てないので非常にストレスがたまりやすいです。周りの助けがなければ、自分の時間を作ることが出来ないので、子なし夫婦が自分の時間を有意義に使っているように見えてしまうのかもしれませんね。

 

(3)経済的な負担が大きい
私もそうなのですが、自分も働いている時はお金についてとくに何も考えなかったのですが、子どもを産んで専業主婦になるとお金の遣い方にかなり慎重になりました。主人の収入で家計をやりくりするうちに、自分のものは後回しスタイルが定着していったので、なかなか自由になるお金ってありません。

 

子どもが大きくなれば、食費や日用雑費だけでなく、学費もかなり必要となるので、経済的な負担は大きくなると予想されます。子なし夫婦は自分たちにお金を遣うことが出来て羨ましいと、勝手に思ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

 

子なし夫婦にも事情があることを理解しよう

子なし夫婦を羨ましいと思っても、子なし夫婦にだって事情があります。

 

(1)事情があって子どもを授かることができない
子どもを授かりたくても、事情があって子どもを授かることが出来ないという夫婦はとても多いです。それでも、夫婦で受け止めて前向きに夫婦で人生を楽しむ方法を探し歩んでいるのではないでしょうか。

 

また、子どもを授かりたいと願いそのための努力を続けている途中かもしれませんし、なかなか受け止め切れず葛藤している夫婦も多いはずです。他人には図り知ることの出来ない事情や感情を乗り越えようと、あるいは乗り越えているのかもしれませんね。

 

元気な赤ちゃんを授かりたいママにおすすめの妊活サプリメント

 

 

(2)子どもを作らないと決めている
夫婦の事情や考え方によっては、結婚する前から子どもを作らず夫婦で生活していくと決めている場合もありますよね。

 

今の幸せがあるからこその感情

子育ての中でも、特に子どもが乳幼児の時期って子どもが最優先となるため、寝不足でクマが出来たり肌が荒れていたりするのも仕方がありません。子育てをしやすい格好と言えば、ヒールのある靴が履けなかったり、汚れても洗濯出来る服だったり、自分の好みではない楽な服を着なければならなかったりするんですよね。夫婦でデートをしたいと思っても、頻繁に子どもを置いて夜デートをしたり旅行へ行ったりも出来ません。

 

自分磨きをする時間だったり、自分にお金をかけることもなかなか出来なかったりします。そうなってくると、自然と子なし夫婦のことが羨ましいという気持ちになるのもうなずけます。でも、これって子どもがいるからこその「羨ましい」だと思いませんか?自分にないもの、自分と子なし夫婦を比べるからこその感情です。

 

 

もしも自分が子なし夫婦で、なかなか子どもを授かることが出来なかったとしたら、その苦しみは子どもがいる夫婦には絶対に分からない苦しみと複雑な思いです。夫婦には色んな事情があり、それを人に言いたくないことだってたくさんありますよね。だから、子なし夫婦に対して「子どもがいなくて羨ましい」ということも、逆に子どもがいる夫婦に対して「子どもがいて羨ましい」という発言は安易にしないほうがいいですよ。

 

羨ましいと思う気持ちはなくなる?

「子どもがいるから幸せ」の価値観は、実際人それぞれ違います。子なし夫婦を羨ましいと思う気持ちがなくなるかどうか、それはこの先自分の生活をいかに充実したものにするかと、子どもの成長に向き合うことによって決まるのではないでしょうか。子どもに手がかからなくなってきて、自分の時間が持てるようになったり、おしゃれな服を着ることが出来るようになったら、羨ましいという気持ちはなくなるかもしれません。

 

また、子どもの手がかからなくなってきて、自分も外で働き自由になるお金を得られるようになると、子なし夫婦を羨ましいと思わなくなるかもしれませんよね。でも子どもの成長と共に教育費にかかる経済的な負担が大きいと感じたり、子どもの反抗期で途方に暮れてしまうこともあるでしょう。だから、子なし夫婦を羨ましいと思う機会は一概に消え去ることはないかもしれません。

 

それでも我が子と共に過ごしてきた日々や子どもの成長は、確実に自分の生きてきた道として、とてもかけがえのない宝となります。

 

お金をかけなくても十分自分磨きはすることが出来ますよ。ジム通いでなくても、ちょっとした空き時間にお気に入りのウェアを着てウォーキングだってすごくすがすがしいです。自宅でYouTubeを見ながらヨガやダンスをするのだって、ちょっと意識高い女子みたいで、気分が上がりませんか?

 

どんなに忙しくて何も出来なくても、ママのための美容サプリメントで若さや美しさを保つこともできますから!

 

さらに子どもが寝た後、ご主人と映画を見ながらお酒を飲んだりするのも素敵な自分の時間となるので、充実した生活につながりますよ。いつしか、「子なし夫婦を羨ましい」と思う気持ちは無くなっていくかもしれませんね♪

 

まとめ

子なし夫婦を羨ましいと思う気持ちは、変ではありません。実際、心の中にそんな気持ちを抱えながら子育てをしている方は、多いのではないでしょうか。それでもその気持ちを軽々しく口にだすことは、やめたほうがよいかもしれません。家庭の抱えている事情はそれぞれ複雑で、それを軽々しく「羨ましい」と言われることは人を深く傷つけることにもなりかねません。

 

子どもがいるからこその幸せや、ちょっとした身近な幸せをかみしめましょう。そして、今自分にできる自分磨き、やってみてはいかがですか?そして日々の生活の中で幸せを見つけて積み重ねていくうちに、自然と「子なし夫婦が羨ましい」と思う気持ちは消えているかもしれませんよ!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加