子育てはレスパイトケアが超重要ポイント!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てはレスパイトケアが超重要ポイント!

この記事では、子育てでのレスパイトケアの重要性についてお話します。子育てにちょっと疲れているなと感じている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

知らないうちに積み重なるストレス

子育てで子ども中心の生活を送っていると、それが当たり前になって、いつの間にか溜まるストレスや精神的な負担に気づきにくくなってしまいます。気が付いた時には、子どもに手をあげてしまっていたとか、子育てが怖くて逃げだしたい気持ちになったり、消えてしまいたいとふさぎ込んでしまうといった事態にもなりかねません。

 

一昔前までなら同居する義両親や地域の人を巻き込んで、みんなで子育てをするという構図でしたが、時代の変化と共に今は母親1人にのしかかる負担がとても大きくなってしまっています。自分の精神的な負担にも気づく暇がないので、人に打ち明けたり自分自身を気遣うことが出来なくなってしまっているんですよね。

 

どうしてレスパイトケアが重要ポイント?!

レスパイトとは、「ひとやすみ」的な意味がありますが、私は介護の仕事をしていたので、在宅介護現場では家族様のレスパイトケアの重要性についてよく言われてきました。
家の中という閉じられた空間の中で、終わりの見えない介護を四六時中行わければならないのは、大変な労力です。特に周りに協力者がおらず、孤独な状況にある人はとても多いです。

 

精神的な不安を取り除くことが出来ず、日々追い詰められて、介護を苦に自殺したり、介護が必要な家族に暴力をふるってしまうことは、毎日のようにニュースでも流れていますよね。そんな人のために、レスパイトは自分の時間を持ってリフレッシュすることで、気持ちを切り替えて日々の介護とのバランスを上手にとる効果が期待できます。

 

介護の世界では、結構前から「レスパイトケア」の重要性が言われてきましたが、子育ての世界ではどうでしょうか?子育ても子どもの手がかからなくなるまでの長い期間、子育てに奮闘しながら家の中という限られた空間の中で、人によっては孤独と闘いながら、子どもと日々向かい合わなければなりません。

 

特に日本の子育ては、男性の子育て参加率が他の先進国に比べて低いことから、女性の子育て負担というのがとても大きいですよね。こまめにストレス発散で気持ちをリフレッシュしなければ、虐待や自分自身を追い込んで心の病気になってしまうことが考えられます。だから子育てにおいて、レスパイトケアは超重要ポイントというわけです。

 

レスパイトケアってどうすればいい?

改めて「子育てではレスパイトケアが重要」と言われても、いったいどんなことをすればいいの?と思っちゃいますよね。でも、レスパイトケアはちょっと横文字になっているだけで、ストレス発散してリフレッシュするための手段のことを指しているだけなんです。

 

(1)一時保育
保育園の一時保育サービスをご存じですか?就園していない子どもを、お金を払って一時預かってもらうためのサービスですが、実はお母さんを始めとする保育者の子育てリフレッシュのためにも利用できるんです!私の周りでも、周りに子育ての手助けをしてくれる人がいないので、一時保育を定期的に利用して1人の時間を楽しむというお母さんは結構多かったですよ!子育てのリフレッシュは、とっても重要な保育の理由の一つです!

 

(2)ファミリーサポート
ファミリーサポートは、子どもを預かってもらいたいというサービス利用者が、研修を受けた子育てを終えた地域の先輩ママさんたちサービス提供者に、お金を払って子どもを預かってもらったり、子育てを手伝ってもらうサービスです。サービス提供者と利用者の間にファミリーサポートセンターが入ってくれますし、事前にお互い顔を合わせるので、安心して子どもを預かってもらえますよ。

 

(3)ベビーシッター
ベビーシッターは、一時保育やファミリーサポートに比べてちょっと高額な料金になりますが、資格をもった子育てのプロが、自宅に来て子どもを見ていてくれるので、安心してリフレッシュのための外出が出来ます。色んな会社があるので、レビューを見ながら信頼出来るところを選んで利用するのがおすすめですよ。

 

(4)家族
旦那さんが子育てに協力的な場合は、旦那さんに子どもを見ていてもらって、外出するのもおすすめです。近所に実家や義実家があって、子育てを手伝ってもらえるような環境なら、実家や義実家の両親に子どもを預かってもらって、リフレッシュするのもいいですね。

 

まとめ

子育ては昔から当たり前に営まれてきましたが、女性の社会進出や核家族化、時代の変化によって少しずつ、母親にかかる負担が大きくなってきました。ストレス社会と呼ばれる現代ですし、子育てを1人で抱え込むのは、子どもへの虐待が危惧されるだけでなく、お母さん自身の精神的な崩壊も招きかねません。ぜひ、子育てはレスパイトケアを意識して、しっかり自分自身も大事にしましょう。それが自分だけでなく、子どもにとっての幸せにもつながりますよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加