助けて!育児と家事が両立できない!どうしたらいい?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

助けて!育児と家事が両立できない!どうしたらいい?

この記事では、育児と家事が両立できないと感じたらどうしたらいいのかについて、お話します。育児と家事の両立にいっぱいいっぱいになっていると感じる方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

育児と家事の両立は難しい!

育児と家事が両立できないことに対して、「自分はダメな人間だ」と思う必要なんて全くありません。私も育児と家事が両立できないことに対して、周りのお母さんはみんな上手にできているように見えて、「自分はなんてダメな母親なんだ」と思うことがよくありました。「家にいるんだから家事はしっかりやらないといけない」という気持ちが常に自分にプレッシャーをかけていたように思いますね。

 

主人は「家事なんて無理しなくていい」とは言ってくれていましたが、実際のところはどう思っているんだろうと思ったら怖かったです。また、育児も家事もできないで家で何をしているんだと思われるかなとか、周りの目がすごく気になっていたのかもしれませんね。でも、育児って子どもの性格によっては朝から晩まで泣きっぱなしでこちらまで泣きたくなりますし、かなり精神的にも参ります。そこに家事も完璧にこなしてなんて、無理な話なんです。

 

私自身、近くに頼れる人がおらず、主人も仕事がとても忙しかったので、長女が就園するまでは3人の未就学児を家で育児しながらの生活でしたが、家の中はいつもめちゃくちゃでしたね。3人目が生れて、ようやく「私には2本しか手がないんだから、3人分の育児を完璧に1人でなんて無理だし、家事なんて更に無理!」と割り切ることが出来ましたよ!それから気持ちがかなり楽になりました。だから、育児と家事が両立できなくても気にしなくても大丈夫です!

 

家事と育児が両立できない時は?

家事と育児が両立できない時は、答えは一つです。1人で全部しようと思わないことです。

 

育児のサポートを求める!

最近では、育児のサポートをしてくれるサービスが充実してきています。ファミリーサポートセンターや一時保育に登録しておいて、子どもをちょっと預かってもらう時間を作って、自分の時間を作ってリフレッシュしたり、買い物に行ったり、やってしまいたい家事を済ませたりしてはどうでしょうか?もちろん、ご主人にもやって欲しいことを伝えましょう。育児は母親がするものではありません。育児は夫婦で協働するものです。

 

家事代行サービスを利用

家事代行サービスは、手軽に利用できるプランからあるので、育児に疲れている時などは特に利用してみてはいかがでしょうか?

 

家電を充実させる

育児と家事が両立できないのは仕方がないと思っても、やっぱり家事をしないと気になるという方は、家電を充実させてみてはいかがでしょうか?

  • 乾燥機付きの洗濯機
  • 自動お掃除ロボット
  • 食器洗い乾燥機

この三つがあれば、掃除・洗濯・食器洗いが全て片付きます。共働き・専業主婦の友人、どちらもこれらの家電を取り入れている人はとても多いです。かなり楽になるみたいですよ!

 

手抜きごはん

最近では美味しい冷凍食品も多くありますし、ヨシケイのように食材までカットしてあとは調理するだけの状態で自宅まで食材を届けてくれるサービスもあります。お総菜だって立派なおかずですし、上手に取り入れてみてはいかがでしょうか?友人で長くヨシケイを利用している子がいましたが、炒めたりするだけの状態で届くのは本当に楽だと言っていましたよ。

 

買い物も便利なサービスを利用して!

私は下の子が6歳になるまで、コープの個配を利用していました。自宅まで食品や日用品を届けてもらえるので、とっても楽ちんです。子どもを連れて買い物に行くのが大変という方には、ぜひおすすめですよ!最近ではネットで何でも購入出来ます。私も主人が車に乗って仕事に行くため、買い物に行く足がないので、極力何でもネットで買い物は済ませていますが、自宅まで届けてもらえるのはとても楽です。ポイントもたまりますし、結構安いのでお得ですよ!

 

また、つい1週間前に発熱してコロナの心配もあって外に出られない日が続きましたが、ネットスーパーを利用したら自宅前まで届けてもらえてとても助かりました。あまりに便利で助かったため、ちょっと泣きそうでしたね。買い物は小さな子連れのママさんにとっては結構大変な家事ですし、ぜひ上手に利用してみてください!

 

完璧主義をやめる

完璧主義な方は、育児も家事も完璧にしなければと、知らないうちに自分にプレッシャーをかけていることが多いかと思います。この完璧主義を封印するなんてことは、性格的に無理と思われるかもしれませんし、実際そうかもしれません。でも育児も家事も完璧にというのは、実際とても難しいですし、どんどん自分を追い詰めることになりかねませんよ。だから出来るだけ完璧主義を封印して「まぁいいか。出来ていなくても死なない。」くらいの気持ちを持つようにしてみてはいかがでしょうか。

 

人に助けを求めることは恥ずかしくない!

私自身は、田舎で共働きの両親と祖父母、兄弟といった拡大家族で育ちました。当たり前に両親は朝から晩まで働いていたので、小さい頃は祖父母が私たちの世話をしてくれていたんです。祖母は母が帰ってくるまでに、夕食の支度やお風呂の準備、洗濯物を取り込んだりもしていて、母は今も「育児も家事もそんなにした記憶はない」と言っていますね。

 

でもいざ自分が結婚して子育てをしてみると、主人は早朝から夜遅くまで仕事で家におらず、休日もほぼいない状態でワンオペ育児に追われ、周りに助けてくれる人もいない状況でした。日々の家事に追われ、孤独と思い通りにならない育児との闘いに心はボロボロでしたし、周りに助けてくれる人がいる友人を見ると、心強いんだろうなとうらやましく感じましたね。

 

そう考えると、現代って核家族化が進み、助けてくれる姑・舅と同居していなければ、家事も育児も全て母親がしなければならない状況となってしまうので、とっても大変な状況です。だから人に助けを求めるのは、全く恥ずかしいことなんかじゃありませんよ!むしろ、よく頑張っているね!と褒められたっていいくらいです。色んなものを頼って、お母さん自身も気持ちを楽にしながら生活をしましょう。それこそが、子どもにイライラをぶつけたりすることも減りますし、子どものためにもなりますよ!

 

まとめ

育児と家事が両立できないのは、決して恥ずかしいことではありません。むしろとっても頑張っているお母さんに「頑張っているね、お疲れ様!」と声をかけたいくらいです。育児と家事が両立できなくても、頑張ろうとしているお母さんをサポートしてくれるものは沢山あります。だから、1人で頑張り過ぎず、色んな便利なものを活用してみてくださいね!ちょっと肩の力が抜けるかもしれませんよ!


このエントリーをはてなブックマークに追加