育児中、外出できないこのストレスをどう解消すればいい?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

育児中、外出できないこのストレスをどう解消すればいい?

この記事では、育児中に外出できない時のストレス解消法について、お話します。育児中子どもが体調を崩したり、新型コロナウイルスが心配でなかなか外出できず、ストレスが溜まるという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

外出できないストレスにうんざり

新型コロナウイルスの世界的大流行と共に、感染拡大を防ぐための緊急事態宣言、外出自粛により、私たちの生活は一変しました。育児中の親御さんは本来ならたくさん子どもたちを外に連れて行ってあげて遊ばせてあげたいところですが、おうち時間が増え、なかなか思うように外出できない日々が続いていますよね。外出できないストレスは、育児中の親にとっても、子どもにとってもとても大きいのではないでしょうか?

 

普段からインドア派の私でも、子どもたちと家の中に缶詰め状態は結構なストレスになります。今も実際に主人の職場でコロナが発生し、主人の単身赴任が始まったと同時に、私が熱発してしまいました。万が一の感染を考えて冬休み前から子どもたちの小学校やこども園への登校・登園を控え、家の中に4人で閉じこもって生活している状況です。

 

外出できないストレスは、子どもたちにとってとても大きいようで、毎日「まだ外に行っちゃダメなの?」と恨めし気に見てくるのでとても申し訳ない気持ちと、「仕方がないんだから分かってよ」というイライラする気持ちでいっぱいになりますね。普段なら気にしなくてもいい自分だけの発熱ですが、現時点では家族みんなが「万が一」を想定して外出を控え閉じこもる生活、本当にストレスです。

 

外出できないストレスをどう解消する?
子どもがおうち時間を快適に過ごす

外出できないストレスは相当ですが、春先の緊急事態宣言でおうち時間を経験してきた私たちは、おうち時間をいかに快適に過ごすかについてまず話をしました。

 

やることはやって、あとは好きに過ごす

我が家は、宿題や片付けなどやることをやったら、あとは好きに過ごすようにしています。私もガミガミ言いません。

 

起きる時間と寝る時間は守る(規則正しい生活で健康的に過ごす)

外出できないで家の中でばかり過ごしていると、つい生活も乱れがちです。生活が乱れると体調を崩しやすくなってしまい、ストレスに感じることも増えるので、起きる時間と寝る時間は守るようにしています。

 

やりたいことを話し合う

我が家は子どもたちのやりたいことを聞いて、1つ一緒に取り組むようにしています。例えばお菓子を作りたいとか、ご飯を作りたい、手芸をしたいとかとりあえず子どもたちのやる気に添えるようにしていますが、私も今日一日子どもに関わったという気持ちになりますし、子どもも自分のやりたいことをやったという達成感につながります。

 

必要なものをネットで揃える

我が家の子供たちは、スライムを作ったり、折り紙を折ったり、レジンで小物を作ったりとりあえず色んなことをしたがりますし、それに対して色んな材料が必要となります。これに関しては主人と話をして、子どもたちにはできるだけ家で快適に過ごさせてやろうとうことでネットで揃えます。動画やゲームばかりにならないので、良かったと思っていますよ。

 

役割を与える

食器を洗ったり、洗濯を干したり、猫に餌をやったり、とりあえず何か一日1回役割を与えます。面倒くさがったりもしますが、それでもやったことを褒めると嬉しそうですし、私もやってもらえるので助かります。

 

工作アイテムは揃えておく

子どもはゲームや動画も大好きですが、工作も大好きです。空き箱や段ボール、新聞紙や包装紙など色んなものをとっておいて出しておくと、それで半日以上工作をしたりします。

 

親もおうち時間を快適に過ごす
時間を上手に使ってストレス発散

私は外出できないストレスを発散させるために、ご飯を作ったり洗い物をしたりといった家事をする時には、好きな音楽を聴いたり動画を見たりしながらやっていますよ。子どもたちに「今からママ、ごはん作りながらストレス発散時間なので!」と断りを入れて、半分だけイヤホンをしています。音楽にのって踊ったり鼻歌を歌ったりしていると、「ママ、ノリノリで楽しそうだね」と子どもたちも嬉しそうな顔をしていますよ。もちろん、家事が終わってご飯を食べる時は外します。時間を上手に使ってストレス発散できるので、おすすめです。

 

楽しみを見つける

子どもが寝た後にこれをしようとか、家の中にずっといるんだからこの時間を出来なかった掃除や趣味にあててみようとか、外出できないで家にいることを前向きにとらえてみてはいかがでしょうか。外出できないから家の中にいて子どもにつきっきりでなければいけないというのは、ちょっとしんどいですよね。楽しみをたくさん見つけて、空いた時間に楽しみましょう。

 

ネットショッピング

外出できないので、自由に買い物が出来ずストレスが溜まるという人もいるかと思いますが、そんな方にはネットショッピングも楽しいのでおすすめですよ!ネットで買い物をするのは怖いという方は、どんな商品があるのかチェックするだけでも気晴らしになるので見てみてはいかがでしょうか?

 

スキンシップ

育児中に外出できず家の中にいると、ストレスが溜まってついイライラをぶつけてしまったりもしますが、こんな時だからこそ楽しく過ごしたいですよね!明るい気持ちになれるよう、ふとした瞬間に子どもをギュッと抱きしめたり、コチョコチョをしたり、沢山スキンシップをとりましょう!子どももすごく嬉しそうな顔になりますし、その顔を見るとこっちもなんだか幸せな気持ちになれますよ。一日の終わりにハグをするのはとってもおすすめです。今日一日なんだかちょっとイライラしたなと思っても、「大好きだよ」と抱きしめるとなんかリセットできます。我が家の寝る前のおすすめのルーティンですね。

 

体を動かす

外出できないと、体を動かすことも減ってしまうので、ストレスが溜まる一方です。ストレス発散に体を動かすことはとても有効なので、出来るだけ家の中でも体を動かすようにしましょう。今回の私の発熱での外出自粛で、私は鉄棒を購入したかったのですが、主人にさすがに邪魔になるからやめてくれといわれてしまいました。だから、昔購入したトランポリンを出してみんなで毎日飛んでいます。

 

また、雑巾がけリレーや、オンラインジム、腕立て伏せや動画のヨガ、ダンスも積極的にやっていますよ!子どもたちもやっぱり体を動かすと活き活きしていますし、私も気持ちがリフレッシュできるのでおすすめしたいですね。

 

外出できるようになったらしたいことを話する

今は外出できないけれど、これから外出できるようになったらしたいことを、みんなで紙に書いています。外出できるようになったらこんなことがしたいというのは、モチベーションアップになりますよ!

 

まとめ

育児中の親御さんにとっても、子どもにとっても、外出できないストレスは非常に大きな問題ですよね。各家庭でいかにおうち時間を楽しくストレスなく過ごすことが出来るのか、まずは話し合ってみてください。頑張り過ぎずお互いに楽な距離で過ごすことが出来るといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加