子育て中の母親がうつになることはある?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て中の母親がうつになることはある?

この記事では、“子育て中の母親がうつになること“をテーマにお話します。
子育ては自分の時間を持つことがなかなか難しいので、自分の心が疲れていることに気が付きにくいです。子育てを頑張るママさん、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

子育て中の母親は誰でもうつになる可能性を秘めている

産後の急激なホルモンバランスの変化によって、産後うつを発症する人がいますが、慣れない子育ての中で、どんどん気持ちが追い詰められてしまい、うつ病を発症してしまうというケースはとても多いです。私も一人目の子育ての時、1か月検診の時に“産後うつの疑いあり”と診断を受けました。

 

そして、3人目の出産後も3人の自宅保育に耐えられず、毎日泣きながら「自分はダメな母親だ」と自分を責める時期がありましたね。子どもにもきつい言葉をぶつけたり、手をあげてしまいそうになったり、心がぐちゃぐちゃでした。私の場合は、話を聞いてもらうことで気持ちが落ち着いてきましたが、子育て中の母親の中には、周りに全く相談できずどんどん気持ちが追い詰められてしまうという人は多いです。

 

周りにサポートしてくれる人がいなかったり、助けを求められなかったり、自分はダメな母親だとどんどん自分自身でも追い込んでしまうことによって、心が病気になってしまいます。だから、“うつ病”を発症してしまうというのは、誰でも起こりうることです。

 

子育てで母親がうつになると?
無気力

うつ病を発症すると、無気力となってしまうことが多いので、子育てや家事をやりきることが難しくなってしまいます。子どもが泣いていても、あやす気力がなかったり、幼稚園に通う子どもの通園の準備、お弁当作りが出来なかったり、一日何もする気にならず過ごすということが増えてきがちです。外出をしなくなるという人も多いのではないでしょうか。

 

不眠

子育て中、特に乳児期は子どもの授乳時間が安定しないため、寝不足になりがちですが、うつ病を発症してしまうと、寝たいのに寝られない不眠の症状が出てくることがとても多いです。不眠が続くとうつ症状が悪化してしまうことから、解決しないと子育てはより難しくなってきてしまいますね。

 

食欲への影響

うつ病を発症すると、食欲が減退してしまい、あまり食べなくなってしまうことが多いです。好きな食べ物でも、食べる気がしないという症状が現れやすいですね。逆に、過食傾向になる人もいますが、食べることで気を紛らわせているようです。子育て中はしっかり食べないと、体力も持たないですし体も動きませんが、過食でも心が満たされることはないので悪循環です。

 

自分を責めがち

うつ症状がある場合、「子育てでうまくいかないことは、自分がダメな母親だからだ」とか、「自分のせいで子どもがかわいそう」、「すべて自分が悪い」というような、自分を責める言動が目立つようになります。これは私にも身に覚えがあります。今も子育てはしていますが、「自分のせいだ」なんて全く思うこともないですが、乳幼児3人の自宅保育をしていた時期は、全て自分のせいだと思っていました。

 

漠然とした恐怖や不安に襲われる

うつ症状になると、漠然とした恐怖や不安に襲われることがあります。何かわからないけれど怖いとか、不安を感じるというのは、とても辛いものがありますね。

 

母親がうつになってしまった場合はどうする?!
周りのサポート

子育て中の母親がうつになってしまった場合、夫や実家、義実家、子育てサービスなど使える周りのサポートはフルに利用しましょう。独りで抱え込んでしまっては、うつ症状が悪化してしまいかねません。子育てをサポートしてくれる人をみつけ、頼りましょう。

 

治療

うつ病は放置しておくと症状が悪化して、最悪の場合可愛い子どもを残して、自ら命を絶ってしまうということにもなりかねません。しっかり治療を受けることが必要です。薬物療法やカウンセリングを受けることで、適切に治療を受けながら子育てをどうしていくかも考えることができますよ。夫婦で病院を受診して、妻にどんなサポートが必要なのか、お医者さんやカウンセラーの話を一緒に聞くということも大事なことではないでしょうか。

 

子どもを施設に預ける選択肢もある

例えば、どうしても父親が子育てに参加することが出来ず、母親がうつ病を発症してしまい、治療が必要という場合、周りに実家や義実家もなく頼ることができないのであれば、子どもを児童養護施設に預けるという選択肢もあります。実際、親の精神的な病気が原因で、子どもを児童養護施設に預ける選択をする親御さんはいます。

 

児童養護施設は、子どもの安全と健やかな成長をサポートするための施設です。親子関係に命にかかわるような問題がないのであれば、面会や電話・手紙でのコミュニケーションも可能ですよ。母親の治療に専念することもできますし、病を克服すれば、子どもと一緒に暮らすことが叶います。

 

普段から気を付けたいこと
完璧主義はやめる

子育て中に完璧に子育てをしたいという考え方でいると、追い詰められてしまいます。子どもは親の思うようにはなりませんので、「健康ならまあいいか」とおおらかな気持ちで子育てをするようにするのがおすすめです。また、家事も毎日しなくてはとか、料理は手作りにこだわったりしなくていいです。時々は家事代行サービスを利用したり、市販のお惣菜を活用して息抜きしましょう。子育てに完璧主義は不要です。

 

ストレスをためない

子育て中の母親は、なかなか自分の時間を持つことが出来ませんが、子どもが寝ている少しでの時間でもいいです。自分の時間を作って自分の好きなことをしましょう。漫画や雑誌を読むでもいいですし、昼寝をするのだってもちろんいいです。

 

そして旦那さんが休みの時には、子どもをみてもらって出かけたり、リフレッシュしましょう。旦那さんの協力が得られない時には、ファミリーサポートや、ベビーシッター、一時保育を利用するのもおすすめです。とにかく、自分を大事にする時間を意識してとるようにしましょう。

 

相談する

周りにママ友や友人がいるのであれば、なんでも相談をしましょう。両親や義両親でももちろんいいですし、だれでもいいです。私は周りに相談できる人がいなかったですが、子育て支援センターでスタッフの人に話を聞いてもらってとても救われました。周りに話が出来る人がいなければ、そうした子育て支援センターを利用するのもいいですし、とにかく話してスッキリ出来る存在をみつけてくださいね。電話で匿名の子育て相談をすることもできますよ。

 

まとめ

母親が子育て中にうつ病になってしまうというのは、誰でもあり得ます。うつ病を発症してしまったとしても、それを悪化させないために、周りのサポートを受けながら乗り越える必要がありますが、それ以前に普段から頑張りすぎないよう、気を付けましょうね!


このエントリーをはてなブックマークに追加