家事育児が限界!全部投げ出してしまいたい時の対処法は?

家事育児が限界!全部投げ出してしまいたい時の対処法は?

この記事では、家事育児が限界な時、どうしたらいいのかについて、お話します。終わりのない家事育児に限界を感じているお母さんは、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

家事育児が限界!

家事育児に追われて、限界を感じている方は、非常に多いのではないでしょうか。周りからは「家で家事育児をこなすだけなのに、どうしてそんなにしんどいの?」という風に思われがちですが、家事育児を家の中でこなすってかなりハードです。

 

どうして家事育児に限界がくるの?
一人で抱え込みすぎている

家事育児に限界を感じている方の中には、一人ですべてを抱え込みすぎているという人はいないでしょうか。ご主人が忙しく全く家事育児に協力的でないとか、周りに頼れる人や相談できる人がおらず自分の中でため込みすぎている人も、頑張りすぎです。

 

全部完璧にしなければと思っている

家事育児を全部完璧にしなければと思ってしまっている方は、家事育児に限界を感じるのも仕方がありません。家事育児に終わりはありませんし、完璧にやろうとすればするほど、出来なかった時や自分の思うように進まなかった時のストレスがとても大きいです。私も、「専業主婦で家にいるのだから、全部完璧にしなければ」というプレッシャーがいつもありましたね。

 

認めてもらえないことが多い

仕事と違って、家事育児は人から認めてもらえることは少ないです。だから、頑張っても周りから認めてもらいないことに対して、悲しくなったり自分の存在意義について考えてしまったりという方も少なくないのではないでしょうか。私もまさにそんな時期があったので、お気持ちはよく分かります。

 

自分の時間がない

家事育児に奮闘しすぎて、自分の時間を全く持てないでいると、リフレッシュして気持ちを切り替えることができず、限界がきてしまいます。忙しい中でも自分の時間をしっかり作らないと、どんどん追い込まれてしまいますよ。

 

どうしたらいい?

家事育児に限界を感じて、「投げ出したい」と思ったら、一度投げ出しましょう。ここで注意したいのが、「育児を投げ出す=ネグレクト」というわけではありません。育児を他の人に任せて、子どもと離れて自分の時間を作るということです。正直、家事に関してはいくらでも投げ出していいと思っています。

 

周りに助けを求める

家事育児に限界を感じたら、もしくは限界を感じる前からこまめに周りに助けを求めましょう。ご主人にゴミ出しやお風呂掃除、食器洗い、お惣菜を買ってきてもらうなど、「忙しいからできない」で終わられないよう、家事を分担できるといいですね。ご主人がダメなら、実家や義実家は近くにないでしょうか。ファミリーサポートセンターや、ベビーシッターもありますよ。悩みを吐き出すところがないというかたは、子育て支援センターや匿名でLINEや電話を使って育児相談に乗ってくれたりします。

 

サービスを利用する

家事代行サービスや、ベビーシッターを利用することで、家事や育児の負担を減らしましょう。家にいつもいるのに家事代行サービスを利用するなんてと思われる方もいるかもしれませんが、ピカピカにしてくれますし、その間を自分の好きに遣えるのは十分価値があるのではないでしょうか。ネットで食材を購入して自宅まで届けてもらうサービスも便利ですよ。

 

完璧主義を捨てる

家事育児において、完璧主義は不要です。
子どもは自分の思い通りになんてなりませんし、家事も毎日のことなので手を抜いていかに楽をするか考えましょう。完璧主義を捨てることが不安な場合は、「どうしてもこれだけは」というのをあげて、それを最低限こなすだけにとどめるということから始めてみてはいかがでしょうか。

 

便利アイテムを使う

便利な家事家電はたくさんあります。全自動お掃除ロボット、食器洗い乾燥機、乾燥機能付き全自動洗濯機は、かなり家事の負担を減らしてくれます。また、鍋に材料を入れるだけで放置しておくと、おかずが出来てしまうという便利な調理器具もありますので活用してみてはいかがでしょうか。

 

自分の時間を作る

ご主人や実家、義実家に依頼したり、ファミリーサポートやベビーシッターなどを利用したりして、子どもを預かってもらったら、自分の時間を楽しみましょう。なんでもいいです。買い物が好きなら買い物に行ったり、エステに行ったり、友達とお茶をしたり、趣味に没頭したりしてリフレッシュしましょう。すると、少しまた家事育児に対して前向きになれるかもしれません。

 

まとめ

家事育児を負担に感じ、限界と思っている方は非常に多いです。昔は拡大家族で親子3世代が暮らす家庭がとても多く、育児も家族みんなで行うのが通常でした。ですが、時代の変化と共に、核家族化が進んでいます。母子で一日中家の中で向かい合って過ごし、息苦しく感じる方だっていますよね。

 

男性の家事育児への協力もまだまだ少ない中、世の中のお母さんはとても頑張っています。一回育児はだれかに任せて、家事はせずに、自由に羽を伸ばして深呼吸してみましょう。自分が壊れてしまったら、それこそ子どもも困ってしまいます。頑張りすぎないでくださいね。