もう限界!子供のイヤイヤ期はいつまで続くの?

もう限界!子供のイヤイヤ期はいつまで続くの?

この記事では、子供のイヤイヤ期がいつまで続くのかについて、お話します。子供がイヤイヤ期に入ると、何をするにも「イヤ」と言われ、1つのことをするのにも何時間もかかるし癇癪を起すので困ってしまう、という親御さんは多いのではないでしょうか。イヤイヤ期に終わりがあるのか不安になるお気持ち、よくわかります。対処法もあわせてお話しますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

イヤイヤ期はいつまで続くの?

イヤイヤ期が始まるのは個人差がありますが、早い子だと1歳半頃から始まり、2歳になると“魔の二歳児”という表現があるくらい、激しくなります。何をするにも拒否され、さっきご機嫌だったのに突然のご機嫌斜めに翻弄される親御さんはとても多いのではないでしょうか。このイヤイヤ期、いつまで続くのか不安になってしまう方も多いと思います。

 

イヤイヤ期は終わりも個人差がありますが、3歳頃には落ち着いてくる子が多いです。ただ、この3歳頃から“自我”がしっかりしてきます。自分を通そうとする場面が多くなり、イヤイヤ期が継続しているように感じますね。特に言葉でのコミュニケーションが取れるようになってくるので、私はイヤイヤ期よりもややこしく感じたように思います。

 

イヤイヤ期は“第一次反抗期”

イヤイヤ期は親にとってはイライラすることも多いですし、対応が難しくて困ってしまいますが、子供が成長していく上で重要な「第一次反抗期」です。「自分でしたい」「これはしたくない」ということを、相手に伝えて自分の意思を示しているわけなので、まさに子供の成長を表しています。この反抗期は、子供の成長過程において細かく分けて3回あると言われています。

 

1回目が2歳前後~3歳前後、2回目が小学校低学年~中学年、3回目が中学校です。2回目の反抗期は「中間反抗期」と呼ばれたりもします。子どもによって個人差はありますが、それぞれの反抗期で子どもは親に対して反抗したり、態度がそっけなくなったり、距離をとったりするので、親も複雑な心境になりますね。

 

イヤイヤ期はどう過ごせばいいの?
待つ育児

個人差もあるため、実際のところ我が子はいつまで続くか確実な期間は分からないイヤイヤ期は、子供をひたすら待つしかありません。時間に余裕がある時は、子供が納得いくまでさせてみましょう。我が家も長女の時は、朝から一日中上半身は裸で下半身はパジャマの時もありましたし、晴れた日でもいつでもボロボロの長靴を履いていました。

 

三女は口を開けば「イヤ」と「うるちゃい」しか言わず、変な組み合わせの服ばかり着ていましたね。次女はなんでも自分でやりたがったので、とにかく時間がかかり一つの動作が30分以上はかかっていました。今思えば、私の場合は「待つ」というより、怒るのもしんどくて、思い通りにはできないと諦めていたのかもしれませんね。

 

気持ちを受け止める

ついつい、「イヤ」と言われたら、イライラしてしまいますが、自分を落ち着かせるためにもまずは深呼吸をして、「そうか、嫌なんだね」と受け止めてみてください。子供も否定されてしまったら、余計にイヤイヤに拍車がかかってしまい、親も子供も歯止めがかからず悪循環になってしまいます。

 

また、子供の中には「わかってもらいない」ことに対して癇癪を起していることもあります。ですから、まずは深呼吸をして、受け止めましょう。そして「これがしたくないのね?」と、気持ちを代弁すると、子供もわかってもらえたという気持ちになりやすくなるかもしれませんね。

 

予定がある時は時間と心に余裕を持って

予定がある時は、時間と心に余裕を持って準備をしましょう。イヤイヤ期の子供は非常に気分が変わりやすいので、服を脱ぐのを嫌がったり、服を着るのを嫌がったり、靴を履くのを嫌がったり、思うように進まないことばかりです。通常なら予定の1時間前から準備をするのであれば、2時間前からゆっくり準備を始めるなど、余裕を持ってすすめましょう。

 

さりげないサポート

2歳前後のイヤイヤ期は、言葉がまだ十分ではありません。ですから自分でどうにかしたくても、出来ないことに対してイライラすることも多いです。その場合は、いくつかの選択肢を用意して、「どれがいい?」と選ばせることで解決できることもあります。

 

 

まとめ

イヤイヤ期の対処は親も我慢が必要ですし、ストレスが溜まりやすいです。だから、いつまで続くんだろうと憂鬱になってしまう気持ちはよくわかります。ですが、子供の成長にとって非常に重要な時期ですので、子供が自分の気持ちを発散させて伝えられるように、また子供のやってみたいが叶うようにサポートしてみてください。