育児ママの子育てストレスの原因とは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

育児ママの子育てストレスの原因とは

育児中のストレスの主な原因というのは共通しています。では、育児をしているとなぜストレスがたまるのか説明していきますね。

 

子育ては自分の思うどおりにいかないから

子育てをしていると誰もがぶつかる壁が、「子供が自分の思う通りにならない」ということでしょう。特に幼い子供は親の思い通りには動いてくれませんから、ついイライラしてしまいますよね!

 

しつけや発育が思うようにいかなかったり、自分が思うように子育て出来なかったり、生活に対するいら立ち、夫や両親などに対する不満など、様々なイライラがたまっているときに、子供のわがままな態度を見ると、さらにイライラが爆発してしまいがちです。

 

 

気持ちが休まる暇がないから

子育てには休日はありませんよね。社会人や学生は休日はあっても子育てママには休日はありません。特に幼い時期は最も手がかかる年頃です。

 

ナイフやフォークを遊び道具にしたりママの真似をして包丁を使おうとしたり、小さなおもちゃを飲み込もうとしたりします。子育てママはこれではまったく気の休まる暇なんてありません。そのような状態ではストレスがたまるのは当然のこととも言えます。

 

 

1人の時間が取れないから

これが子育てママの悩みナンバーワンとも言えるストレスの原因です。子育てママは、ひとりでゆっくり眠ったり、ゆっくりご飯を食べることさえも叶わないのです。

 

子育て中のママは、1人の時間を持つという事さえもわがままと思われがちですが、四六時中子育てに縛られているママこそ息抜きは大切なことなのです。笑顔で育児に向き合うためにも、ささやかな1人時間はとても大事です。後ろめたさなんて感じる必要なく、積極的に1人時間を確保する必要があります。

 

 

睡眠不足になっているから

毎日家事や育児を頑張っている子育てママたちはとにかく寝不足です。特に出産後は授乳や夜泣きなどで睡眠不足になりがちです。育児中は子育て以外にもなにかと忙しく、家事もバタバタとこなさなければなりません。

 

せっかくの休みの日で、ゆっくり寝ていたいのに朝の子供番組が見たいからと子供に無理やり起こされてしまう人もいると思います。睡眠不足が重なると、疲労感が抜けなかったリ、頭痛がしたり、食欲不振や肩コリの原因にもなりますし、メンタル面では鬱状態や不安感の増加などにもつながってしまうのです。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加