子供が私より他のママになつくのが悲しい…どうして?

子供が私より他のママになつくのが悲しい…どうして?

「子供が私より他のママになつくのが悲しい」という気持ちになってしまうお母さんは、実は多いのではないでしょうか。「こんなに愛情を注いでいるのに、どうして他のお母さんになつくの?」と思うと、不安な気持ちになってしまいますよね。この記事では、どうして子供が他のママになつくのかについて、お話します。気になる方は良かったら参考にしてみてくださいね!

 

私より他のママになつく子供が悲しい

どんなに自分が愛情を持って子供に接していても、子供が他のママになつく姿を目にすると、すごく複雑な気持ちになってしまいます。「私よりも他のママの方が好きなんだろうか」とか、「私は本当のママなのに他のママ以下なのだろうか」という気持ちは、他のママに子供を取られるのではないかという不安につながります。

 

どうして私より他のママになつくの?
自分の思い通りになる

親は子供をしつけるという意味でも、子供の思い通りになってばかりではいられません。ですから子どもにとっては、親にこうして欲しいと思っても、思い通りにならないことの方が多いです。ですが他のママからすると自分の子供ではないですし、優しく接するため、子供にとって思い通りになってくれることが多いです。そのため、子供は自分の思い通りになってくれる他のママになつくというわけです。

 

好奇心旺盛

子供によっては、人見知りをせず誰でも人懐っこく関わるという子がいます。我が家の長女も、好奇心旺盛で初対面でも遊んでくれる大人が大好きでしたね。そういった子は、ワクワク出来る機会として、他のママになついて遊んだりしますよ。そしてこの好奇心というのは、お母さんとの絆がしっかりあるからこそ、安心して他のママになつくということが言えます。

 

どうしたらいいの?
愛情不足ではないと理解する

子供が自分よりも他のママになつくことを、自分の愛情不足が原因ではないかと思われるかもしれませんが、全くそんなことはありません。愛情をたくさん感じているからこそ、安心して他のママと関わることが出来ているんです。決して愛情不足が原因ではないということを理解しておくと、気持ちに余裕ができますよ。

 

自分との絆があるからこその行動だと理解する

子供が他のママになつくのは、自分との絆があり「絶対にお母さんは自分のそばにいるという安心感があるからこその行動」です。そこを理解していれば、愛情不足ではないという理解と同様に、気持ちに余裕ができます。ここで注意したいのが、子供によっては人見知りでママから離れられない子もいますし、ママが大好きでずっとそばにいてほしいと思っている子もいます。ですから、なかなか自分から離れて遊ぼうとしない子供に対して、ママの愛情不足と考える必要はありませんよ。

 

どうしても辛いなら距離を取るのも一案

愛情不足ではないとか、自分との絆があるからこその行動と理解していても、どうしてもやっぱり他のママに子供がなつくことを受け入れられないというのであれば、ママ友と少し距離を置くというのも一案です。

 

まとめ

「私よりも他のママに子供がなつく」というのは、特に新米ママからすると、すごく複雑です。でも、子供はお母さんとの信頼関係があるからこその行動です。気持ちに余裕を持って見守って大丈夫ですよ。