寝ない赤ちゃんを一日中抱っこするのはよくないの?

寝ない赤ちゃんを一日中抱っこするのはよくないの?

この記事では、寝ない赤ちゃんを一日中抱っこするのは良くないのかについて、お話します。赤ちゃんを寝かせたくても、そのまま布団ではなかか寝てくれず、仕方なく抱っこして寝かせているけれど一日中抱っこすることもよくあるという方は多いのではないでしょうか。赤ちゃんにとってずっと抱っこは悪影響ではないのか心配という方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

赤ちゃんが寝ないので一日中抱っこが辛い!

赤ちゃんによっては授乳やおむつ交換以外、一日中スヤスヤ布団で寝ているということもいますが、布団に置くと泣き出し一日中抱っこしなければならないこともいます。我が家の長女がそうだったのですが、これってすごくつらいんですよね。日中も夜もまとまってよく寝る子の話を周りから聞くと、うらやましくて仕方がなかったです。

 

一日中抱っこの結果、私の場合は生後2か月には両腕が腱鞘炎になってしまいました。ですから初めての育児が楽しいとか、可愛いというよりも、終わりが見えない育児が怖かったですし、子供の泣き声がするとびくびくしていました。

 

寝ている間に家事をしたり、自分の時間にしたいのに、赤ちゃんがが寝ないで起きているので、思うようにできないのはかなりストレスでしたよ。精神的にも肉体的にもつらかったです。

 

赤ちゃんが寝ないから一日中抱っこは悪影響?

よく昔の人は、抱き癖がつくから一日中抱っこなんてやめて、泣いても布団で寝かしつけた方がいいと言ったりしていました。でも、私はとにかく泣かれるのが怖かったので、迷わず寝ない時は一日中でも抱っこを選択しました。

 

小学5年生になった長女ですが、今抱っこしなければ不安定化といえば、まったくそんなことはありませんし、あの時抱っこばかりしていたからこんなことになってしまったなんてことは何一つありませんよ。とってもいい子に育っています。ですから、子供が寝ないから一日中抱っこは悪影響なんて思いません。

 

子育ては十人十色ですので、とりあえず命の危険がなく、我が子に会っているのであればそれでいいのではないでしょうか。あとは、お母さんがストレスに感じない方法をとるということも、心の病を発症しないやめにも重要なポイントです。

 

一日中抱っこ以外の寝かせる方法は?
ハイローチェア

我が家はcombiのハイローチェアに子供を寝かせると、よく寝てくれました。長女が生後6か月を過ぎた時におさがりでもらったので、もしかするとその頃は寝る習慣もついていたのかもしれません。でも抱っこで寝たら静かに水平にしたハイローチェアへ移動させ、ユラユラ揺らしたらスッと寝てくれていましたよ。

 

ねんねトレーニング

生後6か月を過ぎると、少しずつ寝る習慣がついてきますので、ねんねトレーニングで抱っこをやめるというのも一案です。布団に寝かせて、泣いてもトントンして根気強く寝かしつけます。

 

まとめ

寝ない赤ちゃんへの対応として、一日中抱っこをするのは、赤ちゃんにとって悪影響というわけではありません。ですから、気にしないで赤ちゃんと自分にとってストレスがたまらない方法で育児をするのがおすすめです。一日中抱っこはしんどいですが、周りの人の協力を得たり、便利な抱っこひもやハイローチェアを利用してみてくださいね。