子育てのストレス解消法

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てのストレス解消法

子育てはとにかく疲れますし、イライラが爆発しそうになるママもたくさんいるのではないでしょうか?わたし自身も子育てってある意味仕事より大変だよなぁ!と日々感じています。

 

出産してから、子供の成長とともにそれぞれ違った大変さがありますが、子育てを毎日頑張っているママのためにおすすめしたいストレス解消法をご紹介しますね!

 

大きく深呼吸する

子育てをしていてストレスがたまった時、どうしようもなくイライラする時は、大きく深呼吸することを心がけてみましょう。ゆっくり鼻から息を吸ってゆっくり長く息を吐き切ります。出来るだけゆーっくり行うことがポイントです。

 

イライラしている時は交感神経が活発になって呼吸が浅くなりがちです。ゆっくり大きく深呼吸をすることで身体の緊張をほぐして身体をリラックスした状態にしていくことができ、同時に心が穏やかになっていきます。

 

 

周りを気にせず、大泣きする

大人になると生活に必死で、泣くという事があまりないですよね?でも泣くという行為は感情を開放するということでもあります。普段我慢している感情を、いったん子供と離れて「泣く」こともおすすめです。

 

涙を流すと、普段は我慢している感情が自然と外に流れ出てきて、泣き終わった頃には気分がスッキリします。なかなか、泣けないという人は感動する映画やドラマを見るのもおすすめですよ。

 

 

思いっきり大きい声を出す

カラオケなどで大きい声で歌ったり、思い切り叫ぶことでスッキリすることが出来ます。叫ぶ言葉は何でもいいです。とにかく、自分の気持ちを大きな声に出して叫ぶことが大切です。

 

叫ぶ行為は、感情が一時的に高ぶりますが、それを出し切ると一息ついたようなスッキリした気分になります。山や海の自然に触れ合いながら叫ぶのもいいし、絶叫マシーンにのって叫ぶのもおすすめです。

 

 

夜中の静まり帰った空気に触れる

子育てをしていると夜泣きや授乳で夜中に起きる事も多いですよね。そんな時は子供のお世話が終わったあとに、ベランダなどで夜の静かな空気に触れてみましょう。夜の空気はとても静かで、不思議と心が落ち着きますので、おすすめですよ。

 

 

外出する

子育てをしていると家に引きこもりがちですよね!そんな密室で赤ちゃんとだけしか接していないと、だんだん気持ちが落ちてきてくるものです。なので、子供と二人で過ごすことが辛くなってきたら何の用事もなくても外に出てみるようにしましょう。

 

玄関を開けて一歩だけ外に出て深呼吸や日光浴をするのも良いですし、ベビーカーでちょっとお散歩したり公園で一緒に遊ぶなども良いですね。外の空気に触れるだけでも、ずいぶんと気持ちが切り替わり、心が解放的な気分になって楽になります。

 

 

何がつらいのか書き出してみる

今抱えている子育ての悩みやストレスを少しでも軽くしたいならば、紙に書き出して視覚化してみることをおすすめします。ストレスのほとんどは、自分の感情を抑えようとするときに起こります。感情を抑えれば抑えるほど心が弱くなってしまうものなのです。

 

きちんと自分の感情や思ったことを書き出すことが出来れば、自分でその気持ちを把握することが出来ますので、心が強くなってストレスが少しずつ消えていきます。自分の感情を書き出して向き合うことでその感情を受け入れることが出来るようになるのです。

 

 

お笑い番組を見て思いっきり笑う

笑いには脳をリセットしてくれる効果があります。日頃家事や育児や仕事でわたしたちは毎日膨大な情報を処理しています。そうやって、毎日脳に負担をかけ続けていると、やる気がなくなってしまったり、精神的にイライラしてしまうことになります。そんな時に笑うことで脳をリセットすることが出来ます。

 

笑うと血行も良くなるし、自律神経が整って身体がリラックスします。笑いは脳内の幸福ホルモンをたくさん分泌してくれますので、ストレスが癒されますよ♪

 

 

部屋の片付けをする

ストレスがたまってきたな~と感じてきたら、掃除や片付けをしてみましょう。掃除や片付けは、部屋全体が綺麗になることによって心もスッキリして心が落ち着きます。片付けをしなければ~という日頃のストレスからも解消されますし、達成感が得られます。しかし、小さな子供がいたら、せっかく片付けてもすぐに部屋が散らかってしまいますよね!

 

それならば、この機会に思い切って不要なものを処分し、片付けやすい環境に整えましょう。部屋が散らかっても片付けやすくなるだけで、心のストレスはグッと減りますよ。

 

 

パワースポットに行く

毎日子供と向き合う日々、どうしてもイライラしてストレスがたまるっていうときは少し足を伸ばしてパワースポットに出かけてみませんか?パワースポットといっても、近くの神社でもいいのです。出来れば、地域の氏神さまが良いですね。神社があるところは緑が多かったりして良い波動を放っているので、モンモンとしてふさぎ込みがちな気分も上げてくれます

 

ストレスがたまっている事実を心の中で神様にご報告することで、心が落ち着きます。ご祈願してもらうことでさらなる神様からの支援やお導きを感じることが出来て守られているのを感じます。そして安心して子育て出来るようになりますよ。

 

 

悩みを誰かに話す

悩んだり、不安になったり、心配になったりしたときは、誰かに話すことをおすすめします。心理的に不安定になっているときは、心の中に悩みをためこんでしまう事が多いのです。人に気軽に話せない内容の場合もあると思います。でも自分の中でためこんだままにしてしまうとストレスは解決されません。

 

とにかく、話しやすくて口の堅い人や信頼出来る親友に話しましょう。アドバイスや共感してもらう必要はありません。ただ話を聞いてもらうだけでいいのです。ただ悩みを話すだけで、心が落ち着いていくのです。自己開示することによって相手とも更に親密になるきっかけにもなりますよ♪

 

 

愚痴ブログを立ち上げ気持ちをぶちまける

誰かに愚痴を聞いてもらうと、スッキリする人は多いものです。でも、家族や友達などの身近な人に頻繁に聞いてもらうのは嫌がられそうで気が引けますよね。そんな時には、ブログやSNSに愚痴ったり、そこで出来た仲間にアドバイスを貰ってストレスを解消するというのはどうでしょう。実際、ブログの愚痴が本になり、ドラマになった事もあるそうです。

 

ドラマ化までは目指す必要はないですが、ブログをしていると自分以外にも辛い思いをしている人のブログを見つける事もあります。自分よりひどい状況にいる人の愚痴を聞いたりするだけで、自分はそうでもないな・・・なんて思って癒されたりするものです。

 

愚痴ブログじゃなく、子育てブログでも良いと思います。子育てママは社会と離れて引きこもりがちなので、たくさんの人とつながることが出来るのもブログの利点の一つですよ♪

 

 

自分に丁寧に接する時間を持つ

毎日毎日子育てに追われていると、当然のように自分の事がおろそかになります。子育てをしていると、子供のことが一番で自分のことは後回しです。そんな自分を雑に扱う日々が続いてしまうと自己肯定感も下がり心が荒んでしまいます。日々の中でも、自分を丁寧に扱う時間はとても大事なのです。

 

いつもより美味しいお茶を飲んでみたり、いつもより高級な入浴剤を作ってみたり、日常の中でちょっとした贅沢を取り入れます。ほんのちょっとでもいいので、自分のためにお金や時間を使ってみるだけで自分を大切にしている気持ちになれてストレスは癒されます。

 

 

カルシウムを取る

カルシウムには脳神経の興奮を抑える作用があるそうです。カルシウムが多く含まれる牛乳を飲んでみたり、小松菜やホウレン草、小魚、豆腐、納豆などを食べるように心がけましょう。

 

 

甘いもので心を満たす

毎日毎日子育てや家事に忙しいママたちはストレスフルな毎日を過ごしていることと思います。そんなイライラや疲れがちな時は少し甘いものをつまむ事をおすすめします。というのも砂糖にはリラックス効果があるからです。

 

砂糖の甘味の情報が脳に伝わると、セロトニンなどの幸福ホルモンが分泌されます。実際甘いものを食べたあとに脳波を測定するとリラックスした状態になるそうです。しかし、甘いものを食べ過ぎると、逆に甘いものが欠かせなくなってしまいますので、食べるならば少量にしましょうね♪

 

 

アロマテラピーを取り入れてみる

アロマの香りは電気信号になって鼻の奥の嗅神経から本能を司る大脳辺縁系に伝わるようになっています。大脳辺縁系は、記憶や感情や自律神経やホルモン、免疫の調整をしています。アロマの香りが大脳辺縁系に伝わると、脳がリラックスしてストレス解消し、自律神経が整い、免疫機能が向上します。うつ病や認知症の治療においてもその効果が期待出来ると言われているので、産後鬱や育児鬱にも効果を発揮してくれそうですね♪

 

 

大好きな動画を見る

子供に好きなアニメを見ている間に家事をこなしているママも多いと思いますが、ママもちょっと一息ついて好きな動画やDVDを見てみませんか?好きな映画や動画を見ている間はイライラや不安から心を引き離す事が出来、物語の世界に入り込むことが出来て、心が癒されます。物語の世界に入り込むことで、やらないといけない事からひととき自分を引き離して心を開放する事が出来ますよ~。

 

 

しっかり睡眠をとる

仕事に育児に家事に忙しいママたちは睡眠不足の人が多いようです。ストレスがたまると脳が疲労してしまうのですが、脳の疲労を解消するのに一番いい方法が睡眠をしっかりとることです。それも上質な睡眠こそがストレスをしっかり癒してくれるのです。

 

ほとんどの女性は、しっかり寝て、好きな事をして、好きなものを食べるなど、自分の思いのままに好きな事が出来ていればストレスはたまらないものです。

 

好きな事が全く出来ない子育てママはまさにストレスをためやすい状態の代表格なんだということを世間にわかってもらいたいものですよね~!

 

 

一人の時間を作る

小さいお子さんのいるママはなかなか1人の時間をとるということは難しいかもしれません。夫が協力的な人ならば週末に子供を預けてひとりの時間を貰うことも出来るかもしれません。

 

親に預けるにしても、ひとりの時間が欲しいからという理由を言えば「母親なのに子供を預けて遊びに出歩くなんて!親なんだから子供の事が一番!母親に自分の時間がないなんて当たり前の事でしょう!」と言われることもあるかもしれません。わたしは言われました(笑)

 

そんな時は、何か別の理由をつけてでも1人の時間を確保するようにしましょう。それは、自分や子供のためでもあります。気持ち良く子育てをするために、子育てママにはひとりの時間が必要なのです。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加