子育てをやめたい!そんな時にはどうしたらいいの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育てをやめたい!そんな時にはどうしたらいいの?

子育てをしていると、気持ちがいっぱいいっぱいになって「子育てをやめたい!」という気持ちになったりすること、ありますよね。子育てはやめたいと思ってやめられるわけではないのですが、この気持ちをどうすればいいのか困ってしまいます。では、どうしてこんなに子育てをやめたいと思ってしまうのか、そしてどうすればいいのかについてちょっと考えてみましょう。

 

子育てをやめたいと思うのはどうして?

(1)自分の時間がない
子育てをしていると、自分の時間を持つのはとても難しいです。だからいつの間にか自分は子育ての犠牲になっているという考えになってしまったりするんですよね。自分の時間を持ち、その間に子どもや他のことで中断されずに何かをやり遂げるってことがあると、「自分の時間を持てたな」と思えます。

 

 

でもどうしても何かを集中してやりたくても、子どもや他のことで中断されることが多いです。だから「自分の時間を過ごせたな」と実感出来る瞬間はすごく限られているんですよね。子育てなんてやめたいと悲しくなるお母さんの気持ちももっともです。

 

(2)子どもが自分の思うようにならない
もちろん子育ては自分の思うようにならないとは分かっていても、言うことを聞いてくれないし、毎日同じことでイライラする、抱っこばかりせがんでくる、癇癪ばかり起こすといったことが続くと、子育てが苦痛で仕方なくなってしまいます。自分はもっと穏やかに子育てができると思っていたのにと、自信を無くしてしまったりされる方も多いのではないでしょうか。子育てをやめたくなってしまうという気持ちも良く分かります。

 

 

子育てをやめたいけれど、それ以上の喜びもある

子育てをやめたいと思う瞬間は何度もあっても、子育てをやめたいと思う気持ちを帳消しにするようなお子さんの笑顔や言動があるからこそ、踏ん張れます。私も何度も子育てなんてもうやめたいと思いましたが、結局子どもの笑顔や成長を見ると喜びのほうが勝ってしまうんですよね。

 

目の前のお子さんの言動や、アルバムをみて赤ちゃんだったころの無垢な笑顔に癒されたり、成長を感じたりすることで、ちょっと気持ちが落ち着くかもしれませんよ。

 

それでも子育てをやめたいと思うなら

(1)リフレッシュタイムを作る
お子さんから離れて、しっかり一人の時間を作りましょう。だれにも邪魔されず、リフレッシュする時間を持つことができれば、気持ちもリセットされてお子さんと向き合う元気につながります。ご主人や、義実家・実家などの家族、一時保育やファミリーサポートなどを利用して上手に時間を作ってみましょう。

 

 

(2)周りの人に話を聞いてもらう
ご主人やそのほかの家族、ママ友さんなど身近な人に話を聞いてもらうだけでも、結構すっきりします。やっぱり話を聞いてもらうってとても大事なことです。

 

(3)相談機関を利用する
子育てに対して自信を無くしてしまったり、やめたいと思う気持ちがなくならないのであれば、子育て支援センターや保健センター、児童相談所などを利用してみましょう。話を聞いてもらうだけでもスッキリしますし、こういったサービスを利用してはどうかといった提案をしてもらえます。私も子育て支援センターにはたくさんの相談に乗ってもらいましたよ。気軽に相談できるので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

また、どうしても顔を合わせて相談をするのには抵抗があるという場合には、電話での子育て相談サービスもありますよ。話を聞いてもらうだけでもスッキリするので、ため込まないようにしましょうね。

 

まとめ

子育てをやめたいと思うけれど、やめられないというのは一番自分が分かっているんですよね。子どもの可愛い姿を見るだけで、簡単にこの気持ちが消え去ってくれたらいいのですが、そうもいかない場合には、自分の話を聞いてもらったり、自分の時間を確保するようにしてみてはいかがでしょうか。少しでもリフレッシュして子育てをやめたい気持ちが和らぐといいですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加