乳幼児期の子供のお出かけの荷物は何がいる?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

乳幼児期の子供のお出かけの荷物は何がいる?

この記事では、乳幼児期の子供のお出かけの荷物は主に何を持っていればいいかについてお話します。子供とのお出かけに何を用意すればいいか分からないという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

乳児期のお出かけは荷物がいっぱい!

特に乳児の時期は、その荷物の量にうんざりしてしまいますよね。

 

(1)授乳セット
普段から赤ちゃんにミルクを与えている場合は、粉ミルクと哺乳瓶、お湯が必要となります。外出用のキューブ型粉ミルクは、計量する必要がないのでとっても便利ですよ。また、魔法瓶仕様の小さなポットにお湯を入れておくと、冷めにくいのでおすすめです。長時間の外出になると、粉ミルクやお湯が多めに必要になることも計算しておきましょう。

 

(2)着替え
乳児期は、ミルクをよく吐いたり、ウンチが漏れたりして全身更衣することがとても多いです。我が家もしょっちゅう全更衣していたので、お出かけの時は全身セットの着替えを3セットくらい持ち歩いていましたよ。多い時は4回着替えが必要で慌てて近くのショッピングセンターで着替えを購入したこともあります。

 

(3)おむつ替えセット
紙おむつも忘れないようにしましょう。布おむつを使っている人は、布おむつの替えを持って行ってももちろん構いませんが、ちょっとかさばるかもしれません。お出かけの時だけ紙おむつにすると、紙おむつを捨てることができる施設もありますし、荷物が増えないので便利ですよ。ただ、赤ちゃんのために布おむつを外出先でも使いたいという方は、おむつカバーの替えも持参しておくと便利ですよ。

 

あと、お尻拭きも忘れないようにしましょうね。私はよくおしりふきのビニールの蓋が取れてしまって、荷物の中の物がビシャビシャになってしまったことがありました。出来ればビニール袋に入れて持ち運びをするか、100円均一におしりふきの取り出し口に取り付けることができる、プラスチック製の蓋があるので、そちらを利用するのがおすすめです。

 

(4)ビニール袋
乳児期はスタイや使用済みのおむつなど、ゴミや汚れものがしょっちゅう出ます。ビニール袋は何枚かカバンに入れておくと、さっと取り出して入れることができておすすめです。

 

(5)おもちゃ
乳児とお出かけする時は、おもちゃがあると赤ちゃんが飽きて泣き出したりした場合、あやすことができるので便利です。
我が家の娘たちも、それぞれお気に入りのおもちゃを必ず持参していました。ない時にはビニール袋をグシャグシャにして音であやしたりもしていましたよ。

 

(6)除菌シート
おしりふきシートに除菌効果はありません。赤ちゃんに何か食べさせる時に、さっと手を拭くことができる除菌シートが一つあると、すごく便利ですよ。

 

(7)おやつ
赤ちゃんの離乳食が始まっているのであれば、おやつがあると赤ちゃんが泣いたりお腹が空いた時に食べさせてご機嫌にできるので便利です。我が家はギンビスの動物ビスケット(乳幼児用)がすごくお気に入りでしょっちゅう食べていました。離乳食開始の頃は、あかちゃんせんべいをよく食べていましたよ。すごく助かりました。

 

(8)ガーゼ
乳児期はヨダレが出やすいので、ガーゼがあるとサッと拭くことができて便利です。ガーゼがあれば、赤ちゃんの肌が汚れた時にも、安心して拭くことができるので、一枚持っておくと安心ですよ。

 

(9)母子手帳・乳児医療証
近場のお出かけでは必要ないことが多いですが、おでかけ先で体調を崩した時に、すぐに病院へ行くことができるよう、母子手帳と乳児医療証はセットで持っていると便利です。私も3人の娘たちが乳児の時は持ち歩くようにしていました。

 

(10)お茶
子供がストローで飲み物を飲むことができると、ストローマグにお茶を入れて持参するといいですよ。おやつを食べたらお茶で口の中を綺麗にすることができますし、のどが渇いた時ものどを潤すことができます。

 

(11)離乳食セット
離乳食が始まったら、お出かけの時に必要に応じて手作り若しくはレトルトの離乳食や、普段利用している食器、食材をカットするはさみ、エプロンが必要な場合があります。

 

(12)抱っこ紐・おんぶ紐
乳児期のお出かけは抱っこ紐・おんぶ紐があると便利です。ベビーカーを嫌がる子の場合は、抱っこやおんぶをしなければなりません。私もお出かけの時はいつも抱っこ紐を装着して出かけていましたよ。

 

幼児期のおでかけも荷物は多め

幼児期になると、授乳がなくなったり、おむつも取れてくるので、自然とお出かけの荷物も減ってきます。

 

(1)着替え
幼児になると着替えは必要ないと思われる方も多いかもしれません。でも幼児になるとおむつが外れたけれどお出かけ先でトイレを失敗してしまったり、食べこぼしてしまったり、遊びで洋服が汚れてしまったりして結構着替えが必要なんですよね。我が家も6歳の三女に関しては、いつおもらしをしてもいいように、いまだに出かける時には下着とズボンをカバンに忍ばせています。ただ、1セットあれば十分ではないでしょうか。

 

(2)紙パンツ・おむつ
おむつが外れていない子供の場合は、おむつとおしりふきが必要です。乳児に比べて、たくさんのおむつの枚数を用意しておく必要はないので、出かける時間に応じてですが、2枚~3枚持っていれば十分ではないでしょうか。

 

(3)ビニール袋
子供が幼児期に入っても、ビニール袋はあったら便利です。子供は幼児期になると、外出先でちょっとしたものを拾っては持って帰ると言ったり、集めたりするので、ビニール袋があるとすごく便利なんですよね。もちろん、汚れたものを入れるのにも必要です。

 

(4)おもちゃ・絵本
幼児期になっても、おもちゃがあると暇を持て余したりぐずったりした時に便利です。子供のお気に入りの絵本や、お絵描きセット、塗り絵セットに私はかなり助けられましたよ。

 

(5)おやつ
幼児期の子供はおやつが大好きです。小分けになっている市販のおやつが多くあるので、外出の際に利用すると便利ですよ。ただ、子供の機嫌がよくなるからと、与えすぎないよう注意しましょうね。

 

(6)お茶
幼児期の子供のお出かけは、お茶が必需品です。お茶をこまめに飲ませることで、水分補給になりますし、虫歯予防になります。

 

(7)除菌シート
乳児期同様に、除菌シートは遊んだ後におやつを食べたりする時、さっと手を拭くことができるので便利です。

 

(8)タオル
幼児期の子供のお出かけは、タオルが必需品です。お茶をこぼしたり、手を洗ったりしたらタオルで拭きますし、お出かけ先で外食をする時にはエプロン代わりに使うこともできますよ。

 

事前に下調べをしておくとスムーズ!

私も娘たちが小さい時は、お出かけ前に下調べをよくしていました。授乳室があるかどうか、お湯がもらえるかどうかなど確認しておくと、ミルクのお湯の量をどれくらい持っていけばいいかも計算できますよね。

 

また荷物だけに限らず、おむつを替えるところがあるかや、ベビーカーの貸し出しがあるか、プレイルームがあるかなども把握しておくと、すごく安心してお出かけができます。ネットの情報だけではちょっと心もとないなと思ったので、私は事前に電話で施設に確認をとったりもしていました。結構丁寧に教えてもらえますよ!

 

まとめ

子供が小さいと何を持って行っていいか迷ってしまいますが、必要最低限のアイテムを押さえておくと、あとは季節に合せたり月齢に合せて必要なものをプラスしてお出かけ出来ます。始めは大荷物でも、次第に荷物の量が分かってくるので、自分に合ったお出かけの荷造りをするようにしてみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加