高層マンションの子育てって子供にどんな影響がある?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

高層マンションの子育てって子供にどんな影響がある?

この記事は、高層マンションでの子育てが、子供にどんな影響があるのかお話します。高層マンションで子育てを開始しようと思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

高層マンションで子育てするメリット・デメリット
メリット
セキュリティがしっかりしている

高層マンションで子育てをするメリットとして、セキュリティの高さが挙げられます。だから、安心して子育てが出来ますね。特に子どもが学校へ行くようになり、自分一人で出かけるようになると、家に帰ってくるまでの間に何かあったらと思うと心配でたまりません。高層マンションだとマンションに入ってからのセキュリティが高いので、安心して自宅で子どもを迎えられますよ。

 

キッズスペースが活用できる

高層マンションによっては、キッズスペースがあり子どもを遊ばせることができる場合があります。敷地外にわざわざ出かけなくても、子どもを気軽に遊ばせることができると便利ですね。特に雨の日などは、ありがたいです。

 

デメリット
子どもを外に連れて出るのが億劫

高層マンションで生活すると、外に出るのが億劫になってしまうという人はとても多いですね。もちろんみんながみんなそうではありませんが、エレベーターを待ったり、いちいち下まで降りてまた上がってというのを面倒に感じて、子どもを連れて遊びに行くのも億劫に感じてしまう人はいます。こうなると、自宅にこもりがちになりますし、子どもも親とだけの狭い関係の中でしか過ごしていないと、過剰密着となりやすく、子どもが自立した生活を送りにくい環境になってしまいます。

 

子供も出不精になりがち

親が子どもを連れて外に出るのを控えてしまうと、子どもも自分で外に遊びに行くことができる年齢になっても、外へ行きたがらないという話をよく聞きますね。外遊びが少なくなってしまいます。ただ、最近の子どもはYouTubeやゲームにはまって外遊び自体をしない子が増えているので、高層マンションに住む子どもだからというわけではないのも確かです。

 

高層マンションで上手に子育てするには?
積極的に外に出かける

高層マンションで子育てするのであれば、積極的に子どもと一緒に外に出かけて、自然や四季を感じるよう働きかけてみましょう。意識して外に出るようにすれば、子どもも外遊びを求めて親に「外にいこう」と働きかけ、親もそれに応じるという形が定着します。親自身も、外との関りにもつながるのでお勧めですよ。子どもが小さいうちは、たくさんの自然に触れて刺激を受けるのが望ましいですし、閉じこもり勝ちの子育ては親も子どもも息が詰まってしまいます。積極的に外に出かけましょう!

 

ベランダからの転落に注意

高層マンションに限ったことではありませんが、ベランダからの転落には注意が必要です。戸建ての2階のベランダから転落するのとはわけが違います。幼児を一人にしないとか、足掛かりになるようなものを置かない、ベランダに簡単に出られないようカギを工夫するなどして、子どもの転落事故を防ぎましょう。

 

まとめ

高層マンションで子育てをすることは、一概に悪いわけではありません。セキュリティの面や、高層マンションの機能の充実からすると、子育てにとっていいこともたくさんあります。上手にポイントを押さえて、子育てしてみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加