効率よく動くには毎日の家事リストを作るのがおすすめ!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

効率よく動くには毎日の家事リストを作るのがおすすめ!

この記事では、毎日の家事リストを作るメリットについて、お話します。毎日の家事をリスト化するなんて、意味がないと思っている方もいるかもしれませんが、実はメリットがちゃんとあります。気になる方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

家事を全部やろうと思うと途方もない

毎日の家事を全部やろうと思うと、途方もありません。もちろん中には、家事を全部やらないと気が済まないという方もいるかもしれませんが、毎日のことなので、家事を全部やり続けるというのは大変なことです。それならば、毎日の家事リストを作るのがおすすめですよ。

 

毎日の家事リストを作るメリット
やり忘れを防ぐ

毎日の家事リストを作ることで、家事のやり忘れを防ぐことができます。正直、私はかなりずぼらな性格なので、家事のやり忘れがあっても「ま、いっか」で済みますが、一つだけどうしてもやり忘れたくないのが、ごみ捨てです。とにかくグチャグチャの我が家ですが、ごみ袋が溜まるのは本当に耐えられません。だから、これまでに3回ごみを出し忘れたことがありますが、その時は1日中引きずっていましたね。毎日の家事リストを作ることで、こういった家事のやり忘れを防ぐことができます。

 

効率よく動くことが出来る

毎日の家事リストを作ることで、効率よく家事をこなすことができます。あれもこれもと、一日中家事のことを考えながら生活するよりも、「今日やること」が目に見えてわかっていれば、メリハリつけて動くことができますし、自分の時間を作り出すこともできますよ。

 

毎日の家事リストの作り方
家事をとりあえず全部挙げる

毎日頑張っている家事ですが、挙げてみるとものすごくたくさんあります。というのもすごく細かく言えば、ごみ箱の中のごみを回収するとか、トイレットペーパーを代えたりするといったことも家事は家事なんですよね。我が家はまず夫がこういった細かい家事を全くしないので、全部私が家事をしているということになります。ちょっと自分をほめてあげたくなりますね。とりあえず、リスト化するためにまずは家事を全部書き出しましょう。

 

家事を振り分ける

毎日やりたい家事と、定期的にやりたい家事を振り分けます。洗濯・掃除機かけ・食器洗い、トイレ掃除、お風呂掃除、ごみ出し、買い物、なんでもいいです。ここで細かく分けたい方は、細かく分けてもいいですよ。

 

ホワイトボードで目に見えるリストを作成

テプラを使ってもいいですし、手書きでもいいので、100円均一で購入できるマグネットシートを適当な大きさにカットして、毎日の家事を一つずつ書いていきます。定期的にやりたい家事は、別の色のマグネットシートを適当な大きさにカットして、一つずつ書いていきましょう。あとは、100円均一で購入できるホワイトボードに貼って、毎日の家事リストを作成します。お気に入りのシールやマスキングテープなどでデコったりすると、すごくテンションもあがりますよ。

 

目に付くところに貼っておく

毎日の家事リストは、目に付くところに貼っておかないと意味がありません。作った時には覚えていても、忘れます。それくらい、主婦は忙しいですよね。定期的にやりたい家事は、前日の寝る前か当日の朝、毎日の家事リストにプラスして、その日の家事リストを作っておきましょう。これで、家事のやり忘れを防ぐことができますし、時間を上手に使うことができます。

 

まとめ

毎日の家事をリスト化すると、意外に面白いです。どうすれば家事を効率よくこなすことが出来るかも見えてくるので、家事が苦手だなと思っておられる方は、ぜひ試してみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加