子どもの食べ物の好き嫌い、どうしたらいい?

子どもの食べ物の好き嫌い、どうしたらいい?

この記事では、子どもの食べ物の好き嫌いとどう向き合ったらいいかについて、一緒に考えていきたいと思います。子どもの食べ物の好き嫌いにお困りの方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

子どもは食べ物の好き嫌いが多い

我が家もそうですが、子どもは食べ物の好き嫌いが多いです。だから、なんでも好き嫌いなく食べる子というのは、本当にすごいなと感心してしまいますね。ですが、自分自身を思い出しても、子どもの頃は好き嫌いがありましたし、今でもセロリは嫌いで一切食べません。ある程度は仕方がないのかなという気もします。子どもの食べ物の好き嫌いの原因はどんなものがあるのでしょうか?

 

見た目が変

子どもは初めて見る食べ物や料理に対して、「これ何?」といぶかしげに聞いてきます。「どんな味?」「美味しくなさそう」「変な色」など、ネガティブなコメントも多いように思いますね。それだけ子どもは初めての食べ物に対しての警戒は強いです。

 

味が嫌い

好みの味でなければ、子どもは食べ物を食べません。苦い味や酸っぱい味が嫌いという子も多いのではないでしょうか。

 

食感が嫌い

食べ物の食感が気持ち悪くて、特定の食べ物を「嫌い」に結びつけることもあります。我が家の次女は特にこの食感が気になるらしく、「ブヨブヨしてて気持ち悪いから嫌い」とよく言います。

 

トラウマ

過去に食べたものがきっかけで、吐いたり気持ち悪くなったりしたことがあったりすると、子どもは同じことがまた起こるのではないかと不安になり、食べようとしません。

 

好き嫌いへの対策は?
色んな食材を口にする機会を作る

子どもの場合は、“食わず嫌い”が多いです。「見た目が変」とか「兄弟が食べないといったから自分も食べない」といった風に、初めて食べるものに対して、なかなか手を付けないということも多いのではないでしょうか。

 

美味しそうに大人が食べて見せる

子どもは大人のまねをしたがりますし、大人が美味しそうに食べていれば、それを見て食べてみようという気持ちになるかもしれませんよ。給食も周りの子どもが美味しそうに食べていると、つられて食べたりするので、家でもぜひ家族で食事をとること、そして大人が美味しそうに食べて見せることを実践してみてはいかがでしょうか。

 

一緒に調理してみる

子どもの好き嫌いを改善する方法として、一緒に調理をしてみてはいかがでしょうか。自分の作ったものならば抵抗なく口にすることが出来るかもしれませんよ。また、嫌いな野菜を育てて収穫して調理するという工程もおすすめです。食育につながりますし、子どもも親しみを持って口にすることができます。

 

無理やり食べさせたり、怒ったりしない

親の立場からすると、何とか子どもに好き嫌いなく食べ物を食べて欲しいという気持ちから、つい無理やり食べさせようとしたり、怒ったりしてしまいがちです。でも、子どもにとってそれは苦痛でしかなく、食事の時間を嫌いになってしまうかもしれませんし、余計に好き嫌いが激しくなってしまうかもしれませんよ。

 

見た目や食べやすさを工夫

可愛く型抜きしたり、色とりどりに盛り付けたりして、見た目に工夫をすると、子どもは手を付けやすくなるかもしれません。我が家も可愛いピックを100円均一で購入して、食べ物を刺して可愛く盛り付けて食卓に出したら、普段食べないのにその時は食べるということがよくあります。

 

また、小さな器に食べきれるだけ盛り付けるとか、お気に入りの食器に盛り付けるというのもいいのではないでしょうか。苦みのある野菜は切り方を工夫するとか、甘みを引き出して調理をするといった工夫もしてみてくださいね。

 

子どもの食べ物の好き嫌いは、ある程度は仕方がない

子どもの食べ物の好き嫌いはある程度仕方がありません。でも大人になったら味覚が変わって、嫌いだったものを食べられるようになるということもよくある話です。私も子どもの頃は一切食べなかったナスを食べられるようになりました。子どもが保育園や小学校へ通うようになり、給食が始まると、色んな食べ物や味付けを口にするようになるので、自然と好き嫌いが改善されるようになりますよ。

 

我が家の長女も、小学生になるまでは好き嫌いが激しくて、決まったものしか食べられませんでしたが、小学校へ入学して給食がスタートすると、食べられるものが増えました。嫌いなものでも食べられるようになったというだけで、好き嫌いがなくなったというわけではないようですが、それでも今は十分です。

 

小学校へ入学した三女は、長女よりも好き嫌いが激しい子なのですが、「給食まずい」と毎日言っています。でも頑張って食べようとしているようです。周りのお友達が食べていると、それにつられて食べるようですね。だから、子どもの好き嫌いの克服は、あんまり根を詰めすぎずゆったりした気持ちで見守りましょう。

 

まとめ

子どもの好き嫌いは、ある程度は仕方がありません。子どもの成長や給食の開始によって、ある程度は食べられるものも増えてきますし、自宅で意識して出来ることもあるので、少しずつ子どものペースに合わせて見守りましょう。