育児中の騒音トラブルはどう解決すればいい?

育児中の騒音トラブルはどう解決すればいい?

この記事では、育児中の騒音トラブルを防ぐには、どうしたらいいのかについて、一緒に考えていきたいと思います。育児中、ご近所から騒音の苦情を言われて困っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

育児中の騒音トラブルは多い

育児中、騒音トラブルは多いです。私も子供がいない時には、仕事の夜勤前にあまりに近所の子供がうるさくて寝られない時はイライラしたこともあります。でも、実際に育児をするようになると、「子供から仕方がないじゃない」と思ってしまうところもあるんですよね。

 

  • 子供の足音がうるさいと言われる
  • 子供の泣き声や遊ぶ声がうるさいと言われる

 

よく聞く子育て中の騒音トラブルは、上記の2つではないでしょうか。戸建てでも窓を全開にして子供の声が響き渡りうるさいとなることもありますが、特に集合住宅で部屋を借りたり、マンションを購入したりするとき、両隣や上下の部屋から苦情があるというケースが非常に多いです。

 

騒音トラブルを防ぐためには?
子育て世代の多い場所で育児をする

子育て世代の多い場所で家を建てたり、マンションを購入したり、部屋を借りたりすると騒音トラブルに見舞われることが少なくなります。育児中の家庭が多ければ、お互い様という気持ちで過ごすことができます。

 

壁の厚い部屋、防音性の高い部屋か確認して部屋を借りる

部屋を借りるか、マンションを購入する場合は、事前に防音性に関して確認してから購入したり借りたりするようにするのがおすすめです。

 

1階の部屋を借りる

子供の足音が気になるという場合は部屋を借りるのに、1階の部屋を選ぶといいのではないでしょうか。私の友人も、子供がまだ小さいことから1階の部屋を借りたと言っていました。階段の上り下りもないですし、下の階へ音が響くことも心配しなくていいので、防犯性の高い地域であれば1階を考えてみてはいかがでしょう。

 

遮音マットや遮音シートの活用

防音対策として、遮音マットや遮音シートがありますので、部屋の壁に遮音シートを貼ったり、床に遮音マットを敷いたりして対策するのも一つの騒音対策です。フローリングは下に音がとても響くので、遮音マットではなくてもカーペットや吸音マットを敷くと違いますよ。

 

事前にご近所に挨拶をしておく

子供が生まれたり引っ越したりした際に、近所へ「小さな子供がいますので、うるさくすることもあるかと思います。」といった挨拶をしておくと、周りからもちょっとは大目にみてもらえます。我が家も、お隣さんに会うと「いつも子供がうるさくしてすみません」と声をかけるようにしていますが、「子供の声が聞こえて懐かしい」と言ってもらえて毎回ホッとしています。「子供はうるさくて当たり前」とこちらが大きな態度でいると、周りも嫌な気持ちになったりイライラしたりしてしまいます。親しき中にも礼儀ありです。

 

友達が来たら窓は閉める

我が家は両隣と裏の家が非常に近いです。ですが小学生の子供の友達が毎日のように遊びに来て、ものすごくうるさくなってしまうので、子供がきたら窓を閉めるようにしています。特に梅雨から夏にかけては、真夏でもないのに窓を開けずにエアコンをかけるのはもったいないなと思いますが、ご近所にご迷惑をおかけしてしまうと、今後住みにくくなってしまうので仕方がないと割り切っていますね。

 

まとめ

育児中の騒音トラブルは結構よく聞きます。「子供が小さいんだから仕方がない」と思って、聞き入れずにけんか腰に対応してしまうと、後々ご近所づきあいに困ってしまうことにもなりかねません。日頃から「うるさくして申し訳ない」という気持ちを伝えたり、遮音対策をしたりしながら、ご近所と上手に付き合っていけるといいですね。