教えて!休日の主婦の節約手抜きお昼ごはんのコツ!

教えて!休日の主婦の節約手抜きお昼ごはんのコツ!

この記事では、休日の主婦の節約手抜きお昼ごはんのコツについてお話します。休日のお昼ごはんづくりが苦痛で仕方がないという方は多いかと思いますし、実際休日は3食用意しなければと思うだけで疲れてしまいますよね。少しでも手抜きが出来るよう、コツを抑えてみてください。

 

主婦にとってお昼ごはんは面倒くさいけど節約できるチャンス!

平日、夫や子供たちが会社や学校へ行っていれば、主婦である自分だけのお昼ごはんなんてふりかけご飯で済ませてしまいますが、休日や長期休みとなるとお昼も作らなければならないので、主婦にとっては苦行です。もちろん、食事を作るのが好きという方にとってはいいですが、なかなか3食楽しく作るのって難しいですよね。正直面倒くさいです。

 

しかも、お昼ごはんを作るということは、1食増えるわけですから、経済的にも負担となってしまいますよね。我が家も長女が高学年になってものすごくたくさん食べるようになったので、食費が一気に増えた気がしますよ。

 

お昼ごはんくらいは手抜きをしたいからと、テイクアウトやデリバリーでいいかと思ったら、結構なお金がかかってしまいます。そこで、お昼ごはんの手抜きメニューを考えてみましょう。手抜きしながら節約出来れば一石二鳥です!

 

主婦の手抜き節約お昼ごはんのコツ!

自分一人の時は、余ったご飯で十分ですが、子供や旦那さんが休みの時や長期休みの時は、お金を遣いすぎないよう節約しながら簡単にお昼ごはんを作れるように工夫をしましょう。

 

簡単なメニューを考える

必ずこのメニューを作らなければならないということは考えず、とりあえずのメニューを考えます。簡単に作れるものをメインに考えていきましょう。あとは買い物に行ったときに、メニューを参考に安い食材を購入しておきます。

 

  • 麺類(そうめん・パスタ・うどん・そば・焼きそば・冷やし中華など)
  • 丼ぶり(親子丼・牛丼・豚丼・三食丼など)
  • カレー
  • ピザ
  • サンドウィッチ
  • チャーハン
  • オムライス

 

上記はほんの一例ですが、簡単に出来るものや思いつくものなど色々書き出してみましょう。買い出しの時も作る時にも、メニュー一覧を見れば困りません。

 

安い時に冷凍食品を蓄える

冷凍食品が安い時に買っておくと、すごく重宝します。冷凍コロッケや唐揚げがあれば、何もない時でもご飯だけ炊くとキャベツやレタスをご飯の上にのせて、コロッケや唐揚げを乗せるだけで簡単にどんぶりが出来ちゃいます。また、ご飯がなければ、食パンに挟むとボリュームたっぷりのサンドウィッチの完成です。

 

冷蔵庫の中の物を片付ける

前日の夕ご飯で残ったおかずや、作り置きしてあるものをリメイクして使い切りましょう。おすすめなのが、オムレツにして卵に包んでしまうと、立派な新しいおかずになって食卓が華やぎます。

 

麺類のストックをしておく

麺類はお昼ごはんに重宝しますが、あっという間になくなってしまいます。いつでも食べられるようにストックしておくといいですよ。特に長期休みの時はとても役立ちます。

 

冷凍ご飯をストック

ご飯を炊くときに、あらかじめ多めに炊いて冷凍ご飯としてストックしておくと、いざお昼ごはんを作ろうと思った時に、肝心のご飯がないということを防ぐことが出来ます。我が家も意識して冷凍ご飯をストックするようにしていますよ。お昼ごはんのメニューに困ったら、チャーハンやオムライスを作ることがよくありますが、冷凍庫にご飯があると炊けるのを待つ必要がないのでらくちんです。

 

時にはイベントとして捉えて!

たこ焼きやお好み焼き、焼きそばなど鉄板で作るものに関しては、イベント的な感じで、家族でワイワイ楽しみながら作ることが出来ます。ただし、これに関してはお母さんのやる気がある時でないとしんどいです。今日は1日何も予定がないという時などがおすすめです。我が家も子供たちが小学生になったので、自分たちで焼きそばの具材を切ったり炒めたりすることが出来るようになりました。

 

片付けは面倒くさいですが、それでも作らなくていいというのは精神的に楽に感じます。サンドウィッチやピザなども具材だけ揃えてあとは自分たちで作ってもらえばらくちんですよ。特に家族の人数が多かったり、子供がたくさん食べたりする場合は、買った方が手間はかかりませんが、作った方が節約にはなります。

 

まとめ

主婦にとって休日のお昼ごはんは面倒ですが、外食をするとお金がかかってしまいます。出来るだけ手抜きで節約できるよう工夫してみてくださいね!外食するよりもレトルトや冷凍食品の方が安かったりしますので、毎回外食ではなく時々はお昼ご飯も作ってみてはいかがでしょうか。