育児は一軒家とマンション、どちらがおすすめ?

育児は一軒家とマンション、どちらがおすすめ?

この記事では、育児中は一軒家とマンションどちらがおすすめかについて、お話します。育児中に引っ越しを考えているけれど、一軒家とマンションのどちらにしたらいいか分からないという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

育児は一軒家と、マンションどちらがおすすめ?

育児をするにあたって、一軒家とマンションどちらがいいのか迷ってしまいますよね。私自身は一軒家で育ったので、マンションで暮らすというのがイマイチイメージできませんが、周りの友人は結構マンションを選ぶ人も多いです。育児で一軒家とマンションのどちらがいいのかはっきりさせることは難しいですが、どちらがいいのかそれぞれ、メリットとデメリットを見ていきましょう。

 

一軒家のメリット・デメリット
メリット
  • 騒音を気にせずのびのび育児ができる
  • 修繕積立金や管理費といった月々の支払いがない
  • 隣近所と関係を築きやすい
  • 家を建てる場合は、育児しやすく生活動線を考えた部屋づくりができる

 

一軒家の場合は、マンションとちがって隣近所と壁一枚でつながっているわけではありません。ですから、騒音を気にする必要もあまりないですね。ただし、育児をしていると外で遊ぶ子どもの声に対して苦情を言われることもあるので、一概に全く騒音を気にする必要がないというわけではありません。

 

また、一軒家に住んでいると隣近所との付き合いが発生することが多いため、面倒に感じることもありますが、何か災害があった時などは助け合うことが出来るので心強いです。育児をする環境としても、周りに大人の目があったり、世代間の交流が出来たりといった面では子供にとっていいかもしれませんよ。

 

デメリット
  • 建物の維持費にまとまったお金が必要となることがある
  • 防犯の面で、家庭によって差がある

 

一軒家はマンションのように修繕積立金というのがなく、自分でためておかなければなりません。ですから、いざ修理が必要になった時、蓄えがなければ修理が出来ずどんどん建物が劣化してしまうということにもなりかねません。子どもが小さいうちはいいですが、子どもの進学の時にそういった修繕費が重なると経済的にしんどいかもしれませんね。

 

また、防犯の面では家庭によって鍵の性能に違いがあったり、窓から泥棒が侵入したりすることも気にかけなければならないので、防犯対策をしっかりしなくてはなりません。

 

マンションのメリット・デメリット
メリット
  • マンションによってはファミリー層が多い
  • 防犯がしっかりしている
  • 共有スペースがある場合は、そこで子どもを遊ばせたり出来る

 

マンションによっては、マンションに入る際にオートロックを解除したり、例え不審者が入ってきても管理員が在中しているので通報してもらえたり、防犯対策がしっかりしているところが多いです。子供が一人で帰宅する際にも、怪しい人から身を守ることを考ええると、マンションの防犯対策がしっかりしている方がいいですね。また、ファミリー層が多く利用するマンションの場合は、同じように育児をしている家族も多いので、子どもの遊び相手に困らないことが多いです。

 

デメリット
  • 騒音トラブルに巻き込まれやすい
  • 管理費や修繕積立金がかかる

 

マンションは上下両隣に部屋がくっついているため、古いマンションだと子どもの飛び跳ねる振動が、下の階の部屋に伝わってしまったり、子どもの大きな声や泣き声が両隣や上下階の部屋に伝わってしまったりすることで、苦情を言われてしまうことがあります。引っ越しの挨拶をする際に、「小さな子どもがいるのでうるさくすることもあるかと思います」とあいさつをしておいたり、時々「いつもうるさくして申し訳ないです」ということを伝えたりしておくと、相手に与える印象も変わってきます。

 

また、管理費や修繕積立金は、何かあった時に管理費や修繕積立金から支払われたりするので、そのためのお金を積み立てていると思えば、メリットにもなりますよ。育児にお金がたくさんかかる時期でも、安心してマンションの修繕をすることができます。

 

まとめ

育児中、一軒家にするかマンションにするかは、それぞれメリット・デメリットがありますので、住もうとしている地域によってどちらを選ぶかにしてもいいかもしれません。また、賃貸やマイホームによっても違ってきますので、よく夫婦で話し合っていいお家を見つけられるといいですね!