黄身を子供が食べない!子育てでおすすめの卵料理を教えて!

黄身を子供が食べない!子育てでおすすめの卵料理を教えて!

この記事では、子育てでおすすめの卵料理について、お話します。栄養価の高い卵を使った料理をいろいろ作ってみたいと思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

子育てでおすすめの卵料理が知りたい

卵は栄養価が高く、昔から滋養強壮に良い食材として重宝されてきました。子育て中も、子供の栄養バランスを考えて、卵を食べさせたいという親御さんは多いのではないでしょうか。ですが、ゆで卵や目玉焼きにしても、子供が白身しか食べず黄身を食べてくれないというケースは非常に多いです。実際、我が家の子供たちもいまだに黄身を食べなかったり、食べるのを嫌がります。でも、卵料理となると他にレパートリーがないという人は多いのではないでしょうか。子育て中の子供が食べてくれるおすすめの卵料理、ぜひ知りたいですよね。

 

どんな卵料理がおすすめ?
チーズたっぷりスクランブルエッグ(いり卵)

スクランブルエッグやいり卵にすると、確かに黄身は混ざりますが、ボロボロして食べさせにくいという難点があります。ですが、とろけるチーズを加えてスクランブルエッグやいり卵にすると、とろけるチーズが溶けてくっつけてくれるため、子供でも食べやすくなりますよ。我が家の子どもたちも、卵焼き以外に洋風としてチーズたっぷりいり卵にすると、ケチャップをつけて喜んで食べてくれます。

 

レンジで簡単に茶わん蒸し

茶わん蒸しと聞くと、作るのがとても手間がかかって難しそうに感じてしまいますが、簡単にレンジで作れちゃいます。卵1個に対して、大匙1の白だし、150mlの水を加えてよく混ぜたら、ザルで濾します。耐熱性のあるどんぶりやカップにあらかじめサッと火を通した好きな具材を入れて、作った液を加えて軽くラップをしたら、200Wの電子レンジで7分くらい加熱してみてください。あとは固まるまで時間を調節して様子をみてくださいね。ゆでたうどんを加えると、豪華なメニューになりますので、良かったら試してみてください。

 

卵とじ

お好みの食材に濃いめの味付けをして、よく溶いた卵でとじて煮ると、マイルドで美味しくなります。肉じゃがを卵とじにしてもとってもおいしいですよ。

 

卵サンド

ゆで卵をよくつぶして、マヨネーズと塩コショウ、少しお酢を加えてよく混ぜたら、食パンやロールパンにはさむだけで簡単に卵サンドが出来ちゃいます。手でつかんで食べられるので、子育ての中で幼児期の子供も食べやすいですよ。

 

卵アレルギーには注意

卵料理を作る上で注意したいのが、子供の卵アレルギーの有無です。離乳食の時期に、子供に卵を少量与えてみて、湿疹などの異変が現れたら卵を与えるのをやめて受診して診断を受ける子は結構多いのではないでしょうか。また、これまで何ともなかったのに、幼児期や学童期に突然卵アレルギーの症状が出たというケースも多いです。事前に卵アレルギーが無いかどうか、卵を食べさせても大丈夫かどうか注意して与えるようにしてみてくださいね。

 

まとめ

子育て中、黄身を食べない子どもは多いですが、卵料理は色んなレシピがあります。お汁に加えてかきたま汁にするなど簡単に楽しめますので、ぜひ色んな卵料理に使ってみてくださいね!