子供が作ったご飯を食べてくれない!どうしたらいい?

子供が作ったご飯を食べてくれない!どうしたらいい?

この記事では、子供が作ったご飯を食べてくれない時、どうしたらいいのかについて、一緒に考えてみましょう。せっかく作ったご飯を子供が食べてくれないと、すごくモヤモヤしますし悲しい気持ちになってしまいますよね。

 

子供が作ったご飯を食べてくれない!

子供が作ったご飯を食べてくれないと悩む方は、とても多いです。私もまさにそうです。小学生になった今でも、私が作ったご飯を食べてくれないことがあるため、モヤモヤします。では、どうして作ったご飯を食べてくれないのでしょうか?

 

  • お腹が空いていない
  • 苦手な食べ物が入っている
  • 食べたことのないものが入っている
  • 自分の好きなものしか食べたくない
  • 味が好きではない
  • 盛り付けてある量が多い

 

上記は一例ですが、小さな子どもは、ちょっとした理由でご飯を食べてくれないことが多いです。

 

どうしたらいい?
間食の時間や内容を見直す

お腹が空いていないというのであれば、間食の時間や内容を見直したり、体を動かしてお腹が空いた時間に食事をとれるよう働きかけてみましょう。

 

食事の内容を見直す

嫌いな食べ物を好きなものに混ぜて食べやすくしたり、食べきれる量だけを盛り付けたりすることで、子供が少しでも苦手意識を減らせるようにしてみましょう。一つでも食べきれると、子供もそれが自信につながり、次また食べる意欲につながりますよ。

 

子供が楽しく食事できる環境づくり

どうしても子供が自分の作ったご飯を食べてくれないとなると、「どうして食べてくれないの」とか「食べなさい」と厳しい口調になってしまいがちですが、特に幼児期は子供が食事を楽しいと思いながら食卓を囲むというのが大事な時期です。ですから、食べてくれないことに対してモヤモヤする気持ちは分かりますが、あまり追いつめないようにしましょう。

 

そのためには、一緒に食事をとるというのも重要です。子供が食わず嫌いだったり苦手だなと思ったりするものでも、親が食べてみせると食べるかもしれません。食べられたら、思い切りほめてあげるのも忘れないようにしましょうね。

 

成長とともに食べるようになる

我が家は特に、三女に食わず嫌いが多いため、私の作ったご飯は自分の好きなものがなければ手を付けないし、口にしても「オエー」とまずいアピールをして食べなかったりすることがよくあります。本当に腹が立ちますが、実は上の子二人もよくありました。上の子二人は給食で色んなものを口にするようになったせいか、私の作ったものもしっかり食べるようになったので、やっぱり成長も大きく関連してくるんだろうなと思いますね。

 

成長とともに色んなものを口にするようになりますし、少しずつ食べてくれるようになりますので、そこまで気にしすぎる必要はないのかもしれませんよ。我が家の三女も食べてくれるようになるかなと、期待しておきます。

 

まとめ

子供が自分の作ったご飯を食べてくれないと、本当に悲しいですしモヤモヤした気持ちになります。悲しいですが特に幼児期は、子供が楽しく食事をとれるという環境を意識しつつ、子供が楽しくご飯を食べられるような食事の工夫をしてみてくださいね。