嫌いな家事が憂鬱!どうこなしたらいい?

嫌いな家事が憂鬱!どうこなしたらいい?

この記事では、嫌いな家事をどうこなすのかについて、お話します。家事は毎日のことなので、嫌いな家事があると本当に憂鬱ですよね。嫌いな家事に対して、もう少し前向きに取り組みたいと思っている方は、良かったら参考にしてみてください。

 

嫌いな家事をするのが毎日憂鬱

私自身、家事が大好きというわけではないので、毎日家事を無難にこなすだけで精一杯です。でも特に嫌いな家事は、後回しにしたくなりますし、気が付いたら次の朝までそのまま放置ということもよくありますよ。ちなみに、私は洗濯物をたたんでしまうことと、食器を洗うってしまうのが嫌いです。要は、後片付けをするのが苦手なんですよね。

 

ですから取り込んだ洗濯物が籠の中に入ったままとか、シンクがいつも大渋滞しているということもしょっちゅうです。そして、朝そのままの状態の取り込んだ洗濯物の籠を見るのも、大渋滞のシンクを見るのもかなりのストレスです。

 

どうすれば前向きになれる?

結構最近まで、洗濯物をたたんでしまうのと、シンクの食器を洗って片づけるというのはすごく嫌いで放置するのが多かったですが、最近はちょっと改善しつつあります。

 

好きな音楽やアニメを見ながらする

私はアニメを見るのが好きなので、洗濯物をたたんだり、洗い物をしたり時にスマホでアニメを見ながら作業をするようになったら、そんなに嫌ではなくなりました。特にたたんだり、洗ったりするところまでは嫌だなとストレスを感じることがなくなりましたよ。でも、しまうときはやっぱりめんどうですね。

 

これが終わったらご褒美

たたんだ洗濯物や洗った食器を片付けるのが面倒な時は、これが終わったらご褒美を決めてから動くようにしています。この作業が終わったらコーヒーを飲もうとか、ビールを飲もうというご褒美があったら頑張れます。毎日のことなので、そういったご褒美を自分に与える作戦って結構おすすめですよ!良かったら試してみてくださいね。

 

家事を夫と分担

家事は女性だけがするものではありません。夫と分担するのが理想です。ですから、嫌いな家事があるのであれば、夫にこの家事をしてほしいとお願いしてみてはいかがでしょうか?

 

しんどい時は手を抜いて

嫌いな家事でも頑張ってしなければと自分を奮い立たせる方は多いかと思いますが、しんどい時には適度に手を抜きましょう。家事は毎日のことなので、終わりもないですが、だからこそ適度に手を抜かないとしんどいですよ。嫌いな家事はしなくてもいいとまでは言いませんが、夫と家事を分担するなど、工夫してみてくださいね。

 

まとめ

嫌いな家事はやりたくないしつい後回しになってしまうという気持ちはよくわかります。毎日のことですし、終わりがない家事だからこそ、手を抜き楽しみながらできるよう自分にあった方法を見つけてみてくださいね。夫と分担するというのもおすすめですよ。