子どもにキラキラネーム、つける?つけない?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子どもにキラキラネーム、つける?つけない?

この記事では、子どもにキラキラネームをつけるというのはどういうことかについてお話します。子どもの名前を考えている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

キラキラネームって何?

数年前からよく話題に上る“キラキラネーム”って、どんな名前を指すのかご存じですか?“キラキラネーム”と聞くと、一見キラキラした希望に詰まった素敵な名前のイメージが強いですよね。確かに、親御さんが一生懸命子どものことを思って希望に満ちた名前を付けていることに違いはありません。でも、キラキラネームは“きらびやかな珍名”と捉えられることが多いんです。

 

  • 黄熊(ぷう)
  • 美気意(みっきー)
  • 赤斗(れっど)
  • 泡姫(ありえる)
  • 舞曲(まいめろ)

 

以上はほんの一部ですが、確かにキラキラした名前ですね。自分の好きなキャラクターだったり、英語の名前に漢字をあてたり自由な感じで名づけられています。これからの時代はこういった名前が多くなるのかなという気もしますが、やっぱり珍しいし日本の人名としてなかなか受け入れられにくい名前でもあるんです。

 

キラキラネームのデメリット

(1)名前の漢字を見ても読めない
親が特別な気持ちを込めてつけたキラキラネームでも、人から読み方が分からないと言われる場合が多いです。我が家もキラキラネームではありませんが、次女の名前は漢字が当て字のような形になってしまい、人から読んでもらえないのでちょっと可愛そうです。せっかく親が名付けてくれた名前でも、人から読んでもらえないとなると悲しいですね。

 

(2)からかわれることがある
親が特別な気持ちでつけたキラキラネームでも、子どもは容赦ないので平気で面白いと思ったことに対してからかってきます。また、子どもだけでなく大人も好奇の目で見てくることがあるので、ちょっと子供が嫌な気持ちになるかもしれませんね。

 

(3)子ども自身が嫌がる
小さい頃はなんとも思っていなかった自分の名前が、大きくなるにつれて恥ずかしく感じたり、自分の人生を狂わせていると思ってしまうことさえあります。少し前に“王子様”という名前を付けられて育った高校生が、大学入学を前に裁判所に改名を申し出て認められたということが、話題になりました。親は特別な思いで名づけましたが、本人は恥ずかしさやみじめな思いをしてきたという気持ちがあったようです。子ども自身が自分のキラキラネームを、苦痛に感じるというケースもあるんですよ。

 

(4)就職で不利なことがある
これから先は分かりませんが、今現在の会社の中には、就職活動でキラキラネームの子は落されるということが実際あるようです。名前だけで子どもがどんな子か勝手に偏見を持たれて落されるなんて、悲しすぎませんか?悔しいですよね。でも、今の時代の中で本当にある話なんです。

 

キラキラネームをつける前に考えよう

大事な子どもに、他にないようなとびきりスペシャルな名前を付けてあげたいという気持ちは良くわかります。でも子どもが生きていく上で、自分の名前で苦労するようなことになるのは嫌ですよね?だから、名前を付ける時にぜひ「人に読んでもらえる名前か」「子どもが恥ずかしいと感じるような名前ではないか」ということを考えてみてください。

 

キラキラネームを付けること自体、常識を外れた名前を付けなければ、悪いことではないと思います。ただ、子どもが大きくなった時名前で悩んだり、苦労することがないのか、そこだけしっかり考えてキラキラネームをつけるかどうか考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

長女と次女が小学生になり、入学式の時に名前の名簿をもらうのですが、名前の漢字をどう読んだらいいのか分からないお子さんはたくさんいます。実際、次女も名前の漢字は一度で読んでもらえませんが、名前自体は昔からある名前なので親は“キラキラネーム”とは思っていません。キラキラネームをつけている親御さんも、同じように我が子の名前がキラキラネームだとは思っていないのかもしれませんね。

 

それでも、まずは自分たちで考えた名前が子どもの人生を苦労させることがないかどうか、周りの人に聞いてみてからつけるというのも一つの方法です。お子さんに素敵な名前をつけてあげられるといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加