自然派育児っていいの?悪いの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

自然派育児っていいの?悪いの?

この記事では、自然派育児についてお話します。自然派育児が気になるけれど、本当にいいのか悪いのか気になるという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

自然派育児って何?

自然派育児とは、昔ながらの育児を取り入れて、子どもを自然に育てるという方法です。ピンとこない方もいるかもしれませんが、子どもにとっていいことをしてあげたいという気持ちから、自然派育児を取り入れる方は多いです。

 

(1)食品添加物を与えない
私の周りにも多いですし、私の母も食品添加物を与えないという育児を私たちにしてきました。今では孫たちにまでうるさくはいいませんが、私が小さい頃はしょっちゅう「食品添加物が入っているようなものは買わない」と言っては、お菓子はおせんべいとかおにぎりでした。コンビニのお弁当やカップラーメン、ジャンクフードも、小さい頃は食べたことがありませんでしたね。

 

自然派育児を推奨するお母さんは、子どもの体にとってよくないものを食べさせたくないと、無農薬の野菜を選んだり、食品添加物を口にしないよう気を付けている方はとても多いです。砂糖や牛乳はよくないということで、子どもに与えないという方もいますよ。

 

(2)スマホやゲーム機は与えない
お母さんの中には、子どもに動画を見せたくないので、タブレットやスマホは見せないとか、ゲーム機も与えないという人は結構多いです。昔は子どもは外で遊ぶのが主流でしたし、子どもにとっていい影響がないと判断する気持ちも分かります。

 

自然派育児のお母さんの中には、徹底してこうしたスマホやタブレット、ゲーム機を遮断して遊ばせないという人がいたりしますね。テレビを見せないという方もいますよ。私は自分自身がテレビっ子だったので、乳児期の子育てからテレビが付いていることがほとんどでした。もう少し、静かな環境で育ててもよかったかと、反省している部分ではあります。

 

(3)自然治癒
私も子どもの病気に関しては、自然治癒に一票なのですが、時と場合によります。今は乳児医療費がかからないということもあって、気軽に小児科を受診出来ますが、我が家の場合子どもたちのかかりつけのお医者さんが「なんでもかんでも薬を飲ませない」「子どもの自然治癒力を基礎に治療をする」という方針です。私たち親もそれに納得しているからこそです。

 

もちろん、症状によっては抗生物質を処方してもらったりもしますが、基本的には薬は必要な時だけですね。自然派育児にこだわる親御さんの中には、自然免疫獲得がよしということで、子どもに予防接種を受けさせないという人や、人工的に作られた薬を飲ませたくないと拒む人もいたりします。

 

(4)服の素材にこだわる
最近はデザイン性に富んだ子ども服が沢山ありますが、自然派育児にこだわる方の中には、「子どもにはオーガニックコットンの服しか着せない」という人がけっこういます。また、人工的に作られた紙おむつよりも、布おむつを使いたいという親御さんも多いのではないでしょうか。

 

服は子どもの肌に触れるものですし、実際肌が弱い子どもの場合は肌に優しい服でなければ肌が荒れてしまったりする場合もあります。服の素材として自然なものにこだわりたいという方の気持ちもわかりますね。

 

自然派育児はいい?悪い?

自然派育児は、いい面もあれば悪い面もあります。人工的なものから子どもを遠ざけて育てることで、子どもは健康に育ったり、色んなことに興味を持ち集中力を高めることの出来たりします。ただ、自然派育児もやり過ぎるとよくありません。あまりに子どもから人工的なものを排除することにこだわり過ぎると、子どもはそれがストレスになってしまうことが考えられます。

 

また、お母さん自身もどんどん追い詰められてしまったり、神経質でイライラしてしまうことにもなりかねませんよ。自然派育児に対して否定的な人もいれば、子どものことを考えると出来るだけ自然派育児を取り入れたいという人もいます。どちらも“自分が子どもにとっていいと思える育児”なので、自然派育児を否定したり自然派育児を押しつけるなんてことはできません。

 

でも客観的に子どもをみて、本当に子どものためになっているのか立ち止まって考えることは、とても重要なことではないでしょうか。私自身は自然派育児全てを実践できるかと言われると、答えは“NO”です。私自身の性格から、徹底的に突き詰めて自然派育児を取り入れるということが続かないですね。でも、いいなと思うことは取り入れてみたいなと思いますよ。

 

子どもの体にいいものをと思って、添加物のないものや国産の食材を選んだり、そういった自分にできそうなことはやっています。でも予防接種は子どもがかかってしまった時、万が一のことがあるかもしれませんし、後悔するのは嫌なので絶対に受けています。誰のためでもない、子どものための育児ですし、よく考えて自然派育児の善し悪しを考えてみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

自然派育児に興味のある方は、やり過ぎはお母さんにも子どもにも負担になってしまうかもしれませんが、子どもにとって本当に何が必要なのか、子どもと向き合いながら取り入れてみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加