義父母と同居で子育てを上手に行うには

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

義父母と同居で子育てを上手に行うには

この記事では、義父母と同居で子育てを上手に行うにはどうしたらいいかについてお話します。これから義父母と同居をする方、義父母と同居していて悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

同居で子育てをするストレス

(1)子育てに口出しをされる
子育て中に義両親との同居でストレスに感じることの一番は、“子育てに口出しをされる”ことではないでしょうか。義両親は自分の子育てしていた経験を役に立ててもらいたくて、つい口出ししてしまいますが、昔の子育てが今の時代に当てはまるというわけではありません。

 

また、昔は当然だったことが、今の時代ではやってはいけないことだったりするわけです。それを義父母にうまく伝えられず、自分の知識や経験をどんどん押し付けてこられても、ものすごくストレスですよね。

 

(2)子どもを取られる気持ちになる
特に1人目の子育ての場合は、可愛がってくれる義父母に対して、子どもを取られるじゃないかという不安を抱えるお母さんは非常に多いです。別居している私でもそう思ったことがありますし、私の友人にも「赤ちゃんが義父母になついて取られてしまうんじゃないかという不安でいっぱい」という子は結構いました。

 

産後はホルモンバランスの乱れが激しく、それくらい気持ちが不安定な状況なので、同居で義父母の赤ちゃんへの関りがストレスになるという人はとても多いのではないでしょうか。

 

(3)話を聞いてくれない
子どもにおもちゃや甘いものを与えないでほしいのに、こっそり買い与えたりされると、非常にイラっときますね。同居の場合は余計にそんな機会が多くなります。

 

同居で子育てを上手くいかせる方法

(1)今の子育て方法を一緒に学ぶ
義両親はこれまで子どもを立派に育てたことに自信を持っていますし、その知識を伝えたいと思う気持ちが強いのは分かります。でもきっと、お母さんの意見だけだと聞いてくれないことが予想されます。だから医師からこう言われているとか、子育ての本や保健センターの資料を一緒に見ながら勉強してみてはいかがでしょうか。

 

(2)気持ちを切り替える
ホルモンバランスの乱れのせいで、どうしても「赤ちゃんを取られそうで嫌だ」という気持ちになってしまうのは仕方がありません。それでも義両親が赤ちゃんを見てくれている間に、自分の時間が出来るとか、後々子どもがおじいちゃんとおばあちゃんになついていれば預けやすくなると思って、気持ちを切り替えましょう。

 

(3)夫に間に入ってもらう
嫁が義両親に対して意見をすると、関係がぎくしゃくしてしまうかもしれないと思うと、なかなか言いたいことが言えなかったりしますよね。そんな時は、旦那さんに間に入ってもらって、上手に言ってもらいましょう。旦那さんの意見として伝えることで、義両親も受け入れやすいのではないでしょうか。

 

(4)普段からこんな風に育てたいという話をする
義両親に対して、普段の会話の中で「こういう風に育てたい」という気持ちを伝えておくといいのではないでしょうか。「こうだからやめてください」とか「こうしてください」と言われてしまうと、義両親もいい気はしないかもしれません。それならば、普段の会話の中でこうやって育てたいという気持ちをすると、さりげなく伝わりますよ。

 

同居するなら、距離感が重要

私は義両親と同居はしていません。想像ですが同居をすると、気を遣いますし、見たくないところまで見えてきますし、イライラすることも多いのではないでしょうか。実家で両親と兄家族が同居していますが、お互いに色んな気持ちを抱えていて本当に大変そうだなと思います。ひと昔前までは、義両親と同居が当たり前の時代でしたが、同じ一つの建物の中にみんなが暮らすスタイルでした。

 

でも、今は同居でも二世帯住宅を選択する家庭が多くなってきました。入り口は別々ながら、家の中でつながっている場所があって、お互いの空間を行き来することができます。ちなみに実家も二世帯住宅ですが、そうでなければ義姉も両親ももっとぶつかり合っているんじゃないかなと思っています。

 

同居でも、子どもの世帯と親の世帯でそれぞれの空間を作っておくと、息をつくことができますよ。子育てだけでも疲労困憊なのに、義両親に対しての気遣いやモヤモヤした気持ちがあると、余計に気持ちが不安定になってしまいます。自分と子どもだけになれる空間って大事なので、ぜひご主人と話し合ってそんな空間を作りましょう。

 

まとめ

義両親と同居しながら子育てをするのは、口を出されたり、好き勝手に甘やかされたり、気持ちが不安定になりストレスが溜まりやすいです。それでも、子どもが少し大きくなってくると、子どもを見ていてくれたり、子育てを手伝ってもらう機会もぐんと増えるため大きな戦力になってくれますよ。子どもと親、それぞれの世帯の空間を確保しつつ、ちょっとした距離を保ちながら気持ちを穏やかに子育てができるといいですね。

 


このエントリーをはてなブックマークに追加