息子大好きな姑と、どう付き合う?!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

息子大好きな姑と、どう付き合う?!

この記事では、息子大好きな姑と、どう付き合っていくかについてお話します。息子大好きなお姑さんと、どう付き合えばいいのか悩んでいる方は、ちょっと参考にしてみてくださいね!

 

母親はいつまでたっても息子が可愛い

母親は息子がいつまでたっても可愛いです。だから息子大好きな姑って多いですし、ほとんどがそうなのではないでしょうか。私の母も、兄が結婚してすぐに「お嫁さんは料理をあまりしたことがないと言っていたけれど、冷凍のものばかり食べさせられたら体に悪い」というような心配をしていたので、すごくびっくりしました。

 

普段は兄のことが大好きという感じではなく、距離感がある印象でしたが、この時兄のことが好きなんだなと感じられて意外でしたね。特に長男ということもあるかもしれませんが、いつまでたっても母親は息子が可愛いんだなと思います。

 

主人の母も普段は主人に対してドライな感じですが、やっぱり何かあった時は主人に電話をしたり、主人の好物を作って届けてくれます。また、94歳の祖母は今でも父に「これ食べ」「どこ行くの?」「お金はあるか?」とかいがいしく気にしています。やっぱり息子はいくつになっても可愛いんですね。

 

姑にとって、嫁は息子を取った女

姑からすると、いくら息子の嫁が可愛くても、結局息子を取った女であることは変わりないんですよね。よく母親世代の人から聞くのが「息子は嫁にとられるからね」というフレーズです。結局のところ男性は女性ほど気が利いたりマメなわけでもなく、女性にいつの間にか操縦されるような形になると感じるのではないでしょうか。

 

自分たちもそうだったからこそ、分かるのだと思いますが、ちょっと女親からすると寂しいですよね。小さい頃は「お母さん」と四六時中くっついてきてくれていたのに、いつの間にかそっけなくなったと思ったら、自分に見せたことのないような優しい顔を彼女や奥さんに向けるとおもうと、それは寂しいのではないでしょうか。

 

息子大好きで息子が可愛くて仕方がない姑にとっては、嫁は息子の大事な人だけど、息子を取った女という憎しみにも近い感情がある人もいるかもしれませんね。

 

男性も多くがマザコン

姑の息子大好きばかりを取り上げてきましたが、実際のところ、息子もマザコンという場合が多いです。もちろん、人によってそのマザコン度合いを前面に出す人もいれば、そうでない人もいます。でもマザコンってなんとなく負のイメージでとらえられがちですが、母親を大事にすることは大事なことなので、一概に悪いとは言えません。ただ、自分の奥さんのことをないがしろにしてのマザコンは、ちょっと困ったものですよね。

 

どう付き合う?

息子大好きの姑とどう付き合ったらいいか悩まれる方も多いかと思いますが、まずお姑さんと夫との関係にもよります。

 

(1)妻に害がないならそっとしておく
姑と息子の関係が、姑が一方的に息子大好きを前面に押し出しているのであれば、そっとしておくといいのではないでしょうか。息子のことが大好きで、お世話をしたいという気持ちがいつまでもあるわけですし、それに対して嫁がとやかく言えるものでもないですよね。「息子のことが大好きなんだなー」と、あまり気にせず見守りましょう。

 

(2)妻に害があるなら夫から言ってもらう
息子大好きの姑が、もしも嫁に対して嫌な態度を取ったり、傷つけるような言動をするようであれば、それは夫からお姑さんに注意をしてもらった方がいいかもしれませんね。

 

(3)夫と姑がお互いに大好きで妻に害がある
夫と姑がお互いに大好きで、妻の悪口を言ったり妻を虐げるようなことをするようであれば、それに関しては夫に相談してもなかなか分かってもらえないです。この場合は、姑のことは夫に任せてとりあえず姑から距離を置きましょう。あまりに夫や姑からひどい言動があり、我慢できないようであれば、結婚生活をどうするか考える必要も出てくるかもしれませんね。

 

まとめ

息子大好きなお姑さんはたくさんいます。もちろん、自分がおなかを痛めて産んだ可愛い息子ですし、よく息子は恋人のようだと言ったりしますよね。だから、息子が大好きで可愛くて仕方がないというのも、当たり前と言えば当たり前です。私には息子がいませんが、もしもいたらきっと同じような気持ちになるのかもしれません。

 

息子が大好きな気持ちは全く変なことではないですし、母親の息子への愛情です。でも、その気持ちがどんどん膨らんで、息子の嫁害を与えるようであれば問題ありです。ご主人に間に入ってもらって、適度な距離を取りながら、上手に姑と付き合っていけるといいですね!

 


このエントリーをはてなブックマークに追加