面倒くさいママ友との上手な付き合い方は?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

面倒くさいママ友との上手な付き合い方は?

この記事では、面倒くさいママ友との上手な付き合い方について考えてみたいと思います。気の合わない面倒くさいママ友との付き合い方に悩んでいる方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

ママ友のここが面倒くさい!

(1)やたら一緒に遊ぼうと誘ってくる
ママ友がいると子どもの遊び相手になるので、子どもが小さい頃はありがたいですが、そのお誘いの頻度が多すぎるとちょっと面倒くさいなと感じてきます。私も自分勝手なのかもしれませんが、引っ越してきて初めて出来たママ友が、毎日遊ぼうと誘ってくるので、しまいにはスマホの通知音がするたびにビクッとするようになってしまいました。

 

子ども同士がすごく仲が良かったこと、初めて出来たママ友ということもあって、子どものためにと出来るだけ毎日付き合いましたが、始め頑張り過ぎた分後がしんどかったです。何度か断って、頻度を減らしてくれたらいいのですが、それでも毎日誘われると面倒くさいと思っちゃいました。

 

(2)家族ぐるみの付き合いをしたがる
もちろん、ママ友同士気が合って、家族ぐるみで付き合いをしたいというのであれば問題はありません。でも片方が「ママ友とはあくまで子どものお母さん同士の付き合い」と割り切っていて、もう片方が「ママ友は自分の友達で親友」というすれ違いの場合、家族ぐるみの付き合いをしたがられるとちょっと面倒くさいですね。

 

私も始めのうちはママ友から家族で遊びに行こうという話をよくされたり、話したこともない私の夫のSNSにお友達申請をして主人が戸惑ったりということがありましたが、「夫は人見知りなので」と言ってお断りしました。距離感が近すぎると、それが良いという人でなければ、ちょっとしんどいし面倒くさいですね。

 

(3)家庭のことを聞いてくる
ママ友が自分から言ってくる分には別にいいのですが、夫の仕事のことや収入、夫婦生活など根掘り葉掘り聞かれると面倒くさいですね。自分の友達でも気の合った人にしかしないような深い話でも、結構グイグイ切り込んでこられると、ちょっと引いてしまいます。

 

(4)人の悪口を言う
ママ友の中にも色んな人がいるので、みんながみんなそうなわけではありませんが、ママ友によっては人の悪口を言う人も多いです。人の悪口は言うのも聞くのも、面倒くさいですね。

 

(5)マウントをとってくる
ママ友の中には、会うたびに子どもの自慢話をしてきたり、自分の方が優れているとか幸せだとアピールして、マウントをとってくる人も結構います。相手にするのが面倒くさいですね。

 

(6)ママ友づきあい
例えば、月に何度もランチに誘われたり、グループLINEで頻繁に連絡を取り合うことを強要されたり、親子でイベントを催したり、プレゼント交換をしたりというようなママ友づきあいは、好きな人はいいですが、好きではない人からすると面倒くさくて苦痛ですよね。

 

上記はほんの一例です。ママ友は自分の友達というよりは、子どもの友達のママなので、普段なら付き合わないなと思う人でも、子ども同士が仲が良かったりしたら関わらなければならない場合があります。だからあんまりグイグイ来られてしまうと、ちょっと戸惑ってしまいますし、苦手だなと感じることが多いのも当然のことです。

 

面倒くさいママ友とはどう付き合う?

始めから「この人は面倒くさいママ友だ」と分かっていれば、こちらから近づくこともありませんが、なかなか分からないですよね。面倒くさいママ友でも、子ども同士は仲がいいので邪険にできないとか、今後の子ども同士の関係に響いたらどうしよう、1人になるのは怖いなど色んな気持ちが渦巻き、どうしていいか分からないという方は多いのではないでしょうか。

 

面倒くさいママ友と付き合うには、やっぱり距離感が大事です。私も毎日お誘いを受けて一緒に遊んでいたママ友とは、子どもが大きくなってきたことや彼女が働きだしたことをきっかけに、距離が出来てかなり気持ちに余裕を持って話が出来るようになりました。それでもやっぱり今でも一カ月の会える日のスケジュールを聞いてきたりするので、面倒くさいなと感じることはたくさんあります。

 

自分の気持ちに余裕のある時だけ、2カ月に1回くらいのペースで子どもたちが会いたいと言えば遊ばせていますよ。でも、ママ友はやっぱり子どもが大きくなると疎遠になるので、そこまでママ友との付き合いを気にする必要はないです。無理なら無理で割り切ることができる方は、それが一番スマートですよね。

 

まとめ

子どもが生まれると、交友関係はママ友が入ってくるので、心強いなと感じる一方で、面倒くさいなと感じることもあるかもしれません。現にママ友との関係に悩む人は少なくありませんよ。面倒くさいママ友とは、出来れば距離をとりながら今だけの関係と割り切って適度に付き合うことができると理想的ですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加