子育て経験のある人とない人の壁ってある?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

子育て経験のある人とない人の壁ってある?

この記事では、子育て経験のある人とない人の壁についてお話します。子育てをするようになって、あるいは周りに子育てをする友人が多くなり、友人との関係について思うところのある方、興味のある方は良かったら参考にしてみてくださいね。

 

子育て経験のある人とない人の壁はある?

子育て経験のある人とない人の間に、何かしらの壁はあるかもしれません。私自身独身の時は、子どもが生まれた友人とは、なんとなく距離が出来ました。子育てをしているから忙しいだろうなという気持ちから、子どもがいなかった時のように気軽に遊びに誘ったりすることがなくなったということもあります。でも自分の中で子育てが未知の世界で、分からないことが多く、また興味もなかったので関わることが少なくなりました。

 

ただ、子育て経験がないからと言って、別に劣等感を抱くこともなかったです。独身の時間を謳歌していましたし、仕事も自分の時間が許す限り夜中までしていたくらいなので、別にそれはそれで充実していましたよ。子どもが生まれたらこれまでの自分中心の生活が一変して、子ども中心の生活に代わりました。特に一人目は分からないことだらけで、子育てにとにかく必死だったので子育てをしていない友人とのつながりも、一気になくなってしまいましたね。だから、やっぱり意識していなくても、壁が出来てしまうのかもしれません。

 

子育て経験がある人・ない人、それぞれかけがえのない時間を過ごしている

子育てを経験して、考え方が変わったり貴重な時間を過ごすことができたという人もいれば、子育てを経験していなくても、その時間を色んな世界を見てかけがえのない時間を過ごしたりしているわけです。子どもが小さいうちは同じ境遇の人に共感してもらいたいという気持ちが強く、子ども中心の生活になり、子育て経験のある人同士のつながりが主な交友関係になりがちです。会話の内容も子育てに関することばかりになりやすいですよ。そういった面では、子育て経験がある人とない人で、壁があるという表現は間違いではありません。

 

でも子育て経験があるからと言って、子育て経験がない人よりも優れているなんてことはないですし、子育て経験がないからと言って、子育ての経験がある人よりもたくさんの世界を知っているということでもありません。人それぞれの人生で、それぞれがかけがえのない時間を過ごしているので、その壁を意識しすぎるのは、かえってより距離が出来てしまうかもしれませんね。

 

“壁”は子育て経験に限ったことではない

子育て経験がある人・ない人に壁があるというのは、子育て経験に限ったことではありません。兼業主婦と専業主婦、異職種、それぞれ立場が違ったり、経験していることが違うので壁って何かしらありますよね?一人一人それぞれ生きてたバックグラウンドは違います。だから子育て経験のある人とない人で感じる壁って、そんなに大きなことではないのではないでしょうか。

 

子育てをしていても、子どもの手が離れて自分の時間が増えると、趣味を通じた出会いや職場での出会いもあるわけです。そうなった時に、子育てを経験した・経験していないって関係ありません。壁なんて感じないのではないでしょうか。

 

まとめ

子育ての経験がある人とない人で、何かしらの壁を感じるというのはあります。でも、人それぞれ人生の経験がバラバラだからこそ、刺激しあっていい関係を築くことができるわけですよね。子育てを通じて広がる世界、子育て以外で広がる世界、それぞれかけがえのない世界です。色んな人と、素敵な関係を築いていけるといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加