ママ友がいないことって子供に影響がある?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ママ友がいないことって子供に影響がある?

この記事では、ママ友がいないことは、子供に影響があるのかどうかについて、お話します。ママ友がいないし作る気はないけれど、子供に影響があるのか気になるという方、ママ友が欲しいけれどいないので不安という方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

ママ友がいないことって子供に影響がある?
直接的な影響はない

ママ友がいないことは、直接的に子供に影響はあまりありません。私自身、「子育て=ママ友付き合いで苦労する」というイメージが強すぎて、ママ友なんて絶対に作りたくないという構えた気持ちで一人目の子育てがスタートしました。だから、二人目の子育てが始まるまでは、一人目の子育てを通じでできたママ友というのはいませんでしたね。

 

仕事をしていて子供を日中託児所に預けていたので、子供の遊び相手もいるし、私も仕事をしていて充実していたから、ママ友がいなくても問題なかったのかもしれません。でも仕事を辞めてから、近所の公園や子育て支援センターに遊びに行くと、遊び相手になる子供がいたので、ママ友がいないからと言って、子供に影響はなかったです。結局あんなにママ友はいらないと頑なに思っていたものの、子育て支援センターや公園に通ううちに、ママ友が自然とできて連絡先を交換しましたが、自分から誘うことはなくいつも誘われたら参加する形でした。

 

子供は楽しそうに遊んでいたので、ある程度は子供に影響があったのかもしれませんが、それでも大きくなった今となっては、その子のことを忘れています。だから、子育て支援センターや公園で遊ぶお友達と変わらなかったのだと思います。そういったことからも、ママ友がいないことは直接的に子供に影響はないと思いますよ。

 

間接的な影響はあるかもしれない

ママ友がいないことは、直接的に子供に影響はないと言いましたが、間接的な影響はあるかもしれません。お母さん自身がママ友を必要としていないのであれば、問題はないです。でもお母さんが子育てに対して孤独を感じていて、子育ての悩みを吐き出せないとか、気持ちを分かって欲しいけれどわかってもらえないという状況にあるのであれば、問題ありです。

 

吐き出すことのできない、イライラした気持ちや不安な気持ちを子供に向けてしまい、虐待につながることもありますよ。そういった意味合いからすると、ママ友がいないことは、間接的に子供に影響はあるといえるかもしれませんね。お母さん自身が、ママ友が欲しい、ママ友がいてくれたら心強いと思うのであれば、いた方がいいのではないでしょうか。

 

ママ友=自分の友達ではない

私はママ友との距離感について悩んだ時、ネットで「ママ友は自分の友達ではない」というのを見てすごくしっくりきました。「ママ友は自分の友達ではなく、子どもの友達のお母さん」そう割り切ったら、すごく気持ちが楽になりましたし、相手がすごく踏み込んでくるから自分もそれに応えなければという気持ちはなくなりました。割り切って距離を取りながら付き合うようになると、色んな情報を聞くことができる、頼もしい人という感覚になりましたよ。

 

そんなママ友の中でも、感覚的にこの人と気が合うなと、お互いに自然とより仲良くなり、プライベートでも遊ぶ友人というのが2人できました。10年間子育てをしていてできた私の友達なので、すごく貴重だなと思います。だから、無理にママ友を自分の友達と思う必要もありませんし、無理に付き合う必要はありません。ママ友との関係が煩わしくしんどいと思うのであれば、自分で線引きをして距離を取りながら関わるというのが重要です。

 

ママ友がいると心強いのも確か

私は二人目の妊娠中に仕事を辞めて専業主婦になりましたが、私が仕事をしていないので、子どもは幼稚園に入園することになりました。娘の通う幼稚園が、ママ友関係が濃厚で、お茶をしたり何時間も立ち話をしたりというような感じではなく、サバサバしたドライな感じで助かりましたよ。でも、私自身がこの土地出身ではなく、全く幼稚園や土地柄の習慣というのが分からなかったので、ママ友と降園後に子供を公園で遊ばせながら話をするうちに、色んな情報を教えてもらえてすごく心強かったです。

 

幼稚園でこういう時にはどうしたらいいのか、小学校の情報など、幼稚園に行ってママ友と話をする機会がなければ全く分からないことばかりでしたね。だから、全く知らない土地に引っ越してきて子育てをしているお母さんにとっては、ママ友との付き合いはすごく心強いと思いますよ。

 

まとめ

ママ友がいないことは直接的には、子供に影響はありません。でも、お母さん自身がママ友が欲しいと思っているのであれば、子供に間接的な影響があるかもしれません。ママ友の存在を煩わしそうと警戒する気持ちもよくわかりますが、時に心強いと感じることもあるので、自分が心地よいと思える距離感を保ちながらなら作ってもいいのではないでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加