妊活中はストレスが大敵!ご注意を!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊活中はストレスが大敵!ご注意を!

この記事では、妊活中のストレスが妊娠に及ぼす影響について、お話します。妊娠を希望しているけれど、ストレスが気になるという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

妊活中はストレスが大敵!

妊活中に限らず、ストレスを溜め込み過ぎてしまうと、体調を崩しやすくなります。現代人はストレス社会で生きているため、とにかくストレスが溜まりやすい状況です。そして実は妊活中って、ストレスが大敵なんです。というのも、ストレスはホルモンバランスを大きく乱します。私も、ストレスでホルモンバランスが大きく乱れ、一度も乱れたことのなかった月経周期が乱れて月経が遅くなったり早くなったりしたことがあります。

 

その時は、顎ラインの吹き出物もすごかったですね。女性にとって、ホルモンバランスの乱れは、月経周期や排卵に大きな影響を及ぼします。それはすなわち、不妊にもつながりかねません。だから、妊活中は特にストレスとの付き合い方をよく考える必要があるんですよ!

 

思い当たるストレス、ありませんか?

人によって、ストレスの感じ方に違いはあります。当たり前になってしまっている環境や、自分自身が気づかないでいるストレスってあったりするんですよね!

 

周りからのプレッシャー

自分ではできるだけストレスをためないようにと思っていても、周りの友人や親族、家族が何の気なしに「早く孫の顔がみたい」とか「子ども作らないの?」など言ってくると、それがプレッシャーとなりストレスになってしまいますよね。

 

仕事が忙しい

仕事をしながらの妊活って、かなりのストレスになります。私の友人もストレスをためやすい忙しい仕事をしていましたが、いざ妊活を始めたけれどなかなか妊娠せず悩んで産婦人科を受診したところ、とりあえず一度仕事を休むように言われたそうです。仕事をいったんやめてリフレッシュしたら、妊娠出来てとても喜んでいました。もちろんみんながみんな仕事を辞めたら妊娠するわけでもありませんし、仕事を辞めたくないとか仕事を続けたい、仕事を辞めるわけにはいかないという人もいますよね。だから、仕事をしながらでもストレスをこまめに発散できるようにすることが重要になるのではないでしょうか。

 

旦那が妊活に非協力的に感じる

妊活は夫婦で向き合うことがとても重要となります。でもいつの間にか、夫婦生活も子どもを作るための義務的な状況になっていませんか?旦那さんと気持ちがすれ違っていないか確認をする必要があります。また、男性は言葉に出して気持ちやして欲しいことを伝えなければ、女性の思っているような行動をしてはくれません。しっかり旦那さんと話をして、妊活と向き合ってみてくださいね。

 

妊活中のストレスとの付き合い方!

ストレスをこまめに発散

生きていくうえで、ストレスを完全になくすことって、とっても難しいです。まず、ストレスを感じないようにしなければと思うこと自体が、もはやプレッシャーをなりストレスになってしまいます。だから、ストレスをなくすことに意識を向けるのではなく、ストレスをこまめに発散すること意識してみてくださいね!

 

プレッシャーをかけない

よく妊活で不妊治療を受けていたけれど、なかなか妊娠せず、治療をやめた途端に妊娠したという話を聞きませんか?これもまた、いつの間にか夫婦で妊娠しなければと自分自身にプレッシャーをかけ、ストレスに感じてしまっていた部分があるのかもしれませんね。妊活中、出来るだけ穏やかに過ごすことが重要となるので、難しいことではありますが、夫婦でお互いに妊娠しなければとプレッシャーに感じるような言動はしないよう注意してみましょう。

 

仕事と向き合う

仕事がとても忙しく、妊活していてなかなか効果が出ないという場合もありますよね?今の生活の中で感じるストレスの大きな原因となっているのが仕事なら、どうするか向き合う必要があります。仕事での疲労や、仕事の内容や役職からの重圧や責任は、とても大きなストレスです。不規則な勤務であれば、ストレスに加えて体内時計も狂いやすく、自律神経が乱れやすくなってしまいますよ。

 

産婦人科の先生と相談をしながら、仕事をセーブできるのか、それとも辞めるのか、それとも仕事をつづけながら妊活できるよう職場にかけあうのか、今後の自分の未来を描きながら仕事と向き合ってみましょう。

 

 

まとめ

妊活中は、ストレスをためるとホルモンバランスが乱れて、妊娠しにくくなってしまいます。こまめにストレスを発散しながら、夫婦でプレッシャーをかけないようリラックスして過ごすことが出来るといいですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加