妊活中はにんにくを上手に活用しよう!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊活中はにんにくを上手に活用しよう!

この記事では、妊活中ににんにくを取り入れる効果についてお話します。にんにくって体に良さそうだけど、妊活中も食べてもいいものなんだろうかと疑問に思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

妊活に役立つにんにくパワー!

にんにくと言えば、滋養強壮効果が期待できることから、日常生活でもちょっと疲れているなという時など、にんにくを食べたりする人もいるのではないでしょうか。また、食欲を誘う香りがたまらず、にんにく料理が大好きという人もいますよね!私も、にんにくを使った料理やおつまみが大好きです。このにんにく、実は妊活に役立つ素晴らしいパワーが秘められているんですよ!

 

疲労回復

にんにくは疲労回復効果が期待できます。疲労がたまることで、免疫力が落ちたり、妊活を頑張ろうという気力も失われがちになります。そんな時は、にんにくを食生活に取り入れることで、疲労回復を手助けしてくれますよ。

 

血行がよくなる

にんにくを食べることで、血行がよくなり体が温まります。妊活において、冷えは大敵です。身体が冷えると、子宮まで栄養が届きにくくなったり、妊娠しにくくなってしまうので、妊活中はしっかり体を温める必要がありますよ。にんにくはそんなお悩みを解決してくれます。

 

イライラを軽減

妊活中に良くないとされるストレスは、にんにくに含まれるビタミンB6でイライラを軽減することが出来ます。もちろん、ストレスを解消することもとても大事なことですが、ビタミンB6でイライラを軽減できるのは嬉しいですね。

 

質の良い卵子や精子が作られる

にんにくには抗酸化作用があるため、体の酸化を予防することが出来ます。卵子や精子も質の良いものが作られることにつながるので、妊活中はにんにくを是非食べたいところですね。

 

妊娠しやすいからだづくり

にんにくを食べることで、血流が良くなります。卵巣や子宮まで、しっかり栄養が行きわたるようになるので、妊活中の方にぴったりですね!ちなみに、男性にとっても勃起障害の改善や男性ホルモンの生成をアップさせてくれる効果が期待できるんですよ!

 

にんにくの食べ過ぎには注意!

にんにくは妊活で素晴らしいパワーを発揮してくれますが、体にいいからと言って食べ過ぎるのはよくありません。にんにくに限ったことではありませんが、体にいいものでも過剰摂取は逆に体の不調をもたらしてしまいます。1日に3片くらいまでにしておくのがおすすめですよ。特に生のにんにくは、食べ過ぎると胃を刺激し過ぎてしまいます。腹痛や下痢、便秘にもなりやすくなってしまうので、ご注意くださいね。

 

にんにくが苦手な場合は?

にんにくに、いくら妊活に役立つパワーが多く含まれていると言っても、にんにくが苦手という人だってもちろんいますよね!そんな時には、にんにくのサプリメントも売られているので、そちらを利用するのもおすすめです。また、にんにくの臭いが苦手という人は無臭にんにくも売られていますよ。

 

私の実家では、にんにくを炊飯器で保温状態で加熱をして、黒にんにくを作っていますが、普通のにんにくよりも甘みがアップして、フルーツみたいな感じで食べられます。私はちょっと苦手なので、みじん切りにして料理に使ったりしていますが、加熱発酵して熟成させることで、栄養価も高くなるのでおすすめです。

 

 

まとめ

にんにくは妊活中にぜひ摂取したい食べ物です。しかも、女性だけでなく男性にとっても効果が高いので、ぜひ夫婦で美味しくにんにくを食卓に取り入れてみてくださいね!


このエントリーをはてなブックマークに追加