妊活が離婚につながることってあるの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊活が離婚につながることってあるの?

この記事では、妊活が離婚につながることがあるのかについてお話します。「妊活が離婚につながることなんてあるの?逆に夫婦の絆が強くなるんじゃないの?」と思っている方は多いかもしれません。でも妊活って精神的にも肉体的にも、経済的にも大変な場合が多いです。気になる方は良かったら参考にしてみてくださいね!

 

妊活が離婚につながることってあるの?

妊活が離婚につながることは、あります。

 

押し付け

「元気な赤ちゃんが産まれるには、これがいいらしいから絶対に毎日食べて!」と旦那さんに押し付けたりしていませんか?押し付けは、始めは良くても毎日のように言われ続けるとうんざりしてしまいます。

 

自分ばかりが頑張っている

妊活中、お互いに気持ちのすれ違いや温度差があると、自分ばかりが頑張っているのにパートナーは全然協力をしてくれないという、モヤモヤに変わりやすいです。この小さなモヤモヤは積み重なっていくと、不信感や相手の嫌なところに変わってしまうことも十分考えられます。

 

相手のせいにする

妊活がうまくいかず、赤ちゃんを授かることが出来ないのは相手のせいだと口にしてしまうと、これまでの関係性は崩れてしまいます。もしも検査の結果が自分ではなく相手の生殖機能に問題があるにしても、検査を受ける前にお互いに責めないで協力して前に進んでいくことをあらかじめ話をしておく必要がありますね。

 

価値観の違い

妊活中に一生懸命になり過ぎて、相手を思いやる気持ちが薄れてしまったり、お互いに考え方が違うと気が付いてしまったら、離婚につながることも十分考えられます。私の友人は結婚前までは子どもがすぐに欲しいという旦那さんの話を信じ切っていましたが、いざ結婚したら子どもは要らないし万が一出来ても自分は一切子育てに関わらないと言われ、すぐに離婚をしていました。

 

DV

あまりにお互い息が詰まるような妊活になってしまうと、一線を越えてパートナーに暴力をふるってしまうこともあるかもしれません。また、それは肉体的な暴力だけでなく、言葉の暴力かもしれませんよ。一度でもDVを受けたりすると、例え妊活に成功して子どもを授かったとしても、子どもや自分に対してまた暴力をふるうことがあるのではないだろうかというパートナーへの恐怖や不安につながってしまうかもしれませんね。

 

不倫

息の詰まるような妊活で、逃げたい・うんざりするという気持ちから、他の異性に甘えてしまうこともあるかもしれません。妊活中の不倫は、離婚につながる可能性も大きいのではないでしょうか。

 

別居

妊活での価値観の不一致や、ストレスを感じすぎることで、一緒にいるのが苦痛と感じて家を出ていくこともあるかもしれません。一度離れて冷静になってみると、このまま一緒に生活していくのは無理だという判断で、離婚になるケースもあるのではないでしょうか。

 

妊活中に離婚にならないためには?

妊活は夫婦どちらか一方の気持ちだけで取り組むものではありません。夫婦でよく話し合って一緒に協力しなければ、妊活はうまくいかないです。

 

話をする

妊活が離婚につながらないようにするためには、まずはパートナーと良く話をしましょう。お互いに妊活についてどう考えているのか、どうしていきたいと思っているのか理解し合わないとすれ違いになってしまいます。妊活を始めるにあたって、とりあえずの区切りの時期や、検査をする時にはお互いのせいにしないなど、あらかじめしっかり話し合っておくのがおすすめですよ。

 

お互いに思いやる

妊活はすぐに妊娠に結び付く人もいれば、なかなか妊娠に結びつかずもどかしさや焦りを始めとするマイナスな感情に悩まされる人もとても多いです。やり場のない気持ちをパートナーにぶつけることもあるかもしれません。それでも、妊活は夫婦二人で臨まなければ続けることができません。もともとは他人同士の2人ですし、常に思いやることは難しいかもしれませんが、それでも言い過ぎたら謝るとか一緒にいるための努力は怠らない方がいいのではないでしょうか。

 

時々息を抜く

どちらか一方が頑張り過ぎていると、夫婦関係のバランスは悪くなってしまいます。そもそも頑張り過ぎやイライラは、ストレスにつながりますし、妊活は穏やかに過ごしたいところです。焦らず時々妊活を忘れて好きなことをめいっぱいやって、息をしっかり抜きましょう。

 

 

まとめ

妊活中は、夫婦幸せな気持ちで赤ちゃんがやってきてくれるのを待ちたいところです。でも実際は大変なことやすれ違いも多く、夫婦としての絆が試される時期でもあるといっても過言ではありません。妊活で離婚という悲しい結末を迎える前に、ぜひ夫婦で妊活についてどう向き合うのか話し合い、思いやってみてくださいね。


このエントリーをはてなブックマークに追加