妊活中、卵子の質を上げることって出来る?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊活中、卵子の質を上げることって出来る?

この記事では、妊活中に卵子の質を上げることが出来るのかについてお話します。卵子の質を上げたいと思っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

卵子に質の良し悪しってあるの?

よく35歳以上の妊娠になると高齢出産として区別されますが、この35歳を過ぎると妊娠しにくくなったり、障害を持った赤ちゃんが産まれるリスクが高くなると言われています。これは加齢とともに卵子の質が悪くなってくることが関係しているのですが、どうして加齢によって卵子の質が悪くなるのか不思議に思われる方も多いかもしれません。実は卵子の年齢って、自分の年齢と一緒なんです。

 

卵子の素となる細胞は、生まれた時から卵巣の中にその素があり、日々減少しています。なので加齢とともに、排卵はされても卵子自体が受精卵にならなくなってしまったり、染色体異常をもった卵子が多くなってしまうんです。加齢により肌がたるんだりシワが出来たりして老化現象が起こるように、卵子も老化していき質の悪い卵子に変化してしまうということになりますね。

 

卵子の質を上げるためには?

卵子の質を上げるためには、卵子が老化しないよう日々の生活を見直して、体を元気にしてあげる努力をしましょう。決して特別なことではないので安心してくださいね!

 

食事

卵子に限らず、基本的に私たちの体は私たちの口に入ってくる食べ物が素に作られます。当然卵子も元をたどれば、食事から摂れる栄養が素になっているというわけです。ということは、卵子を作るためのたんぱく質一つをとっても、植物性・動物性と分けられますし、栄養価が高かったり、新鮮で無農薬な質の良いたんぱく質をとることで元気な卵子を作ることが出来ますよ!

 

また、細胞が酸化しないように抗酸化作用のある食材を含む食事を摂るのもおすすめです。ただし卵子の質を上げるためだからと、何でも偏って一つの物ばかりを食べ過ぎるのは良くありません。バランスの取れた食事を摂るようにしましょうね。

 

運動

運動不足は血流が悪くなり、体が冷えやすくなります。また、老廃物が体の中で停滞しやすくなり、ホルモンバランスが乱れやすくなってしまいますよ。卵子の質を上げるためにも、しっかり老廃物を外に出して、栄養が子宮や卵子、卵巣までしっかり届くよう血流を良くする必要があるため、適度な運動は妊活中とっても重要になります。

 

睡眠

睡眠不足は自律神経が乱れ、ホルモンバランスも乱れてしまいます。また寝ている間に成長ホルモンの分泌が促されるため、睡眠不足だと質の良い卵子が作られなくなってしまいますよ。しっかり質の良い睡眠をとるように心がけてみてくださいね!まずは寝る前の1時間前にはスマホやテレビを消して、部屋をしっかり暗くして寝る準備を整えましょう。

 

あとは朝起きたらしっかり朝日を浴びることで体内リズムが整うだけでなく、しっかり良質な睡眠をとることができますよ。妊活中の睡眠は、卵子の質を上げるためにとっても重要なので、ぜひ意識してみてくださいね。

 

ストレス発散

卵子の質を上げるためには、ストレスは良くありません。ストレスを溜め込むことで、自律神経が乱れてしまい、ホルモンのバランスも崩れてしまいますよ。これでは排卵のタイミングがずれてしまうだけでなく、卵子の質を上げることができなくなってしまいます。だから、妊活中はできるだけストレス発散を心掛けた生活を送るようにするのがおすすめです。

 

卵子の質を上げたいなら、この妊活サプリがおすすめです。

 

まとめ

妊活中、卵子の質を上げるために出来ることは、特別に何かを頑張らなければならないということではありません。毎日の健康に気を遣い、体を大事にすることです。出来ることから少しずつ取り組んで、ぜひ卵子の質を上げていきましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加