妊活中は仕事を辞めるべき?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊活中は仕事を辞めるべき?

この記事では、妊活中に仕事を辞めるべきかどうかについて、お話します。妊活をしようと思うけれど、仕事を辞めるべきかどうか迷っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

妊活中は仕事を辞めるべき?

妊活中は、出来るだけストレスをためない生活を送る必要があるため、仕事もセーブした方が良いと言われる場合が多いです。私の友人も、仕事をセーブしていましたが、それでもやっぱりできず妊活に集中するために思い切って仕事を辞めました。彼女の場合は、退職してしばらくしてから、妊娠することが出来ましたよ。ただ、妊活中に仕事を辞めたからと言って、必ず妊娠するというわけではありません。また、仕事を辞めるという選択をした方が、ストレスがたまるという場合はやめる必要はないのではないでしょうか。

 

妊活中の仕事との向かい合い方
ストレスを感じにくい仕事内容

働いている環境が残業の多い職場だったり、立ち仕事や体を動かすことが多い職場だったりすると、ストレスを感じやすくなかなか妊活が上手くいかないことも考えられます。上司に相談して、仕事内容を見直してもらったり、異動できるようであれば異動させてもらえるといいですね。また、思い切って転職するというのも、一つの方法です。パートや短期のアルバイト、デスクワークが可能な職種を探してみてはいかがでしょうか。

 

職場の理解

妊活中の仕事は、職場の理解がなければ難しいです。妊活はタイミングに合わせて病院に行ったりしなければならないので、早退や遅刻、休むことも多くなりがちです。職場の理解があればいいですが、なければ職場でも肩身の狭い思いをしますし、余計にストレスが溜まってしまうので注意が必要ですよ。職場の理解がある場合は、周りへの感謝の気持ちも忘れないようにしましょうね。

 

ただ、ここで注意したいのが、周りに妊活中であるということを伝えるかどうかという話です。上司や同僚に、妊活中であることを伝えるのをためらうという人も多いですよね?実際、上司や同僚に話をして、嫌な思いをしたという人もいます。だから、職場の理解を「妊活の話をして受け入れてもらう理解」ととらえず、有給を使いやすい環境であるかという風に、とらえていただくといいのではないでしょうか。

 

不妊治療を経験したことのある上司や、女性に寄り添ってくれる上司がいる場合は、もちろん事前に打ち明けて相談をするとスムーズに休みやすいですが、なかなかそうもいかないのが現状です。上司への相談は、よく考えてからにするのがおすすめですよ。

 

パートナーの協力

妊活は自分一人でできることではありません。パートナーの協力が必須です。だから、家事の役割分担を見直したり、仕事が終わって帰ったらリラックスできるような気づかいがあると嬉しいですね。どうしても女性の方が妊活中は検査が多かったり、病院に足を運ぶ回数も多くなるため、妊活自体もプレッシャーやストレスになりやすい上に、仕事との両立は大変なことです。パートナーに支えになってもらいましょう。

 

妊活中に仕事を辞めるかは、産後の自分も想像して決めよう

妊活中に仕事と両立するのは大変ですが、産後の仕事も同じような状況になりやすいです。子育てが始まり、急な保育園からの呼び出しで早退したり、熱を出してみてくれる人がいないので休まなければならなかったり、子どもを病院に連れて行ってから出勤したりすることが増えるわけですから、仕方がありません。だから、妊活中に仕事を辞めるかどうかの判断は、子どもが生れた後もこの職場で同じように働き続けることができるかということも判断材料になるのではないでしょうか。

 

まとめ

妊活中に仕事を辞めるかどうか悩まれる方はとても多いと思いますが、実際に妊活のために仕事を辞めたけれど、毎日病院に通わなければならないということもなかったりするので、仕事を辞めるべきではなかったと後悔される方もいます。一度辞めると再び就職するのも難しいですし、「妊活するから仕事を辞めなければならない」という考えはいったん置いて、仕事を続けながら妊活できる環境かどうかを、よく考えてから判断するようにしてみてはいかがでしょうか。


このエントリーをはてなブックマークに追加