産後の母子同室はしんどい?

産後の母子同室はしんどい?

この記事では、産後の母子同室はしんどいかどうかについて、お話します。産後母子同室にするかどうかで迷っている方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

産後の母子同室はしんどい?

私は正直なところ、産後の母子同室はしんどいと感じました。産後で疲れているところに、赤ちゃんと同じ部屋でお世話をする生活が始まるわけなので、赤ちゃんが泣くたびに気にかけなければならず、しっかり休みたいなと思いました。ですから、看護師さんに呼ばれたら授乳室に行くという入院生活の方が、呼ばれた時以外はゆっくり体を休められるので楽に感じましたよ。

 

二人目以降は特に体を休めたいと感じる

特に二人目以降の子供の出産の場合は、赤ちゃんがどんな感じなのかというのを経験しているので、病院にいる間は母子同室で赤ちゃんのお世話をする頻度を少なくして、体を休めたいという方も多いのではないでしょうか。私も二人目・三人目の時の出産後は母子同室の日にちを1日だけお願いしました。

 

それ以外は看護師さんから授乳の時間に呼ばれたら授乳室に足を運んで、授乳とおむつを替えて戻る生活でしたが、家に帰ってからの生活に備えてリラックスして過ごすことが出来ましたよ。ただ、産後の母子同室をしんどいと感じる一方で、メリットが全くなかったというわけではありません。

 

産後の母子同室のメリット
家に帰る前に赤ちゃんとの生活に慣れる

特に一人目の子供の出産の場合は、赤ちゃんとの生活は未知の世界です。私もまさにそうでした。ですから、母子同室をしておけば、ある程度どんな頻度で赤ちゃんが泣いて母乳やおむつ替えをすればいいのかというのを体験することができますよ。困った時には助産師や看護師に相談をすることも出来ますので、母子同室で困ったことや分からないことも聞きやすいです。

 

生まれたての赤ちゃんのしぐさを傍でずっと見ていられる

母子同室にすることで、生まれたての赤ちゃんのしぐさを傍で好きなだけ見ていられます。母子同室だと、好きなだけ生まれたての赤ちゃんの動画や写真も撮れますので、たくさんの映像をご主人や実家、義実家、親族、友人に送ることが出来ますよ。

 

病院とよく相談をして

病院によっては、母子同室を選択することが出来る病院もあれば、病院の方針で母子同室を推奨しているところもあります。ですから、どうしたいのかまずは病院と相談をしましょう。

 

私の場合は、一人目の子育ては本当に未知の世界だったので、不安な気持ちでいっぱいでした。ですから、迷わず母子同室を選択しましたが、赤ちゃんが泣くたびにすごく不安な気持ちになって怖かったです。でも、何度も看護師さんが様子を見に来てくれたり、アドバイスをくれたりしたので、すごく安心できましたね。

 

そして二人目・三人目の時は母子同室を選択しないでおこうかと思っていましたし、看護師さんも「慣れているなら病院では母子同室にはしないで体を休める?」と提案してくれました。でも、「不安なら1日だけ母子同室にしてもいいし、半日一緒に過ごして大丈夫そうなら預かってもいいよ」と提案してもらったので、とりあえず二人目・三人目は1日ずつ母子同室にしましたね。

 

思う存分生まれたての可愛い我が子の写真や動画を取ることが出来ましたし、赤ちゃんとの生活も出来そうという確認も出来たのでよかったです。母子同室にしようか迷っているという方は、病院で看護師や助産師にもよく相談してみてくださいね。

 

まとめ

産後の母子同室はしんどいですが、とくに初産の人にとってはとても心強いですし、生まれたての赤ちゃんとの時間を堪能できる貴重な時間でもあります。病院とも相談しながら自分に合った過ごし方が出来るといいですね!