1人目難産で、2人目産むのが怖い!本当に産めるの?

1人目難産で、2人目産むのが怖い!本当に産めるの?

この記事では、1人目難産で2人目産むのが怖いという不安な気持ちを持ったまま、2人目の妊娠・出産は可能かについてお話します。2人目が欲しいけれど、1人目の時の出産を考えると怖いという方は、良かったら参考にしてみてください!

 

1人目難産で2人目産むのが怖い!

初めての出産が難産で大変な思いをしたという経験のある方は多いのではないでしょうか。私自身も初めての妊娠期間は穏やかに過ごすことができましたし、出産も途中まで経過はよくスムーズでした。ですが、出産の後半で赤ちゃんの心音が下がり、急遽お医者さんが私の上にまたがって、おなかを押して赤ちゃんを押し出すことになりました。これは精神的にも肉体的にも大変な衝撃で、私の叫び声が廊下に響き渡ったと母が後から教えてくれましたね。

 

赤ちゃんは仮死状態でしたし、赤ちゃんを押し出したことによって会陰裂傷・膣壁裂傷で肛門近くまで傷になってしまい、処置の時間は長いし産後も長い間円座クッションを欠かすことができませんでした。

 

さらに退院後の強烈な腹痛と大量出血で再度入院し、胎盤が子宮に残っていることが判明し子宮内の胎盤を書き出す手術を受けました。ですから、初めての出産は本当に私にとって衝撃的でしたし、初めての育児のスタートとしてはしんどかったです。

 

正直1人目の出産後は、2人目産むのは怖いなと思いましたし、2人目を妊娠して出産が近づくにつれて1人目難産で大変だったことを思い出して不安な気持ちもものすごくありました。ですから、1人目難産で2人目産むのが怖いという気持ちは全くおかしなことではありません。

 

2人目も1人目難産と同じようになる?
2人目も難産になるとは限らない

1人目が難産だったからと言って、2人目も同じように難産になるとは限りません。体質的に難産になりやすいということはもちろんあるかもしれません。ですが、1人目の出産はもともと産道が一度も通っていないので、なかなかお産が進みにくいといいますし、2人目の出産は1人目に比べると出産にかかる時間は減りやすいです。ですから、あんまり考えすぎはよくありませんよ。

 

ちなみに、私も2人目の時は妊娠中こそ切迫早産になりましたが、出産は1人目難産のようなことは全くなくスムーズなお産で、「こんなに簡単に出産できるの?」と思ったくらいです。3人目はさらにあっという間に生まれました。ですから、案ずるよりも生むがやすしと思って、考えすぎないようにしてみてくださいね。

 

女性は出産の痛みを忘れるって本当?

よく女性は出産してもその痛みを忘れるから、次の妊娠・出産が出来るといいます。すべての人に当てはまるわけではないと思いますが、私もあんなに1人目難産で大変だったのに、2人目産むのが怖いと思いながらも妊娠しました。もちろん、1人目難産でも2人目は大丈夫なんてことは言い切れません。でも2人目も難産になるとも限りませんし、できるだけストレスをためず心穏やかに過ごしてくださいね。

 

まとめ

1人目難産だった場合、2人目産むのが怖いと感じるのは当然のことです。ですが実際に2人目の出産になると、1人目の時と同じように難産になるとは限りませんし、思っていたよりも大丈夫だったということも多いです。心穏やかにあまり難産のことは考えないよう過ごしましょう。不安な気持ちは担当医師や看護師に話を聞いてもらったり、周りの人に話をしたりすることで気持ちが落ち着くこともありますので、あまり抱え込まないようにしてくださいね。