妊娠中だけではなく、授乳中の喫煙もいけないことなの?

妊娠中だけではなく、授乳中の喫煙もいけないことなの?

この記事では、授乳中の喫煙についてお話します。妊娠中に喫煙を我慢したので、産後ようやく喫煙が出来ると思っていたけれど、授乳中の喫煙も止められて困惑しているという方は、よかったら参考にしてみてくださいね。

 

授乳中の喫煙はいけないこと?

授乳中の喫煙はいけません。妊娠中はへその緒を通じて赤ちゃんに喫煙による悪影響がすべて移行してしまうということが言われます。お母さんの喫煙によって障害を持って生まれてしまったり、栄養や酸素が十分に行き渡らず低体重児や早産で生まれてしまったりする可能性もグンと高くなります。

 

出産後は授乳によってお母さんの母乳を通じ、赤ちゃんは成長するわけですから、お母さんの口にするものが赤ちゃんの体を作るわけです。喫煙をすることによって、それが母乳から赤ちゃんに移行してしまうため、赤ちゃんにとっては成長過程で悪影響を及ぼします。喫煙自体なんのメリットもなく、体への害しかないわけですから、赤ちゃんにとっても体の負担になるだけですしやめておきましょう。

 

粉ミルクにしての喫煙ならいいの?
どうしても喫煙したいなら授乳法を粉ミルクに変えた方がいい

母乳を与えながらの喫煙はよくありませんが、粉ミルクにして赤ちゃんに直接喫煙の悪影響が伝わらないようにするのであれば、そのほうがまだ赤ちゃんにとってはいいでしょう。

 

ただ母乳は生まれて間もない赤ちゃんにとって、免疫力を高める効果がありますし、お母さんとのスキンシップを取ることができる貴重な時間です。ですから、自分が喫煙をしたいからと母乳から粉ミルクに切り替えてしまうのはもったいないです。また、授乳方法を粉ミルクに切り替える場合、赤ちゃんが副流煙を吸わないよう赤ちゃんのいる部屋で喫煙をしないよう、注意しましょう。

 

子供の成長過程でのリスク

長い目でみると親が喫煙する姿を見て育つと、子供も喫煙に対してのハードルが低くなるため、喫煙しやすいといえます。ですから、子供の健康を阻害する原因を作ってしまうということにもなりかねません。また、お母さん自身の健康が阻害されるわけですから、がんをはじめとする病気を発症する可能性が高くなってしまいますので注意が必要です。

 

まとめ

妊娠中だけではなく、産後授乳中の喫煙も赤ちゃんにとってはよくありません。ですから、授乳中は喫煙を控えましょう。どうしても我慢できないという場合は、授乳方法を粉ミルクに切り替えた方がいいですが、赤ちゃんにとって母乳は栄養面だけでなく精神面での安定にもつながりますので、できれば少しでも長く母乳を与えられるといいですね。