出生前診断って受けるべき?受けないべき?

出生前診断って受けるべき?受けないべき?

この記事では、出生前診断を受けるべきか受けないべきかについて、一緒に考えてみたいと思います。妊娠後、出生前診断を受けるべきか迷っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

出生前診断って何?
出生前診断とは

出生前診断とは、妊娠中の妊婦の羊水や血液を採取して、お腹の中の胎児に病気や障害がないかどうかを、事前に知るための手段です。出生前診断に関しては、事前にお腹の中の赤ちゃんの状態を把握して、生まれてからの支援につなげられるというメリットがある一方で、障害や病気があると分かった赤ちゃんの妊娠を中断する場合、命の選択になるのではないかという意見もあり、賛否両論であるのが実情です。

 

出生前診断を受ける意味
  • 胎児の治療
  • 生まれてくる胎児についての知識を深め、産後の覚悟を持つため
  • 分娩の時期や、分娩の場所を決めるため
  • 妊娠の継続を中止(人工中絶)するため
  • 安全を確保した出産をするため

 

出生前診断の種類
  • 新型出生前診断(NIPT 母体血胎児染色体検査)
  • 羊水検査
  • 母体血清マーカー

 

出生前診断って受けるべき?

出生前診断を受けるべきかどうかは、他人が決めることではありません。ですが、出生前診断を受けることによってメリットもあります。

 

出生前診断を受けるメリット

出生前診断を受けることで、事前にお腹の赤ちゃんの病気や障害を知ることが出来るため、万が一障害や病気が判明した場合、生まれてからどういった生活が必要となるのか、どんな治療が必要なのかということをイメージしやすくなります。ですが、出生前診断を受けることはメリットばかりではありません。

 

出生前診断を受けることで生まれる葛藤

出生前診断を受けることで、もしも陽性だったら、自分たち夫婦はどうするべきなのかという葛藤が生まれます。障害や病気が判明しても、子どもを産もうと決めていた夫婦でも、自分の子どもに障害や病気があると分かってショックだったり動揺しないわけがありません。本当に自分は育てられるのだろうか、赤ちゃんを中絶するという選択をして自分はこのまま生きていていいのだろうかなど、様々な不安な気持ちが生まれます。

 

検査を受ける、もしくは検査結果が出るまでの不安

出生前診断を受けること自体、自分は悪いことをしているという気持ちになったり、検査結果が出るまでは赤ちゃんに障害や病気があったらどうしようという不安定な気持ちになったりしやすいです。

 

よく夫婦で話し合うべき

今や晩婚化が進み、高齢出産で子どもを産む夫婦は増えていますが、同時に障害や病気を抱えた子どもが生まれてくるリスクも高くなります。子どもを育てるのは自分たち自身ですので、他人が「出生前診断を受けるなんて」と責めたりするのは、そもそもおかしな話です。ですから、まずは夫婦でよく話し合いましょう。夫婦によって色んな事情があるでしょうし、出生前診断を受けたことで赤ちゃんを育てることが難しいと判断するのも仕方がないことです。

 

また、障害や病気が見つかったとしても、赤ちゃんを産んで育てると一度は決めも、迷ったり不安になったりを繰り返しながら妊娠の期間を過ごすことになるケースも少なくありません。そこで支えあわなければならないのも夫婦です。出産は一人ではできません。夫婦でよく話し合い、そのうえで、信頼できる産科医に相談をするべきです。自分たちの話をよく聞いてくれて、出生前診断についての情報をしっかり伝えてくれる医者に相談できるといいですね。

 

まとめ

出生前診断を受けることで、お腹の中の赤ちゃんの障害や病気を知ることが出来ます。お腹の子どもと真剣に向き合い、夫婦でどうするのか考えるという意味では大きなメリットといえます。ですが、出生前診断を受けることで、大きな葛藤や不安を抱えることにもなります。夫婦でよく話し合って、受けるのかどうするのか決めるようにしてみてくださいね。