離婚での親権争いは子供も傷つく

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

離婚での親権争いは子供も傷つく

この記事では、離婚での親権争いについてお話します。離婚で親権をパートナーと争わなければならないという方や、離婚を考えている方は、良かったら一緒に考えてみましょう。

 

離婚での親権ってどちらが認められる?

親の離婚の際、親のどちらかを子供の親権者として定めなければならないと民法で決められていますが、親権とは未成年の子供に対しての、親の責任や義務のことを言います。夫婦の話し合いでどちらが親権を持つのか決まればいいですが、どちらも親権を譲らないということもありますよね?その場合は離婚調停を申し立てて、裁判所における調停の話し合いで、親権者を決める必要が出てきます。さらにそれでも決まらなければ、裁判所の判断に委ねることになりますよ。

 

子供の乳幼児期

一般的に、子供が小さければ小さいほど、子供を監護する親に親権が認められることが多いです。だから母親がいつも子供の世話をしたり、子供との関りが多かったのであれば、母親に親権が認められることが多いですね。ただ、母親が育児を放棄して子供をほったらかしにしているとか、部屋の中がいつも荒れていて精神的にも不安定で、子供を育てるのに適している環境ではないと判断される場合は、父親に親権が認められることもありますよ。私の周りにも、お母さんが育児を放棄して、お父さんが子供の親権を持って育てているという方はいますが、お祖母ちゃんが協力して、子供の保育園のお迎えをしたりしています。

 

子供が15歳以降

子供が15歳になると、子供自身で親のどちらと暮らすか決めることができるようになります。法律でもそれが定められているため、それだけ15歳という年齢は十分自分で判断することができる年齢ということなんでしょうね。ちなみに、15歳未満でも、全く子供の意思が尊重されないというわけではありません。子供の親との関係や、環境など総合的に判断したうえで、子供の意思も尊重される場合がありますよ。

 

離婚での親権争いで子供は傷つく

離婚での親権争いは、子供がお父さんもお母さんも好きという場合、辛いですよね。大好きな両親が自分をめぐって言い争うことはもちろんですが、もう一緒に暮らすことは難しいんだということを、現実として突き付けられます。何より子供も、どちらと暮らしたいというのは言いづらいのではないでしょうか。よく、漫画やドラマの親の離婚のシーンで、「お父さんかお母さん、どちらと暮らしたいか考えて」というセリフが出てきますが、これって子供にとっては大変な選択ですよね。

 

15歳以下の子供も、親の親権に関して子供の意思を尊重される場合がありますが、お父さんもお母さんも選べず、またどちらかを傷つけるのも嫌で、両方の親に「お父さんと暮らしたい」「お母さんと暮らしたい」と言っているかもしれません。それくらい、子供は親の離婚でとても複雑で辛い立場に立たされます。
そんな中で、親権を得たいという気持ちはわかりますが、子供に「お父さん(お母さん)と暮らしたいよね」とか、「どちらと暮らしたいの?」と圧をかけるような聞き方は子供にとって大きな負担となってしまいます。

 

また、夫(妻)の悪口を子供の前で言ってしまうと、子供は悲しくなりますし、両方の親の板挟みになってしまいますよ。親権が決まっても、お父さん(お母さん)と好きな時に会えるし、お父さんもお母さんもあなたのことが変わらず大好きだからということを、しっかり伝えてあげあれると子供も安心できるのではないでしょうか。子供に負担にならないような言動をとるように気をつけましょうね。

 

離婚自体、子供は納得できないことが多い

子供が実の父親(母親)から暴力を受けたり、日々苦しみを味わっていたという場合は、父親(母親)のことを憎み、離婚して安心できる子ももちろんいます。
でも実際は親から暴力を受けても、親のことを憎み切れないとか、好きという子供もまた多いです。それくらい、子供にとって親はとても特別なんですよね。

 

 

だから親同士が不仲で離婚となった場合、親が自分の知らないところで勝手に離婚の話をしていて、突然「離婚をするからどちらかについていく」というのは、子供にとって納得できないことがとても多いです。私の周りにも、離婚をした友人は結構多いですし、子供がそれに対して納得できず「パパに会いたい」と泣き出すという子の話も聞きます。

 

また、離婚を考えていたけれど、子供から「家族一緒がいい」と言われて思いとどまっているという人も多いですよ。子供は親の表情や言動に敏感です。お母さんが嫌がるからとか、お父さんが悲しそうな顔をするからと、自分の気持ちを押し殺すようなことのないよう、少しでも子供の意見も吐き出せる環境を作ってあげたいですね。

 

まとめ

離婚での親権争いは、どうしても子供の気持ちは置き去りになりがちですが、子供自身の気持ちにもぜひ耳や目を傾けてあげたいところです。離婚という決断をせざる負えないことは、仕方がありません。前向きに気持ちを切り替えて生きていくチャンスでもあります。でも子供の気持ちを置き去りにするような離婚や親権の決め方にならなってしまうと、子供は親に言えない傷を負ったまま成長してしまいます。ぜひ子供の気持ちに寄り添ってあげましょうね。


このエントリーをはてなブックマークに追加