離婚しても元夫婦が仲良しになるって可能?!

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

離婚しても元夫婦が仲良しになるって可能?!

この記事では、離婚しても元夫婦が仲良しになることが可能かについてお話します。離婚後の夫婦のあり方について、色々悩んでいるという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

離婚しても仲良しって可能?!

離婚しても元夫婦が仲良しって可能です。逆に、夫婦として一緒に生活をしていた時には、喧嘩も多くイライラしてばかりだったけれど、離婚をしたら適度な距離感が功を奏して、結婚していた時よりも仲良しだというカップルって意外にいます。ただ、やっぱりみんながみんな、そんなに関係がうまくいくわけではありません。憎みあって、離婚したという夫婦もあるでしょうし、顔も見たくないし連絡先さえ知らないし知りたくもないという夫婦もとっても多いですよ。

 

子供がいても、離婚後に仲良しは成立する?

離婚後、“子供がいても元夫婦が仲良し”が成立するかどうかは、ちょっと微妙なところです。でも結婚している時は、お互いの嫌なところが目につき、喧嘩が多くイライラしていたけれど、別れて子供の親同士という関係と割り切った付き合いができれば、もしかすると離婚後に仲良し元夫婦は成立するかもしれませんね。

 

  • 子育ての負担が片方に偏らず、離婚しても子育てに協力的である
  • 子供に対しての金銭的な援助が十分である

 

子供がいても、離婚後に仲良し元夫婦が成立するポイントは、この2点ではないでしょうか。離婚をしても子供の親であることに責任を持ち、一緒に子育てをしていくというスタンスをお互いに持つことができれば、良い関係を築くことができるかもしれません。むしろ、子供以外のお互いのことに干渉しないので、うまくいくのではないでしょうか?

 

そのためにも、離婚後も子供との面会時間を頻繁に取って子供を自宅に泊めたりすることで元妻・元夫の子育ての負担を減らしたり、子供に対して金銭的な援助を十分に行うことで、「協同の子供の養育者」という意識も持ちやすく、良い関係を築きやすくなりますよ。

 

離婚後に元夫婦が仲良しだとこんなメリットが

子供にとって両親の離婚は、親が思っている以上のダメージですが、親が離婚後仲良しでいられると、子供の精神面もいくらか安定します。特に異性の子育ての場合は、なかなか子供の気持ちを理解できず悩む時期がくるかと思います。

 

そんなときでも、離婚後も元夫婦が仲良しだと、子育ての相談をすることができますし、子供も相談できる人が一緒に暮らす親以外にもいるというのは心強いのではないでしょうか。また、子育ての負担を減らすことができること、離婚して離れて暮らしていても、子供の成長を傍で感じられることもメリットとして挙げられますよ!

 

離婚後、元夫婦が仲良しになった時の注意点

離婚後も元夫婦が仲良しというのは、子育てにおいてメリットがあることはわかりましたが、いくつか注意も必要です。

 

  • 新しい相手が見つかりにくい
  • 自分はその気がないのに、相手から再婚を迫られる
  • 子供が混乱する

 

離婚後、元夫婦が仲良しでいい関係を築いていても、そこに復縁の意思がお互いにあるのであれば話は別ですが、そうでなければ距離感を明確にしないと面倒なことになります。まず、彼女や彼氏ができたとしても、元夫・元妻と仲良くすることで、相手はいい気がしません。割り切っているにしても、元夫・元妻との仲を疑われたりすることもあるでしょうし、うまくいきづらいかもしれませんね。

 

また、自分の中ではこの距離感がいいのに、相手から再婚を迫られて関係が崩れるということもありますし、子供が両親はどうして仲がいいのに離婚したんだろうと、混乱してしまいます。だから、距離感はしっかりとりながら、関係性を築くのがおすすめですよ。

 

まとめ

離婚したから仲良しに戻れたという元夫婦は、結構います。私の友人も、あんなに大嫌いで離婚した元夫だけれど、子供と面会させるときに話をする時、全く何も思わないし、世間話もできるようになったという子がいます。ただ、再婚は絶対ないみたいです。良い距離感があるからこその関係ですが、子育てで協力できる関係性というのは子供にとっても大事なことなので、離婚後もできることなら上手にお付き合いができることが理想的ですね!


このエントリーをはてなブックマークに追加