不妊が原因で離婚は出来るの?

不妊が原因で離婚は出来るの?

この記事では、不妊が原因で離婚出来るのかどうかについて、お話します。不妊が原因で夫婦関係がぎくしゃくしているとか、不妊の原因が自分にあり相手に申し訳ないので離婚をしたいといったお悩みを抱えている方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

不妊が原因で離婚を考える時はどんな時?
  • パートナーが妊活に対して非協力的
  • どうしても自分の子どもが欲しいので他のパートナーを見つけたいと切り出す
  • 不妊が原因で、夫婦仲が悪くなってしまった
  • 不妊の原因が自分なので、身を引きたい

 

結婚したら、当たり前に子供を授かると思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。不妊が原因で離婚を考える夫婦も中にはいるんです。
では、不妊が原因で離婚をすることは出来るのでしょうか。

 

不妊が原因で離婚は出来る?

夫婦がお互いに、不妊が原因で離婚をしたいと同意していて、話し合いがしっかり出来ているのであれば、問題なく離婚できます。ですが、どちらかが離婚を望んでいないのであれば、不妊が原因で離婚は簡単にはできません。ただ、不妊が原因で夫婦の関係が破綻しているとみなされる場合は、離婚できる可能性があります。

 

夫婦仲がものすごく悪くなった

不妊が原因で夫婦仲が悪くなり、DVを受けたりモラハラがあったりする場合は離婚をすることができます。

 

セックスレス

不妊が原因でセックスレスが長期間続き、夫婦の関係が破綻しているとみなされる場合は、離婚できる可能性があります。不妊でなくても、セックスレスでどちらか一方が苦痛を強いられている場合は、夫婦関係が破綻しているとみなされ離婚することが出来ることがありますよ。

 

不妊が原因で長く別居している

不妊が原因で不仲となり、長期間別居している場合は、夫婦関係が破綻しているとみなされることがあります。

 

パートナーとよく話し合って

結婚して不妊が発覚し、もしも自分に不妊の原因があった場合は、どうしても相手に対して申し訳なく思い、離婚へと先走ってしまう人は多いです。ですが、パートナーとよく話し合ってみてください。パートナーはもしかすると、子どもが出来なくても一緒にいたいと思っているかもしれません。また、特別養子縁組という方法もあります。

 

不妊治療の種類によっては、納得いく治療方法が見つかることだってあるかもしれませんよ。パートナーとよく話し合いもしないで、自分一人で決めすぎてしまうのはやめましょう。よく話し合った上で、お互いに合意して離婚となるのであれば仕方がありませんが、愛し合って結婚したわけですし、前向きな話し合いが出来るといいですね。

 

まとめ

不妊が原因で離婚するのは難しいです。でも不妊が原因で夫婦の関係が破綻していると証明できれば、離婚も可能となる場合があります。その前に、夫婦でよく話し合ってお互いの気持ちを確認し、どう歩んでいくのか明確にしておくようにしましょうね。