離婚のメリットとデメリットを教えて!

離婚のメリットとデメリットを教えて!

この記事では、離婚のメリットとデメリットについてお話します。離婚をするかどうかで迷っているという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

離婚はメリットとデメリットをよく考えて

縁あって結婚したけれど、いざ家族になって一緒に暮らしてみると、このまま一緒に暮らしていけるか不安になったことがあるという人は多いのではないでしょうか。

 

ですが、離婚をするにはメリットとデメリットがありますので、よく考えてから判断しなければ、離婚をしてから後悔してしまうことにもなりかねません。
では、離婚のメリット・デメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

 

離婚のメリット

 

精神的苦痛から解放される

離婚をすることで、精神的な苦痛から解放されます。これは離婚による一番のメリットと言えるのではないでしょうか。離婚を考えるくらい嫌な相手と一緒に同じ家で暮らし続けるというのは、それだけで精神的にしんどいです。私の友人も、離婚するまでは不安があったけれど、いざ離婚をしてみるとあれだけ嫌だと思っていた相手とすっぱり切れたので本当にスッキリしているという話をしていますね。「もっと早くすればよかった」と今、すごく生き生きしています。

 

自分で物事を選択できる

離婚をすることで、自分で物事を選択して決定することができます。言ってみれば、自分で道を切り開いていくわけですし、これまでパートナーに全て選択を任せてきた人にとっては大変かもしれません。ですが、自分の意見を押し殺さなければならなかった人にとっては、自由に自分で選択して人生を切り開いていくことが出来ますよ。

 

暴力や抑圧、束縛から解放される

離婚をしたいと思っている女性の中には、夫から暴力や抑圧、束縛をされて苦痛を感じている人もとても多いです。精神的、肉体的、経済的な暴力は、DVとして大きな問題となっています。長い間暴力を受けたり、抑圧されたりした生活していると、「自分はこの人に逆らうことは出来ない」と思い込んでしまいますが、離婚をすれば、そういった暴力や抑圧、束縛から解放されます。

 

新しい生活が待っている

離婚をすることによって、新しい生活が待っています。仕事に打ち込んだり、趣味を見つけたり、新しい出会いがあったり、これまでなかった自由を手にすることが出来ますし、新しい生活をスタートさせられますよ。

 

自由にお金を遣える

離婚をすることで、これまで自由に遣えなかったお金を、好きに遣えるようになります。結構旦那の趣味にお金を遣っているという家庭も多いので、離婚をすると自分で稼いだお金を自由に使えるようになりますよ。

 

離婚のデメリット

 

一人での子育てが始まる

子どもがいる場合は、離婚をすることで一人での子育てが始まります。もともと結婚をしている時にもパートナーの協力を得られなかったという人は問題ないかもしれませんが、子どもから「パパ(ママ)に会いたい」と泣かれると、親の離婚のせいで子どもたちを悲しませているという気持ちにもなってしまいますよね。父親(母親)の役割も自分が担わなければならないと思うと、結構な重圧です。

 

金銭的な悩みが増える

離婚をすることで、夫(妻)の収入分がなくなるわけですから、金銭的な悩みも増えます。子どもを預けて働くための保育園や、習い事など、夫婦の収入があれば問題なく生活出来ていたことが、金銭的に余裕がなくなるケースが出てきます。

 

子どもと頻繁に会えなくなる

離婚をして相手が親権を持つ場合、子どもと頻繁に会えなくなってしまいます。もともと子どもと関りが少なかったのであれば問題ないかもしれませんが、子どもとの関係が良好な場合は離婚で会えなくなってしまうと辛いですね。

 

会社や近所の人からの目が気になる

離婚をすることで、会社や近所の人からの目が気になります。近所の人から「離婚したらしい」とか、会社の人から腫物を触るような対応をされたり、噂話をされたりすると悲しくなってしまいますね。

 

まとめ

離婚は子どもがいる場合といない場合で、メリット・デメリットの比率も変わってくるのではないでしょうか。子どもがいる場合は、子どものことを考えると金銭的な面や精神的な面でもなかなか踏み切れなくなってしまいます。離婚のメリット・デメリットをよく考えた上で、どうするのがいいのか決断しましょう。