協議離婚をするなら公正証書を作るのがおすすめ

協議離婚をするなら公正証書を作るのがおすすめ

離婚をする際、相手が同意していて、すぐにでも別れたいのでそのまま口約束で離婚をしてしまうと、後々トラブルになってしまうことが考えられます。そこで重要なのが、公正証書です。この記事では、離婚で公正証書を作るメリットについてお話します。良かったら参考にしてみてくださいね!

 

協議離婚をするなら公正証書を作るのがおすすめ

夫婦二人で話し合っての離婚(協議離婚)をする場合、公正証書を作るのがおすすめです。というのも離婚をする前に口約束で子どものことや慰謝料、家について話をしていても、時間が経つにつれて、事前に取り決めたはずの内容が履行されず、「言った」「言ってない」の話に発展してトラブルになってしまうことが考えられるためです。

 

養育費や慰謝料の不払いなどがあった場合、子どもにも不自由をさせることにもなりますよね。離婚した後も、子どもや自分が安心して生活していくためにも、「公正証書」を作って、離婚後の取り決めを明確に示しておくことがおすすめです。

 

公正証書は、離婚をするにあっての条件を明確に記しますが、万が一養育費などの支払いが滞った場合、公正証書がない場合は裁判所に申し立てて勝訴にならなければ強制的に支払いを求めることが出来ません。また、裁判には多くのお金がかかります。

 

ですが、公正証書があれば万が一養育費の滞りがあった場合、すぐに強制執行の手続きを取ることが可能となるんです。ですから、事前にしっかり公正証書を作って、離婚をするのがおすすめです。

 

公正証書のポイントは?
夫婦でよく話し合う

公正証書は一方的に作ることが出来るわけではありません。事前によく夫婦で話し合って、離婚の条件を取り決め、公正役場に行って構成人に証書を作成してもらいます。あとは、2人で後日公正役場を訪れて、内容を確認して捺印したら出来上がりという工程ですので、事前の話し合いがしっかり出来ていなければ、一方的に作成していざ2人で確認して捺印となった時、片方が納得いかなければ成立しません。

 

ですから、結局のところ夫婦でよく話し合って条件を取り決めるという過程が、一番重要となってきますよ。顔も見たくないし、早く離婚をしたいからと話し合いもそこそこに自分の言い分だけを押し付けても成立しませんし、後々後悔するような内容になってしまうことがありますので、この手間は惜しまないようにしましょうね。

 

条件の内容

夫婦でどんなことを話し合えばいいのか分からないという方もいらっしゃるかもしれませんが、離婚した後明確にしておきたいことを、1つずつ丁寧に挙げていきます。

  • 子どもの親権者や監護者
  • 子どもの養育費(金額・期間)
  • 子どもとの面会日
  • 慰謝料
  • 家のローン、売却をどうするのか
  • 未払いの婚姻費

 

上記は一例ですが、条件の内容は変わってきますので、事前にどんなことを話し合うべきか考えておきましょう。その場合は、ネットや書籍、弁護士に相談をするのも一案です。

 

まとめ

協議離婚において公正証書は非常に重要な役割を担います。面倒だと思わず、しっかり夫婦で話し合って取り決めをすることがおすすめです。