教えて!離婚したら金銭的に生活できない?

教えて!離婚したら金銭的に生活できない?

この記事では、離婚したら金銭的に生活できないのかについて、お話します。離婚を考えているけれど、離婚後の生活を考えるとなかなか一歩踏み出せないという方は、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

離婚したら金銭的に生活できない?

離婚したら生活できないわけではありません。私の友人の中にも離婚を選択した人が多くいますが、生活できていますよ。もちろん、これまで専業主婦で全く仕事をしてこなかったという場合は、旦那と離婚した後の生活はとても不安な気持ちになるのではないでしょうか。私も今はほとんど専業主婦状態なので、旦那と離婚をしたら生活できないと思ってしまいます。

 

でも、専業主婦だった友人も離婚を機に働き出しましたが、離婚をしてからの方が貯蓄が出来るようになったし、もっと早く離婚すればよかったとまで言っていますね。もともと旦那の金遣いが荒く、旦那にかかるお金が大半を占めていたというのが理由のようですが、離婚しても問題なく生活できています。ただ、それぞれ生活に対しての考え方は違うため、簡単に離婚しても生活できるとは言い切れません。

 

もともとの世帯収入が多かった場合

もともとの生活で、世帯収入が多く子供に習い事をいくつもさせたり、好きなものを買い与えたり、特に倹約をしなくても不自由なく暮らすことができていたという場合は、離婚をすることによって、世帯収入が減ってしまいます。ですから、生活水準を少し落とす必要があるということは覚悟しなければなりません。ですが、倹約したりしながらであれば、離婚しても生活できないというわけではありません。

 

離婚後の生活をシュミレーションする

離婚後、生活ができないかもしれないと悩むのは当たり前のことです。ですから、事前に離婚後の生活をしっかりシュミレーションしてみましょう。

 

収入となるお金

離婚後の収入となるお金についてまず挙げてみましょう。

 

  • 自分の収入
  • 児童扶養手当
  • 児童手当
  • 旦那からの養育費
  • その他の手当

 

受けられるサービスを確認

行政からの一人親世帯への支援がありますので、自治体でどんなサービスが受けられるのか事前にチェックをしておきましょう。また、助けてくれる人が近くにいると、保育園を休まなければならない時等助かりますね。

 

支出がどれくらいになるか

離婚後の収入に合わせて支出を考えることで、家賃がどのくらいのところに住めばいいのかや、離婚後の生活にどのくらいのお金がかかるのかということが見えてきます。

 

まとめ

離婚後生活できるかどうかは、よく見極める必要があります。人それぞれ生活への考え方は違うため、一概に離婚後も生活できるとは簡単には言えません。一つひとつ丁寧に、収入と支出、受けられるサービスなどを考慮してよく考えてみてくださいね。